最初に見てほしい10の記事

【最高!】全日本プロレスの宮原健斗が人気の理由

スポンサーリンク

全日本プロレスの宮原健斗が人気の理由

宮原健斗選手をご存知でしょうか?

存じていない、もしくは名前くらいしか聞いたことがないという方々。

ハッキリと言います。

今、全日本プロレスの宮原健斗選手の人気がすごい!

ほんとにすごい、会場全てが宮原健斗選手を支持してる。ほんとすごい。すごいを超越してゴイスー!

なぜ、そこまで人気なのか?今日はその理由を紹介します。

スポンサーリンク

全日本プロレス宮原健斗という男

最初は、宮原健斗選手のプロフィールを紹介します。

  • 名前:宮原健斗
  • 通称:満場一致で最高の男
  • 身長:186cm
  • 体重:102kg
  • 誕生日:1989年2月27日(29歳)
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 所属:全日本プロレス
  • デビュー:2008年2月11日

プロフィールで気になるのは、身長と年齢です。

見ての通り186センチと、かなりの長身。それでいて均整のとれた今風の体をしています。

29歳という若さも素晴らしい。新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手より2歳若い、SANADA選手よりも1歳若いのです。

この若さで、三冠ヘビー級王座をはじめ、全日本プロレスの主要タイトルをほぼ獲っています。しかも、ただ獲っただけではありません。獲った上でしっかり防衛も重ねています。

満場一致で男という名前にふさわしい実績を、全日本プロレスで残しているのです。

これだけでも人気の理由が説明できます。でも、宮原健斗選手の人気はそんなものではありません。

次からは、なぜそんなに人気があるのかを、もっと説明します。

1.イケメン

宮原健斗選手はかなりのイケメンです。イケメンに説明は不要ですね。Twitterから写真を抜粋しますので、存分に濡れてください。

濡れましたか?

2.自撮りの数が多い

イケメンなのは分かったけど、写真多すぎないと思ったアナタ。

そうです。

宮原健斗選手はツイッターに、ちょっと尋常でない数の自撮り写真をアップするのです。

上記に10枚ほどアップしましたが、アップまでかかった期間は3日です。

わずか3日でこれだけの自撮りをアップしているのです。

自撮り | 宮原健斗オフィシャルブログ「IT'S MY LIFE」Powered by Ameba

自分でも「自撮り王子」って言っちゃってますね。

アップする理由は「自撮りをきっかけに会場に足を運んでくれるかもしれんから」なんてことを言っていたと思います。

宮原選手はかなり、自撮りの数が多いです。

3.入場が長い

宮原健斗選手の入場は長いです。

ちょっと説明すると、次のとおりです

  1. 心臓の鼓動のような音がする
  2. イントロが流れる。
  3. イントロが入場曲に変化する
  4. 「ケントコール」が発生する
  5. 花道に姿を現す
  6. 「ケントコール」を欲しがる
  7. 歩き出す
  8. リングを一周する
  9. カメラにアピールする
  10. エプロンでファンを煽る
  11. リングに入る
  12. コーナーに上る
  13. 「ケントコール」を要求する
  14. さらに「ケントコール」を要求する
  15. もっと「ケントコール」を要求する
  16. 聞こえないふりをする
  17. 口にて当てる
  18. チュッ
  19. ようやく入場終了
全日本プロレス宮原健斗

▲5.花道に姿を現す

全日本プロレス宮原健斗の入場

▲6.「ケントコール」を欲しがる

全日本プロレス宮原健斗の入場

▲9.カメラにアピールする

全日本プロレス宮原健斗入場

▲12.コーナーに上る

全日本プロレス宮原健斗入場

▲13.「ケントコール」を要求する

全日本プロレス宮原健斗入場

▲14.さらに「ケントコール」を要求する

全日本プロレス宮原健斗入場

▲15.もっと「ケントコール」を要求する

全日本プロレス宮原健斗入場

▲16.聞こえないふりをする

全日本プロレス宮原健斗入場

▲17.口に手を当てる

全日本プロレス宮原健斗入場

▲18.チュッ

とまぁ、だいたいコレくらいのルーチンをこなします。

狭い後楽園ホールでも、だいたい5分くらいかかっていると思います。とにかく長いです。

4.華やか

宮原健斗選手は、華やかです。

実際に、僕が会場で撮った写真をアップします。

全日本プロレス宮原健斗華やか

全日本プロレス宮原健斗華やか

全日本プロレス宮原健斗ベルトをアピール

伝わったでしょうか?

