最初に見てほしい10の記事


TAKAみちのくは【ワールドタッグリーグ】でザックと一緒に出てくるのか?

TAKAみちのくは【ワールドタッグリーグ】でザックと一緒に出てくる?

11/17の「WORLD TAG LEAGUE」開幕戦を見て、追記しました。

今や新日本プロレス名物となった「ザック・タイム」。

ザック・セイバーJr.選手が試合を行うたびに、TAKAみちのく選手が出てきて「ダレですかー?」とマイクするアレです。

最初はけっこう微妙でしたけど、すっかり定着しましたよね。

でも、TAKAみちのく選手の、ちょっとしたオイタが原因で「WORLD TAG LEAGUE(ワールドタッグリーグ)」では、ザック・タイムがなくなるなるのではと噂されているようです。

結論から言います。

大丈夫です。

TAKAみちのく選手は、ちゃーんとザック・セイバーJr.選手と一緒に出てきて、ちゃーんと、ザック・タイムを行います。

スポンサーリンク

変わるこたあねえ

まずは、このコメントを見てください。

てめらがな、どんな目で見ようが、俺は俺なんだ。変わんねえんだ。TAKAもそうだ。TAKAみちのくはTAKAみちのくなんだ。俺は俺なんだよ

(中略)

知らねえよ。声援なんていらねえんだよ。素直な気持ち、素直な罵声浴びせろ。思ったこと言ってこい。だけどな、口ではなんと言おうと、俺は俺だ。

変わるこたあねえ。

俺とTAKAみちのくのタッグも変わるこたあねえ。TAKA、あの件は頼んだぞ。なあ? ちょっくら、俺はよ、用足しに出るからよ。あの件頼んだぞ。じゃあな、おまえら。アディオス

引用 新日本プロレス公式サイト(2014.5.30)

なかなか強烈なコメントですね。これは、2014年5月、BEST OF THE SUPER Jr.XXI最終日に、タイチ選手が試合後に残したコメントです。

当時、タイチ選手は少々オイタが過ぎるようなことをした……というかなんとかいうか、簡単に言うと、不倫関係が写真週刊誌に掲載されて、いろいろゴタゴタした直後でした。

事態を重く見た新日本プロレスは、タイチ選手に2ヶ月の出場停止と、期間中30%の減俸処分を下したのです。

当時、ゴシップ紙(ネット)では、この件を取り上げ、タイチ選手の引退、鈴木軍の解体、新日本プロレスの崩壊などと、おもしろおかしく掻き立てていました。

しかし、タイチ選手は出場停止期間が解けた後、ちゃんと新日本プロレスに帰ってきて、堂々と試合行っています。その後のタイチ選手、鈴木軍、新日本プロレスはどうなったでしょう。

引退しましたか?解体しましたか?崩壊しましたか?

してませんよね。

むしろ、その時よりもスケールがアップしています。

スポンサーリンク

Comon Over Here!

タイチ選手は、「WORLD TAG LEAGUE」で、ザック・セイバーJr.選手とタッグを組みます。

ザック選手のマイクパフォーマンス「ザックタイム」を行うのは、誰であろう、TAKAみちのく選手です。

仮に、TAKAみちのく選手が責任を感じて、新日本プロレスに出ないと言ったところで、タイチ選手が、それを良しとするでしょうか?

絶対に良しとしませんよね。

TAKAみちのく選手だって、あのときのタイチ選手を見ている以上、今回の件で、自分だけ隠れるわけにはいきません。

出てくることのより、厳しい批判に晒されたとしても、TAKAみちのく選手は、これまで通り、マイクを握り、「ダレですかー?」とやってくれるに違いありません。

ということで、「WORLD TAG LEAGUE」初戦。私は、TAKAみちのく選手がザック選手、タイチ選手と一緒に入場し、「Comon Over Here!」とやってくれると思っています。

TAKA,Comon Over Here!

スポンサーリンク

追加(WTL開幕戦を見て)

11.17新日本プロレス開幕戦。TAKAみちのく選手は、「WORLD TAG LEAGUE」非公式戦の6人タッグマッチにザック選手と登場し、いつも通りのマイクパフォーマンスを行いました。

観客の反応は無反応。

声援でもブーイングでもなく無反応。これはプロレスラーにとって、最も厳しい反応です。

しかし、この反応はTAKAみちのく選手も、新日本プロレスもある程度は想像していた範囲だと思います。それでも、このまま姿を消すよりも、表に立って批判される道を選んだTAKAみちのく選手を支持します。

 

タイトルとURLをコピーしました