最初に見てほしい10の記事
スポンサーリンク

【青森感想】ベスト・オブ・スーパージュニア(BOSJ)

この記事は約7分で読めます。

開幕の仙台大会で、会場に集まったお客さんのみならず、新日本プロレスワールドで見ている我々までの度肝を抜きまくった翌日。またしてもとんでもないものを見せてくれた。

結果がすぐに分かる!ベスト・オブ・スーパージュニア2019【新日本プロレス】の勝敗
新日本プロレス、ベスト・オブ・スーパージュニア(BOSJ)の全体戦カードを書きました。

仙台から青森に場所を移して熱戦が続く。

スポンサーリンク

BOSJ青森大会の感想

仙台と同じく青森県でも2DAYS。二日間に渡って公式戦が行われた。

ジョナサン・グレシャムvsTAKAみちのく

「会場をガラガラにしてやる」

そう意気込んでBOSJに臨んだTAKAみちのくの思いとは逆に、仙台だろうと青森だろうと連日のフルハウス。たぶん山形も超満員。意気込みは外れたが、これこそ嬉しい悲鳴。勢いままに、自身が関わるJUST TAP OUTの旗揚げ戦もフルハウスにしたいところ。

テクニックで魅せる2人の戦いは、小手先の技を必殺技にまで昇華させた化かし合い。前半はユーモラスな動きを交えるも、試合が進むに連れて高度なテクニック合戦へと移行。こうなってくると、JUST TAP OUTを標榜するTAKAみちのくは負けられない。

終盤、グレシャム選手は、得意とするオクトパスキャッチを魅せる。意外とあっさりTAKAみちのくがタップアウト。

TAKAがJUST TAP OUTした!

タイガーマスクvs金丸 義信

「私、足を怪我しています」

ネチネチ系ヒールレスラーに、自分の怪我をカミングアウトするのは自殺行為にも等しい。ましてや相手が金丸選手ならなおのこと。

公言通り、金丸選手はタイガーの足に狙いを定めて追い詰めていく。蹴りを主体とするタイガーは厳しい。マスクにも手をかけ、精神的にもゆさぶりをかけてくる。よく言えばテクニシャン、悪く言えば小悪党。

最後は一瞬のすきを突いたタイガーが金丸選手からフォール。これで金丸選手は二連敗。

そろそろ金丸が金星をあげそう。

鷹木 信悟vsティタン

鷹木信悟にとってジュニアは最も輝ける場所。圧倒的な体躯で他の選手を圧倒できる。それまでいた団体では中軽量クラスの選手がたくさんいた。ジュニア選手との戦い方を心得まくっている。

その中で、デビューからほぼ10年をトップ選手として生き抜いた経験は大きい。

ジュニア選手との戦い方を心得まくっているどうすれば自分が輝けるのか?そして相手の良さを引き出せるのか?常に考えてきたはずだ。だから、鷹木信悟の試合はおもしろい。

痛む腕からのパンピングボンバーからのラストオブドラゴンでフィニッシュ。

やっぱり、鷹木が優勝しそう。

石森 太二vsマーティー・スカル

シングル戦って何回かやってるんかな?

調べてないから分からんけど、なんだか手が合わなそう。石森さんとマーティーのカードを見てそう思った。

素早い攻めを主体とする石森さんに、スローペースで相手の出方を伺うマーティー。どちらかの持ち味に合わせると、どちらかの持ち味が死んじゃう。

まぁ、そんな心配はまったく必要がなく、名勝負になったんだけどね。

名勝負の後ろでチラチラ姿が見えるのが、マーティーのセコンドのブロディ・キング。

たぶん2メートルをこす巨漢に全身くまなく施された入れ墨が怖すぎる。この人が乱入してきたら、余裕で試合を台無しにできるんじゃなかろうか。

試合は石森さんの勝利。

セコンドのブロディ・キングが恐ろしい。

ドラゴン・リーvsSHO

「身体能力だけで見るとトップ中のトップ」って言葉は好きじゃない。なぜなら、じゃどうしてトップを取れないのって思うから。他の能力が低いの?って思っちゃう。

そんな身体能力で語られることの多い2人の選手が戦ったらどうなるか?いや、とんでもねぇ試合になっちゃったよ。

「こんな試合ばかりしていたら、10年持つ選手生命が2~3年で終わってしまうかもしれない」

とあるレジェンドレスラーが言ったセリフだが、これを地で行くのがSHOさん。

ネバーエンディングに続くエルボーや、矢のようなとんでもないトペも全て受け切るSHOさんのプロレススタイル。見ててめちゃくちゃ熱くなる。

2~3年どころかBOSJで終わってしまいそうな勢い。怪我しないよう最後まで駆け抜けてほしい。

さっき、サラッと書いたけど、ドラゴン・リーのトペはとんでもない。まるで受ける相手がランス・アーチャーだがヒクレオだかと間違えているような上方向へのトペ、SHOさんがジャンプして受けていなかったら完全に頭の上を通り越していた。

