最初に見てほしい10の記事
スポンサーリンク

プロレスファンがされて「嫌なこと嬉しいこと」

この記事は約3分で読めます。

プロレスファンがされて「嫌なこと嬉しいこと」

25年くらいプロレスを見ています。

新日本プロレスや全日本プロレス、女子プロレスや他の団体も見に行きます。

プロレスファンです。

「プロレスの魅力」というブログも書いています。たぶん、プロレスに接する時間は一般的なファンよりも多いと思います。

スポンサーリンク

嫌なこと、嬉しいこと

今日は、プロレスファンがされて嫌なこと、逆にされて嬉しいことといったことを書きます。

1 八百長の指摘。は面倒

ファンじゃない人と話してて一番言われるのが「プロレスって八百長だよね?」です。これに答えるのってめちゃくちゃ面倒なんです。

言い返すのも面倒だし、無視するのも面倒。

こういう質問をしてくるやつらには、僕らファンは「面白味のない人間」認定をしています。反論はしませんが、今後、積極的に話しかけることはないでしょう。

2 俺も昔見ていたよ。も面倒

これもよく言われます。猪木時代、長州藤波時代、三銃士時代など、時期はいろいろありますが、これらの言葉はすべて嘘だと分かっています。他に娯楽がなかったからなんとなく見てただけでしょう。

現役のプロレスファンは過去のプロレスの話題に興味がありません。ジャンルとしては同じプロレスですが、違うものとして認識しています。

3 グッズを指摘されるの。は嫌じゃない

最近のプロレスはいろんなグッズが出ています。昔ながらのTシャツはもちろん、キーホルダーやバッグに香水など。これらを日常的に身に付けている人も多いです。

これらを指摘されるのはちょっと嬉しいです。そもそも、日常的に身に付けるのは、誰かに見てほしいと気持ちがあります。知ってるグッズであれば積極的に声をかけてください。

4 一回見たいと思ってるんですよ。には無関心。

答えは、勝手に行けばいいじゃんです。数えきれないほど聞きました。で、実際に行った人はいません。じゃ、一緒に行きましょうと言ったら嫌がられます。どうすりゃええねんと。

5 最近、人気あるんですよねー。は微妙

答えは「そうみたいですね」の一択。プロレスを趣味としている人間はだいたいが世の流行に疎いもの。もちろん僕もそうです。人気はあるみたいだけど、それで観戦スタイルは変わらないです。

6 女の子が多いみたいてすね。も微妙

答えは「そうみたいですね」の一択。たしかに女子の数は増えました。でも、それによる恩恵って何もないんですよね。女子とプロレスで仲良くなった?そんな話は僕の周りでは聞いたことがありません。

7 私も最近見てるんですよ。は好き

実際に見に行った話は好きです。話題にするってことは悪い印象はなかったはず。見に行ってどうだったとこか、何がおもしろかったって話はめちゃくちゃ興味あります。

長くプロレスを見てると、初心的な気持ちでプロレスを見ることができなくなります。上から目線ではないですが、嬉しいです。

8 あめとーく、おもしろいですね。は好き

俺も好き。あめとーくからプロレスに興味を持った人は意外に多いです。

スポンサーリンク

結論

僕みたいなプロレスファンははっきり言って面倒です。もちろん全員がとは言いませんが、10人中9人くらいがこんな感じだと思う。

だから、丁寧に扱ってください。

タイトルとURLをコピーしました