最初に見てほしい10の記事
スポンサーリンク

PAC(ネヴィル)、AEWと契約するってよ/ドラゴンゲート

PAC(ネヴィル)、AEWと契約するってよ/ドラゴンゲート

2018.12.18後楽園ホール大会

PAC、AEWと契約するってよ

こう聞いたのは数日前のこと。誰と誰が新団体「AEW」と契約するとかしないなんかのネタを探して、ネットの海をさまよっていた。とまぁ、そこまで深いところをさまよう必要もなく得られる情報なんだけど、ドラゴンゲートに参入中のPAC選手が、新団体「AEW」と契約したらしい。

スポンサーリンク

オープン・ザ・ドリームゲート王者

PAC(オープン・ザ・ドリームゲート王者)

2018.12.04後楽園ホール大会

いや、PAC選手ってドラゲーのベルト持っている人でしょ。それも団体最高峰の「オープン・ザ・ドリームゲート」じゃん。このベルトって、新日本でいうとIWGPヘビー級だし、全日本でいうと三冠ヘビー級のようなもの。つまり何個かあるベルトの中で、最も価値があるやつ。そのベルトを持っているPAC選手がAEWと契約したというから驚いた。

この辺、新日本プロレスは用意周到だった。AEWに移籍すると見られる選手はすべて丸腰にした。それまでIWGPヘビー級やインターコンチネンタルにUS王座など、彼らはいろんなベルトを持っていたのに東京ドームで丸腰になった。タイトルに挑戦した選手もいたけど、当然のように取れなかった。

選手層でいうと痛手だが、タイトル的に痛手は受けずにすんだ。ベルトが他団体に流出するのは避けた。ただ、何人かの選手がいなくなっただけだ。しばらく帰ってくることはないようだが、選手層の厚い新日本プロレスのこと。問題ないだろう。

では、「ドラゴンゲートも、PAC選手にタイトルマッチを組ませて早めに……」なんて思いながらドラゲーのスケジュール表を見たけど、しばらくタイトルマッチの予定はないらしい。明日の後楽園ホール大会でも全7試合中4試合目の10人タッグマッチだ。ドラゲーの後楽園ホール大会は「何かが起こる」と言われているが、さすがに事件を起こしようがない。メインはモッチーの25周年記念スペシャルマッチだし。

とうことは、ドラゲーは新団体AEWと友好関係に築いているのかもしれない。PAC選手はドラゲーの至宝・オープン・ザ・ドリームゲート王座のベルトを持ったまま、AEWに参戦。スケジュールを合わせて両方で試合をするのだろう。なんだか、イギリスでウィル・オスプレイ選手と試合をするみたいだし。見たいぞー!!!!!

AEWは元ドラゲーのCIMA選手率いるOEW(団体名)とも契約したと聞く。CIMA選手はドラゲーを離れ、日本ではW-1などで戦っている。ドラゲーのモッチー25周年記念試合で戦うのはW-1の近藤修司選手だ。W-1も含めてAEWとは友好関係を築いているのかもしれない。

AEWがプロレス団体であると同時に、プロモート会社でもあると聞く。契約した選手を世界中の団体に派遣することもあるらしい。PAC選手は、そういう流れでドラゲーに出るのだろう。もしかするとW-1に出ることもあるのだろうか。

驚愕の「ブラック・アロー」(コークスクリュー式シューティングスター・プレス)

PAC、驚愕の空中殺法ブラックアローPAC、驚愕の空中殺法ブラックアロー

PAC、驚愕の空中殺法ブラックアロー

PAC、驚愕の空中殺法ブラックアロー

PAC、驚愕の空中殺法ブラックアロー

スポンサーリンク

何かが起こる後楽園ホール大会

あれ!?

じゃ、AEWと契約した他の選手も、ドラゲーやW-1で見ることができるのかな。土井吉vsヤングバックスとか、黒潮”イケメン”二郎vsCODYとかね。スト市さんの相手にとんでもない大物外国人選手が名乗りを上げてくるかもね。夢のカードが実現しまくるかもしれない。

ギャラが上がったり、日程が合わなかったり、団体側は大変かもだけどね。

とりあえず、明日のドラゴンゲート後楽園ホールに注目です。

タイトルとURLをコピーしました