これ、そのうち観客席に飛び込むよ。とりあえず、リングサイド周辺のお客さんには、試合前に逃げる練習をさせておいたほうが良いと思う。

特リンのお客さんは、すばやく逃げよう

成田 蓮vsロビー・イーグルス

故郷に錦を飾るとはこのこと。

青森県青森市出身の成田蓮にとって、凱旋試合以外の何物でもない。

会場中を、お手製の「成田連」ボードが包む。家族が見守る中、絶対的ベビーフェイスとしてリングに降臨。

となると、対戦相手を務めるイーグルス選手に期待されるのは、絶対的な悪役(ヒール)。憎々しげに成田くんを痛めつけて、親族含む会場中の心を煽ることこそが使命。BULLET CLUBなんだし得意なはず。

のはずだったのに。イーグルスさんの微妙に爽やかな外見が悪役(ヒール)を演じさせない。膝裏へのタックルを仕掛けたり、観客を煽ったりしてもなんだか憎みきれない。

けっきょく途中からは普通に戦って一進一退。普通にいい試合だった。

イーグルスはナイスガイ!

YOHvsバンディード

バンディードは不遇。

まだ新日本プロレスに上がって日が浅いのに、ファンタズ選手やDOUKI選手に圧されて目立てない。見た目は奇抜だけど、戦い方時代はオーソドックスなのことも要因か。

対するYOHもやや不遇。試合運びなんかはめちゃくちゃ成長してるのに、反対ブロックのSHOが身を削った好勝負を連発して目立ちまくり。こうなるとタッグパートナーとしてはやりづらい。

フィニッシュはYOHがバンディードを抑え込んで勝利。なんだかんだ言って、バンディード選手の勝利は揺るがないと思っていただけに結果は唖然。

YOH、エロいな(タイチ)。

BUSHIvsエル・ファンタズモ

BOSJ出場選手の中で、もっともよくわかないのがファンタズモさん。

初登場の福岡どんたく以前から、凝ったpvで煽ってたけど、誰だか分からない。名前聞いてもよく分からない。福岡どんたくで実際に出てきてもよく分からない。でも、戦い方はおもしろい。

今年のBOSJは今までと違って、メインどころが全部BOSJの公式戦だし、後楽園や幕張じゃ全ての試合が公式戦。

あまりにジュニアの選手が張り切って、リミッター振り切りまくった試合を連発してるから、こってり感が半端ない。そんなこってり感が滾るBOSJの中にあって、ファンタズモさんの試合は一服の清涼感になってありがたい。

ファンタズモは、BOSJの癒し系

ウィル・オスプレイvsロッキー・ロメロ

ロッキーさんには悪いけど、Bブロックの下馬評1位と下馬評10位(最下位)の試合だと思ってた。

すでに戦場を無差別級に移しているオスプレイと、マネージャーや解説としての顔が目立つロッキーさんの試合に、僕はあまり魅力を感じていなかった。

まぁ、ロッキーさんが健闘するも、最後はオスプレイの必殺フルコースを浴びて力尽きる。試合後はオスプレイがロッキーの健闘を認めて握手なんてことになるんだろうなって思ってた。

いや、実際そのとおりなんだけど、ロッキーさんの健闘っぷりが半端なかった。

「あいつの怖さを、俺は知っている(タイチ)」

ロッキーさん、めっちゃ最高じゃん。

田口 隆祐vsDOUKI

DOUKI選手は、自分を大きく見せる術を持っている。

異様に縦移動が激しい歩き方。ときおり見せる両手を広げる仕草など。大きくはない体でメキシコを生き抜くのに必要なことなんだろうと思う。

僕はメキシコはもちろん、遠い異国の地で1人で生き抜いた経験はないけれど、それがどれだけ危険で大変なことかは分かるつもりだ。

そんなメキシコからずっと見ていた新日本プロレスのリングに、それもメインイベントのリングに立つなんてとんでもないことなんだと思う。

今回は、エル・デスペラード選手の欠場を受けての代打出場だったが、準備を整えていれば、どこでチャンスが舞い込んでくるかなんて分からないんだ。プロレスを見てて人生観まで考えさせてくれるDOUKI選手の試合はスケールがでかい。

そしてDOUKI選手のすべてを受け止める田口監督だってスケールがでかい。

DOUKI、凄い選手になりそう。

スポンサーリンク

ジュニア、最高!

初日と二日目で会場の雰囲気が違うなーって思ってたら、まったく違う会場だったことに二日目のメインあたりで気づいた。

つまり、試合がすごすぎて会場の違いに気づく余裕もなかった。

ジュニア、おもしろい。

結果がすぐに分かる!ベスト・オブ・スーパージュニア2019【新日本プロレス】の勝敗
新日本プロレス、ベスト・オブ・スーパージュニア(BOSJ)の全体戦カードを書きました。

🔻他のBOSJの記事はコチラから🔻

BOSJ
ベスト・オブ・スーパージュニアの記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました