新日本プロレス【G1クライマックス】会場の収容人数を比較した

記事の拡散にご協力ください

新日本プロレス【G1クライマックス】会場の収容人数を比較した
スポンサーリンク

いよいよ開幕する、新日本プロレスのGクライマックス27!

今回は、会場ごとに収容人数(キャパシティ)を表にしてみました。

スポンサーリンク

G1クライマックス収容人数

新日本プロレス【G1クライマックス】会場の収容人数を比較した

※収容人数は、過去の観客数から算出(参照:新日本プロレス)

どこに行こうかと迷っている人は、ご参考ください(何の?)。

下記、収容人数一覧

  • 北海道・北海きたえーる =5,500人
  • 東京・後楽園ホール =1,800人
  • 東京・町田市立総合体育館 =4,600人
  • 福島・ビックパレットふくしま=2,500人
  • 宮城・仙台サンプラザホール =2,200人
  • 新潟・アオーレ長岡 =4,000人
  • 愛知・愛知県体育館 =5,500人
  • 岐阜・岐阜産業会館 =2,500人
  • 鹿児島・鹿児島アリーナ=3,500人
  • 福岡・福岡市民体育館 =2,500人
  • 愛媛・アイテムえひめ =1,200人
  • 大阪・大阪府立体育会館=5,300人
  • 静岡・アクトシティ浜松 =5,300人
  • 神奈川・横浜文化体育館 =4,000人
  • 東京・両国国技館 =10,000人

チケットの購入はお早めに!

新日本プロレスのチケットはココから購入できます
icon