最初に見てほしい10の記事


新パレハは最初からいる!?ケイオスの悪夢、ロスインゴの策略

新パレハ!インパクトのある登場を考える!!!!!

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに新メンバーが入る。

このニュースが発表されてから、各種ブログ・SNS上は新メンバー、つまり新パレハが誰なのかという話題で埋め尽くされた。

鷹木信悟選手、YOSHI-HASHI選手、飯伏幸太選手、日馬富士関などなど。正体探しに余念がない。

でもちょっと待ってほしい。

重要なのは、「誰が」ではなく「どのように」ではないだろうか?

正体が誰であろうと、登場の仕方でインパクトが大きく変わるからだ。

そこで今日は、新パレハがどのように登場するかを考える。

スポンサーリンク

新パレハはどのように登場する?

登場パターンを5つ考えた。

普通に出てくる

煽っておいて恐縮だが、普通に出てくることもある。

BUSHI選手が出て、SANADA選手に続いて内藤選手。最後に新パレハの入場。

選手の入場は、観客の視線をもっとも集める瞬間だ。

入場と同時に客席がわきかえる。

いきなり、ロスインゴワールドに染まるだろう。

遅れて出てくる

「トランキーロだぜ、あっせんなよ!」

とばかりに、新パレハだけ遅れて出てくるかもしれない。

まずは、3人だけで入場。リングにも3人で上がる。

「あれ?新パレハ、いないじゃん。。。」

と思わせてからのトランキーロ入場。ロスインゴらしい演出だ。

古今東西、ヒーローは遅れてくるもの。

多大なインパクトを与えるだろう。

マスクをかぶってくる

もっともあり得るのがこのパターン。

マスクをかぶって登場し、ここぞのタイミングで正体を明かす。

EVIL選手のときも、BUSHI選手、SANADA選手のときもそうだった。

新パレハはそこにいるのに、マスクが邪魔で正体が分からない。

体格、たたずまいから想像する。そして終盤に正体が明らかになる。

現メンバーという成功例があるだけに、十分あり得るだろう。

マスクを脱がない

内藤選手の予告を、もう一度読んでほしい。

つ・ま・り、新たなロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとして、高橋ヒロムの帰りを待ちたいと思います。その始まりは、10月8日両国国技館!新たなるパレハ(友人)を皆さまに紹介しますよ。楽しみに待っててください。アディオス!

新たなるパレハを紹介するとは言っているが、正体を明かすとは言っていない。

マスクをかぶって登場し、マスクを脱がずに帰るかもしれない。

ファンからすると、肩透かしもいいとこだが、謎解きの楽しみは残る。

めちゃくちゃトランキーロではないか!

その後も新パレハはシリーズに同行。

正体が誰なのかはもちろん、いつ正体を現すのか?

「誰」に加えて、「いつ」「どこで」の謎が加わる。

おもいっきり、手の平で転がされるだろう。

最初からいる

ん?

どういうことだろう?

これも遅れてくるパターンの一つ。

ロスインゴは3人で登場し、3人で戦う。試合中盤になっても新パレハは姿を現さない。終盤になっても出てこない。

ざわつく客席。

なぜ出てこない?

いや、違う。

出てこないのではない。

既にいるのだ!

そう、新パレハは対戦相手であるケイオスの一人。

その選手はケイオスを裏切り、ロスインゴを勝利へと導く。

「俺が新パレハだ!」

高らかに叫ぶ。

ロスインゴには最高、ケイオスにとっては最悪の事態だ。

その人物は誰なのか?

両国国技館が混沌とするだろう。

スポンサーリンク

新パレハの登場、まとめ

プロレスに限らず、新メンバーが加入するときに大切なのは、インパクト。

正体は誰であれ、実際に入っちゃうと見慣れてくるからね。

どのような仕掛けが用意されているのか?

要・注・目

タイトルとURLをコピーしました