最初に見てほしい10の記事
スポンサーリンク

ゴキブリマスク、ブーイングが気持ちよさそうだな~。

この記事は約3分で読めます。
ゴキブリマスク、ブーイングが気持ちよさそうだな~。

画像引用/新日本プロレス

ゴキブリマスク、ブーイングが気持ちよさそうだな~。

そんな思いで見ていた。

スポンサーリンク

スペシャルシングルマッチ

1.21後楽園ホール、ファンタスティカマニア最終戦。ちょっとしたプレゼントが用意されていた。

ドラゴン・ジョージ&スイートゴリラ丸山vsゴキブリマスク&ギンバエマスク戦だ。

これは、映画『パパはわるものチャンピオン』の特別企画。わざわざ説明するまでもないだろうが、映画で登場したプロレスラーが、スクリーンを飛び出し、新日本プロレスのリングで試合をするのだ。

その正体については、ここでは触れないことにする。だって、触れてもしょうがないからね。

とにかく、4人は映画の世界さながらに戦った。そして映画と同じように動き、映画と同じような結末を迎えた。感動……である。

スポンサーリンク

作られたキャラクター

さて、

プロレスラーは皆、誰かを演じている。例えば、棚橋弘至氏は、棚橋弘至選手を演じているし、岡田和睦氏はオカダ・カズチカを演じている。

しかし、演じているとはいえ、プロレスラーは演じている本人の素が色濃く反映するもの。巣の状態からかけ離れたプロレスラーを演じたとしても、ファンに見透かされてしまうからだ。

だから、演じる本人とプロレスラーはとても近い。

しかし、上記の特別企画はそうではない。完全に作られたプロレスラーを演じているからだ。もちろん、そのプロレスラーは本人をモチーフに作られているが、やっぱり似て非なるもの。

作られたキャラクターである以上、素の状態ではない。

それだからこそ、普段抑えつけている本当の自分を出すことができるのではないか。「あれをしたら、どう思われるだろう?」「これをしたら、どう思われるだろう?」など、考えることなくプロレスラーをエンジョイできるのかもしれない。

スポンサーリンク

楽しそうなゴキブリ

試合中、もっとも楽しそうに演じていたのは、ゴキブリマスクだ。

ゴキブリマスクを演じている選手は、かつてブーイングに苦しんでいた時期がある。

そのとき、新日本プロレスは低迷していた。彼は新日本プロレスを建て直そうと躍起になっていたが、浴びるのはブーイングばかり。

彼のプロレスはまだ、時代が必要としていなかったのだ。

時は移り、新日本プロレスは何度目か盛り上がりを見せている。彼のプロレスが大きな影響を与えたのだろう。

昨年はG1クライマックスで優勝し、イッテンヨンではIWGPヘビーのベルトも獲った。

そんな彼が、悪党ゴキブリマスクを演じてブーイングを浴びている。

浴びているのはブーイングだが、かつて受けていたブーイングとは質が違う。なんだか、暖かい。

ゴキブリマスク、ブーイングが気持ちよさそうだな~。

タイトルとURLをコピーしました