最初に見てほしい10の記事
スポンサーリンク

【引き抜き?】ジュリアがアイスリボン退団直後にスターダムへ入団!

この記事は約9分で読めます。

【引き抜き?】ジュリアがアイスリボン退団直後にスターダムへ入団!

「アイスリボン」のジュリアが、「スターダム」の後楽園ホール大会に現れた。

ジュリアは、「この輝くスターダムのリングでジュリアの熱い試合をお見せしたいです」と挨拶。これまで所属していたアイスリボンを退団し、スターダムへの入団を発表したのである。

アイスリボン退団のジュリアがまさかのスターダム登場 電撃参戦に観客騒然 – 東京スポーツ新聞社
 アイスリボンを退団したジュリア(25)が14日、スターダムの東京・後楽園ホール大会に現れ、電撃入団を表明した。  まさかの事態が起きたのは、ワールド王者ビー・プレストリー(23)が木村花(22)を下...

しかし、物事は簡単に動いてはいない様子。なぜなら、退団から入団までの期間が、あまりにも短いからだ。

アイスリボンの退団を報じたのは、10月14日の午前8時52分、スターダム入団を発表したのは、その日の昼の後楽園ホール大会だ。

つまり、アイスリボン退団から、わずか数時間後にライバル団体スターダムへの入団を発表したのである。

スポンサーリンク

ジュリアとは

女子プロレスを見ない人の中には、ジュリアを知らない人も多いだろう。ここで簡単にジュリアのプロフィールを紹介する。

ジュリア

リングネーム:ジュリア
本名:松戸グロリア英美
身長:162cm
体重:55kg
誕生日:1994年2月21日(25歳)
出身地:ロンドン
デビュー:2017年10月29日
他:イタリアと日本のハーフ

Wikipediaから

デビューは女子プロレス団体のアイスリボンだ。

まだ、デビュー戦から2年に満たないながらも、恵まれた体格、そしてルックス、さらには、以前はキャバクラ店に勤務していた経験があり、話題性も十分だ。

早い時期から活躍し、アイスリボンの3大タイトル、インターナショナルリボンタッグ王座にもなった(パートナーはテキーラ沙弥)。

【アイスリボン】ジュリア 元キャバ嬢で元イタリア料理店店長の異色経歴 – 東京スポーツ新聞社
【リングを彩る魅惑の女子ファイター】元キャバ嬢であり、元イタリア料理店店長という異色の経歴を持つ女子プロレスラーが「アイスリボン」のジュリア(25)だ。2017年10月のデビューから、団体屈指の人気選...

デビュー直後には、地上波で密着取材だって受けたことがある。つまり、逸材中の逸材の選手なのである。

スポンサーリンク

ジュリアは円満移籍なのか?

時系列的には、退団発表が先で、入団発表が後になる。

ただし、あまりに早い退団・入団は、少しばかり問題が残されているようである。

問題のひとつは、アイスリボンを正式に退団していないことだ。

これについては、アイスリボンの運営を行う、ネオプラス佐藤肇代表取締役のツイートを見てほしい。

佐藤代表によると、ジュリアから退団の申し入れがあったものの、正式な受理はしていないらしい。

申し入れがあったのは退団発表を行った前日のこと。デビュー前の若手ならまだしも、ジュリアほどの実績のあるレスラーが退団を申し入れたところで、はいそうですかと受理するわけにはいかないだろう。

いったんは、保留して詳細は後日に譲ったようである。

それにも関わらず、翌日にジュリアは、スターダム後楽園ホール大会に訪れ、リング上から入団発表を行ったのである。

これに対し、スターダムの小川社長は次のように述べている。

(アイスリボンとジュリアの間の)契約は『ない』と聞きました。うちは来るもの拒まず、去る者は追わずですから」

東京スポーツ

つまり、ジュリアは、アイスリボンとの間に問題はないと断言したそうだ。それを受けて、スターダムのロッシー小川社長はリングに上がることを許可したということになる。

しかし、アイスリボン側の佐藤代表は、退団を許可していないと主張する。このあたりは、デリケートな問題なので深くは触れない。

ただ、両団体の間にしこりを残したのは間違いないだろう。

スポンサーリンク

なぜ、このタイミングで発表した?

ジュリアの退団・入団は、何も今のタイミングでなくとも良いはずだ。少なくとも、正式な退団手続きを行ってからの入団ならば、大きな問題にはならなかっただろう。

ではなぜ、このタイミングで発表したのか?

ひとつは、ジュリアのタッグパートナーである、テキーラ沙弥の引退にある。

ジュリアはアイスリボンで正式タッグを組んでいる。いや、組んでいたというべきだろうか、いやいや、組んでいるで良いはずだ。

微妙な言い回しになったのは、日本に重大な被害をもたらした、大型台風19号に理由の一貫がある。

テキーラ沙弥とは?

