最初に見てほしい10の記事

G1クライマックスの会場キャパ数をグラフにまとめた

新日本プロレス「G1クライマックス2018」が発表されました(だいぶ前からだけど)。

今年も、昨年と同じく全会場のキャパ(収容人数)をグラフにまとめました。

G1クライマックスの会場キャパ数をグラフにまとめた

キャパ数は概算です。誤差はご容赦ください。
スポンサーリンク

最も広い会場

キャパ数がもっとも多い会場は、日本武道館でした。

それぞれブロックごとの最終戦、決勝戦が行われます。14,000人のキャパ数ですが、すでにチケットは品薄です。

直前までに、すべて売り切れるでしょう。

行く予定があるのなら、早めに買っておいたほうが無難です。

スポンサーリンク

最も狭い会場

キャパ数がもっとも少ない会場は、後楽園ホールでした。

いつも思うんですけど、都心で5,000人クラスの会場って使えないんですかね。

普段のシリーズならまだしも、G1クライマックスのように集客が見込める試合で、後楽園ホールはもったいない気がするんですよね。

  • 山手線の中
  • 四方に段差あり
  • キャパ5000人くらい

こういう会場ってないですかね。

もしないのなら、新日本プロレスに作ってもらいたいです。

スポンサーリンク

気になる会場

もっとも気になる会場は、エスフォルタアリーナ八王子です。

いちおう東京都ですが、かなり西に方にあるみたいです(高尾の近く)。

新日本プロレスは、23区内のこの規模だと、すぐに満員になりますが、この立地だとどうでしょう?

後楽園ホールのチケットが取れなかったなんて人は狙い目かもしれません。

新宿から1時間くらいで行けるみたいです。

新日本プロレス【G1クライマックス】行ってはいけない28の理由
プロレス最大のイベントと言えばG1クライマックスです。しかし、生半可な気持ちで見てしまうと、大変なことになります。今日はG1クライマックスが持つ恐ろしさの一部を紹介します。
スポンサーリンク

チケットの購入は早めに

G1クライマックスは、新日本プロレスのドル箱興行。すでに、チケットが売り切れている会場もあるようです。

ワールドで観戦するから……なんて思っていても、直前になったら観たくなるものです。

あとで公開しないためにも、早めの購入をおすすめします。

新日本プロレスのチケットを買う