「 新日本プロレス 」一覧

正規軍離脱!棚橋弘至の復活は新日本プロレス本体からの離脱がマスト

正規軍離脱!棚橋弘至の復活は新日本プロレス本体からの離脱がマスト

東京ドーム大会で、内藤哲也に破れ、新日本プロレスのエースの座から大きく交代した棚橋弘至。彼がもう一度、新日本のプロレスのエースに復活し、IWGPのタイトル戦線に返ってくることはないのでしょうか?私は棚橋弘至が復活するために、正規軍離脱をおすすめします。

記事を読む

内藤哲也とロス・インゴベルナブレス【新日本プロレス】評価されてる?

内藤哲也とロス・インゴベルナブレス【新日本プロレス】評価されてる?

新日本プロレス1.4東京ドームで、ユニットメンバー全員がベルトを手にした、内藤哲也選手率いる、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。間違いなく新日本プロレス人気のを復興させた立役者なのは間違いありません。でも彼らって、実は評価されないのではないでしょうか?

記事を読む

鈴木軍と新日本プロレスの話をしよう!新しい時限爆弾は仕掛けられた?

鈴木軍と新日本プロレスの話をしよう!新しい時限爆弾は仕掛けられた?

新日本プロレス後楽園ホール大会に、鈴木軍が現れました。プロレスリング・ノアを侵略していた鈴木軍が新日本プロレスのリングに立つのは、約2年ぶり。ボスの鈴木みのる選手は、リング上から「おめえらの宝、俺たちにすべてよこせ。」と言い放ち、新日本プロレスの全てに宣戦布告を行いました。

記事を読む

ロス・インゴベルナブレス内藤哲也が大阪を制圧した結果、今後の新日本は…

ロス・インゴベルナブレス内藤哲也が大阪を制圧した結果、今後の新日本は…

新日本プロレス大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会が終了しました。結果的に、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが全ての試合に勝利し、大阪大会で完全勝利を達成!新日本プロレス年間最大のビッグマッチ東京ドームへと歩を進めることとなりました。

記事を読む

石川五右衛門【海老蔵主演】で榊基次を演じるプロレスラー棚橋弘至とは?

石川五右衛門【海老蔵主演】で榊基次を演じるプロレスラー棚橋弘至とは?

テレビ東京「石川五右衛門」榊基次役を演じる新日本プロレス棚橋弘至を、プロレスファンで知らないという方はいないでしょう。しかし、プロレスに興味がないという人には、知らないという方もたくさんいらしゃるのではないでしょうか。そこで今回は棚橋弘至についてご紹介いたします。

記事を読む

東京ドームの座席・席順・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

東京ドームの座席・席順・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

日本で最大規模のプロレス会場といえば、東京ドーム大会です。何はともあれ新日本プロレスの東京ドームだけは観戦するという熱狂的なプロレスファンも少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、東京ドームで行なわれるプロレスの座種、座席について解説いたします。

記事を読む

ノアW-1全日本新日本!メジャー系プロレス団体のメインイベントを比較

ノアW-1全日本新日本!メジャー系プロレス団体のメインイベントを比較

2016年10月の三連休は、日本のメジャー系プロレス4団体が東京で興行を集中させました。そこで今回は、四団体全てを見に行った私が感想をご紹介します。ただし、ただ感想を述べるだけではおもしろくありません。感想を述べた上で、4団体のメインイベントを比較してお届けしたいと思います。

記事を読む

内藤哲也がIWGPインター王座に!トランキーロ旋風を巻き起こした

内藤哲也がIWGPインター王座に!トランキーロ旋風を巻き起こした

週刊!プロレスの感想書くブログの推しメン、新日本プロレス内藤哲也選手の足取りに密着するレポートです。今回は2016年両国国技館大会から神戸ワールド記念ホール大会までです。この間、IWGPヘビー級王座戴冠から陥落。そしてIWGPインターコンチネンタル奪取とめまぐるしく動きました。

記事を読む

多すぎる新日本G1クライマックスの出場選手数を増やした結果

多すぎる新日本G1クライマックスの出場選手数を増やした結果

もしも、新日本プロレスで開催されるG1クライマックスの出場選手の数が40名になったらどうなるのでしょうか?今回は40人になった場合の出場選手を考えてみたいと思います。もちろん新日本プロレス以外の選手も大勢参加可能!それでは見てみましょう。

記事を読む

矢野通が優勝する3つの理由【新日本プロレスG1クライマックス】

矢野通が優勝する3つの理由【新日本プロレスG1クライマックス】

今年もやってきました、新日本プロレスG1クライマックス!果たして誰がG1クライマックスで優勝するのでしょうか?な~んて質問は愚問です。今年のG1クライマックスで優勝するのは矢野通選手と決まっているからです。これは予想ではありません、断言です。

記事を読む

スポンサーリンク