最初に見てほしい10の記事
スポンサーリンク

棚橋弘至vs宮原健斗決定!ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~

馬場さんに見てもらいたかった試合。

「ジャイアント馬場没20年追善興行」のメインのカードを見て、こう思った。

スポンサーリンク

メインのカードが決定

第一報は11月半ば。馬場さん追善興行の出場選手、第一段が発表された。

発表第1弾参加選手
新日本プロレス 棚橋弘至、本間朋晃
全日本プロレス 秋山準、宮原健斗、大森隆男、渕正信
大日本プロレス グレート小鹿、関本大介
プロレスリング・ノア 丸藤正道
超硬派武闘集団和志組 宮本和志
鈴木軍        タイチ、金丸義信
プロレスリングA-TEAM 橋本友彦
フリー 太陽ケア

引用 ジャイアント馬場メモリアル

この発表を見て、僕の心は踊り出した。だって、棚橋さんと宮原さんだよ。この時点では出場するというだけで、同じ試合に出るとは言ってないけど、僕の頭の中ではすでに対戦モード。

試合時間よりもずっと長いメイン後のお楽しみタイムを妄想しては、ヨダレを垂れ流していた。おもいっきり、プロレスの未来を感じた。

しかし。

その後続報が出るも、二人のカードは決まらない。代わりに決まるのはリバイバルのような試合ばかり。

「いや、それはエキシビションでいいだろ!」「セレモニーだけでいいじゃん!」なんて毒づいていた。発表されては毒づいていた。その繰り返し。

そっかそか。馬場さんの興業だもんな~。縁のある選手が集まるよな~。実際に対戦したことある選手とか、直接手ほどきを受けた選手とかね。ところで、あの選手って今何歳だっけ?えっ!!!大丈夫?最近試合してるの??まぁ、怪我しない程度にがんばって。。。とかね。

出てくるのは、僕の思春期を彩ってくれた選手たち。なんだか、未来よりも過去ばかり感じるような試合ばかりが発表されていた。

ある選手は、「過去と闘って何が悪い!昔を越えようとして何が悪い!未来は俺が作る!」と言っていたけれど、やっぱり過去は過去でしかないよ。

武道館使って盛大な同窓会でもやるの?それだったら武道館でアイドル博をやったほうがよっぽどいいよとまで思っていた。

ブルマにハグ!G1クライマックス翌日、武道館でアイドル博が開催!
新日本プロレスG1クライマックス決勝戦の翌日、日本武道館ではアイドルたちのトンデモイベントが行われます。そのイベントとは?

でも、メインのカードが発表されて驚いた。

だって

棚橋弘至(新日本プロレス)&ヨシタツ(フリー)

宮原健斗(全日本プロレス)&関本大介(大日本プロレス)

!!!!

とんでもねぇ!

新日本プロレスの棚橋弘至選手と全日本プロレスの宮原健斗選手が闘うんだよ。試合するんだよ。

この発表にはおもいっきり未来が見えた。

試合もさることながら、試合の後がめちゃくちゃ楽しみ。たぶん試合時間は20分くらいなんだろうけど、それ以上に長い試合後のお楽しみがあるから。棚橋さんのエアギター&愛してまーすはみんな知っているだろうけど、宮原さんのサイコーマイクは知らない人も多いはず。

【最高!】全日本プロレスの宮原健斗が人気の理由
全日本プロレスの宮原健斗選手をご存知でしょうか?存じていない方のために、宮原健斗選手を詳細に紹介します。

宮原さんのことを知らない人たちの中で、サイコーと叫ぶ宮原さんを見られる喜びは何事にも変えがたい。

スポンサーリンク

現役ヘビー級王者の戦い

さらに

棚橋弘至選手は、新日本プロレスのIWGPヘビー級王者

宮原健斗選手は、全日本プロレスの三冠ヘビー級王者

ともに団体最高峰のベルトを持っている。次のタイトルマッチは、棚橋選手が2.11大阪大会で、宮原選手が2.24横浜大会。ということは、棚橋選手が防衛に成功すれば、メインでIWGPヘビー級王者と三冠ヘビー級王者の対戦が見れる。

残念ながら、棚橋選手はベルトを落としてしまいました。

タッグを組む、YOSHITATSU選手は、宮原選手の正式なタッグパートナーで棚橋選手の元パートナー。関本大介選手は、どこのリングでも己を貫ける選手。完全に役者が揃ってる。

他の試合が、馬場さんに縁がある選手なのに対し、メインはあまり縁がない選手たちばかり。

デビュー

  • 関本大介=1999年8月10日
  • 棚橋弘至=1999年10月10日
  • YOSHITATSU=2002年10月12日
  • 宮原健斗=2008年2月11日

馬場さんが亡くなったのは、 1999年1月31日のこと。4人とも、それ以降にデビューした選手たちばかり。

でも、それでいい。4人の選手は、馬場さんには縁がなかったけれど、きっと馬場さんに見てもらいたかったカードなんだと思う。馬場さんに縁があった選手が戦ったリングのメインを馬場さんに縁のなかった選手たちが締める。

それこそが、馬場さんへの最高の追悼。もしかしたら、天国で「俺もあいつらと試合をしたい」なんて思ってるかも知んない。

急激に楽しみになってきた。

タイトルとURLをコピーしました