伝わらなくても察してください。

宮原選手はかなり華やかです。

幸か不幸か、全日本プロレスって無骨な選手が多いです。それがさらに、宮原選手の華やかさを後押ししています。

5.フィニッシュホールドがある

宮原健斗選手は、フィニッシュホールドを持っています。

それも2つ持っています。

一つはブラックアウト、いわゆる走り込んでのヒザ蹴りです。

全日本プロレス宮原健斗のブラックアウト

ブラックアウト

もう一つはシャットダウン・スープレックス、いわゆる二段式のダルマ式ジャーマンです。

全日本プロレス宮原健斗シャットダウン・スープレックス

▲右手を取る

全日本プロレス宮原健斗シャットダウン・スープレックス

▲左手も取る

全日本プロレス宮原健斗シャットダウン・スープレックス

▲両手をロックして

全日本プロレス宮原健斗シャットダウン・スープレックス

▲後ろに

全日本プロレス宮原健斗シャットダウン・スープレックス

▲投げる

動画は、どこかでアップされているかもなので、探してみてください。

なければ、実際に会場で見て驚いてください。どちらも説得力ありますよ。

6.試合後のパフォーマンスが長い

試合が終わると、ケントタイムが待っています。

ちょっと説明すると次のとおりです

  1. マイクで何やら喋る
  2. 「ありがとうございました」
  3. 帰る
全日本プロレス宮原健斗マイクアピール

▲マイクアピール

あれ?それほど長くないですね。

7.パフォーマンス後のパフォーマンスが長い。

いやいや、本当に長いのはこれからです。

あっさり帰ろうとする宮原健斗選手を呼び止めたが最後、永遠ともいえるパフォーマンスが始まるのです。

ちょっと説明すると次のとおりです。

  1. 「ケントコール」が発生する
  2. リングに戻ってこようとする
  3. でもやっぱり帰る
  4. さらに「ケントコール」が発生
  5. リングに戻ってくる
  6. 「皆さんの声が聞きたい!全日本プロレス最高ですか?」と聞く
  7. ファンが「最高ー!」と叫ぶ
  8. 「聞こえないなー……」と倒れる
  9. 「皆さんの声が聞きたい!全日本プロレス最高ですか?」と聞く
  10. ファンが「最高ー!」と叫ぶ
  11. 「ありがとう、○○○(会場の名前)ー。」
  12. 全日本コールが発生する
  13. 帰ろうとする
  14. ケントコールが発生する
  15. リングに戻ってくる
  16. 「皆さんの声が聞きたい!このリングで、最高なのは、だれですかー?」と聞く
  17. いろんな名前があがる。
  18. さらに「だれですかー?」と聞く
  19. いろんな名前があがる。
  20. 「満場一致で、宮原健斗です」でしめる
  21. 「ケントコール」が発生する
  22. 北側に向かって、「ケントコール」を要求する
  23. 聞こえないポーズをする
  24. さらに「ケントコール」を要求する
  25. マッスルポーズを取る
  26. 東側に向かって、「ケントコール」を要求する
  27. 聞こえないポーズをする
  28. さらに「ケントコール」を要求する
  29. マッスルポーズを取る
  30. 西側に向かって、「ケントコール」を要求する
  31. 聞こえないポーズをする
  32. さらに「ケントコール」を要求する
  33. マッスルポーズを取る
  34. 南側に向かって、「ケントコール」を要求する
  35. 聞こえないポーズをする
  36. さらに「ケントコール」を要求する
  37. マッスルポーズを取る
  38. この一番の「ケントコール」が発生する
  39. 「○○○(会場名)サイコー…」
  40. 倒れ込む
  41. さらに「ケントコール」が発生する
  42. リングを下りる
  43. リングを一周する
  44. 「ケントコール」を要求する
  45. ご満悦になる
  46. ファンとハイタッチをかわす
  47. ファンと握手を交わす
  48. 写真を撮ろうとするファンを見つける
  49. 一緒に写ってあげる
  50. 一礼して、控室に戻る
全日本プロレス宮原健斗最高ですか

▲最高ですかー?

全日本プロレス宮原健斗▲ベルトをアピール

▲ベルトをアピール

全日本プロレス宮原健斗▲決めポーズ

▲決めポーズ

とまぁ、だいたいコレが宮原健斗選手の通常ルーチンです。

3~4、8~10、14~15、19~20、23~36、43~48あたりは、下手すると無限ループになったりもします。

スポンサーリンク

宮原健斗まとめ

今日は、全日本プロレスの宮原健斗選手が人気の理由を消化しました。

ご理解いただけましたでしょうか。

文章にしてみると、めちゃくちゃ長くなってしまいましたが、実際に会場で見ると、この3倍くらいは長いです。

でも、全く長いなんて感じません。

めちゃくちゃ楽しいです。

ぜひぜひ、全日本プロレスの会場で、生の宮原健斗選手を見てください。