最初に見てほしい10の記事

人前で話すのが苦手な人へ!オカダ・カズチカに学ぶ、上手に話す方法


人前で話すのが苦手な人へ!オカダ・カズチカに学ぶ、上手に話す方法

人前で話すのが苦手な人って、多いですよね。

でも大丈夫。プロレスラーのマイクアピールを見習えば、すぐに上手に話せるようになるからです。

見てみましょう。

スポンサーリンク

原稿に書かず、箇条書きにまとめる

人前で話すとき、ほとんどの人は事前に原稿書いて、それを読もうとしますが、良い方法ではありません。

なぜなら、読むことに集中してしまい、周囲が目に入らなくなるからです。

また、堅苦しく、感情の入る余地もなくなってしまいます。

しかし、原稿を読むなと言われても、いきなりスラスラと話せる人なんていません。

そこで、ちょっとした事前の準備をしておきましょう。

まずは、話すべき内容を、いくつか箇条書きにして書き出します。

できれば、3つにまとめておくと良いでしょう。

3」という数字は、魔法の数字と言われています。

どんなことでも、3つに分けて話すと、目の前の人が納得して聞くようになるからです。

スポンサーリンク

オカダ・カズチカに学ぶ、マイクアピール

これを、プロレスのマイクアピールに応用したのが、新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手です。

オカダ・カズチカ選手は、試合後にマイクを持つと、必ず「3つ言わせてください」と宣言してから話します。

会場によって話す内容は変わりますが、だいたいは次のようにまとめられています。

1.相手のこと

最初に話すのは、相手のことです。

主に、その日に対戦した相手のことを話題します。

例「ケニー、俺が認めてやる。お前は、新日本の歴史上、一番強い外国人選手だよ!」「鈴木さん、あなた強いよ。俺は鈴木さん、いままで嫌いでしたけども、今日で…とても嫌いになりました」

2.自分のこと

に話すのは、自分のことです。

直接的だったり、逆説的だったりしますが、話題を自分に持ってきます。

例「俺が新日本、盛り上げてやるからな。俺から、目を逸らすなよ」「次は『NEW JAPAN CUP』、優勝して、この(IWGPヘビー)ベルトに、挑戦する自信があるなら、勝つ自信があるなら、俺に挑戦して来い」

3.特にありません

そして、最後に話すのはもちろん…、

特にありません

ですね。

非常に分かりやすくまとめられていることが分かります。

スポンサーリンク

もっとも大切なことは?

さて、3つに分けたときに、もっとも伝えたいことは、どこに持っていくのが望ましいでしょうか?

それは、もちろん一番最後です。

なぜなら、人間は一番最後に聞いたことが、もっとも記憶に残るからです。

そうなると、オカダ・カズチカ選手のマイクアピールでは…、

言いたいことは、特にないようです。