まずは簡単にプロフィールを紹介。

リングネーム:テキーラ沙弥
身長:157cm
体重:50kg
誕生日:1984年1月19日(35歳)
出身地:北海道函館市
所属:アイスリボン
日本テキーラ協会公認レスラー

Wikipediaから

テキーラ沙弥は、デビューこそ遅かったものの、キュートなルックスと、テキーラのソムリエ最上級「グラン・マエストロ・デ・テキーラ」資格を持つという個性から、アイスリボンで活躍する(した)選手だ。

レスラーとなって3年の今年、ジュリアをパートナーに、インターナショナルリボンタッグ王座となった。

テキーラ沙弥の引退

残念ながらタッグのベルトを落とした後の9月23日、テキーラ沙弥は突然の引退を発表した。

理由は「最初から3年で引退として決めていた」からだ(正式には3年半続けた)。

引退試合は10月12日(土)後楽園ホール大会となった。しかし、その日は台風19号が関東地方を直撃。大会は中止となったため、引退は延期となった。

その後、正式な引退試合の日程は発表されていない。

スポンサーリンク

ジュリアの退団から入団発表までの敬意

一連の流れを、振り返ってみよう。

  • 9/23(日)ジュリアのパートナーであるテキーラ沙弥が引退(10/12)を発表する
  • 10/12(土)テキーラ沙弥の引退試合が台風により延期となる
  • 10/14(月)朝、ジュリアがツイッター上でアイスリボン退団を発表する
  • 10/14(月)午後、ジュリアがスターダムのリングに登場した

このようになる。

スポンサーリンク

退団は、受理されたいた?

では、「もしも…」になるが、もしも、テキーラ沙弥の引退試合が予定通り行われていたならどうであろう?

ジュリアの退団は、アイスリボンに受理されていた?

ここは、「もしも」の話なのでなんとも言えない。

ただ、引退試合として組まれていた、テキーラ沙弥&ジュリアvs松屋うの&トトロさつきのカードが宙に浮いたままである。これについても発表はいまのところ行われていない。

ただし、テキーラ沙弥からは、次のようなツイートが残された。

テキーラ沙弥のツイートは、何を意味するのかが気になる。

スポンサーリンク

スターダムの補強

2019年に入り、スターダムは他団体から多くの選手をリングに上げた。

  • 4月 W-1から木村花か移籍
  • 5月 センダイガールズからアンドラス宮城(カサンドラ宮城)が参戦
  • 7月 AEWから里歩(同月に我闘雲舞を退団したばかり)参戦
  • 10月 アイスリボンからジュリアが入団???

見ての通り、どの選手も、主力級の選手ばかりである。そして、木村花以外は、それまでスターダムとほぼ関わりのなかった選手なのだ。

このうち、アンドラス宮城は早くもメッセージを送っている。

ちなみに、8月には大型新人・林下詩美がデビューし、前年11月には星輝ありさが6年半ぶりに復帰した。星輝ありさは、ワンダー・オブ・スターダム王者として、この日の大会を締めた。

受け入れたスターダムのロッシー小川選手は、スターダムを「来るもの拒まず、去る者は追わず」としている。

事実、2017年には宝城カイリが、2018年には紫雷イオといった所属が退団し、WWEへ入団を果たしている。2017年には元シングル王者の美闘陽子が引退した。

スターダムにとって痛すぎる退団のはずだが、引き止めは一切行わなかったらしい。

スポンサーリンク

ジュリアの退団について

まとめよう。

現時点で分かっているのは、ジュリアがスターダムのリングで入団の挨拶を行ったことのみである。

正式な入団が許可されるか分からないし、それ以前に退団が受理されるかは分からない。ただし、仮に許可(受理)されなかったとして、「はい、そうでしたか」で終わる問題ではない。両団体に、何かしらの遺恨が残るからだ。

まだまだ、問題は残されている、続報が待ち遠しい。

スポンサーリンク

ただのファンである僕の立場から

最後になるが、このブログの筆者、つまりただのプロレスファンの一人である僕の意見を述べたい。これは完全に蛇足になるので、「お前の言うことなんて、知らねぇよ」って人は読み飛ばしてほしい。

何度かジュリアの試合は見たが、驚くのはその天性の才能と努力。身長が高く、手足が長い。小型化が著しい女子プロレスでこれは何よりの宝。さらに前職(キャバクラ)の経験がそうさせるのか、ジュリアは人に見られる能力に長けている。ファンが何を望んで、何をすべきなのかを肌で知っている。そして、それに答えるべく努力だって惜しんでいないように思う。

つまりは、プロレス界のトップに立てるレスラーだ。

そんなジュリアが、戦場を変えるのならば、それは見てみたい。今まで戦ったことのない選手と戦い、新しい名勝負を紡ぐ。それは見てみたい。なんだったら、また元いた団体に戻って戦う姿って見てみたい。ただのファンだから、騒動うんぬんは別にして、ただ見たいだけである。

週刊プロレス2027号には、ジュリアとテキーラ沙弥のインタビューが掲載された。

(現在のファンに加え)若い世代とか女性にもアイス(リボン)を広めたいんです。

週刊プロレス2017号バーニングサマーより

ジュリアは「アイスリボンを広めたい」と言った。ならば、僕は、この言葉の続きを信じるだけだ。

2019年も終わりに近づくこの日。女子プロレス界にとんでもない爆弾が落とされた。この爆弾は、女子プロレス界をどのように動かすのだろうか。

楽しみ!

である。

スターダム公式ツイッターでも、入団と刻まれた。

しかし、翌日のツイッターでは、謝罪に転じる。これは何を意味するのだろうか?

タイトルとURLをコピーしました