最初に見てほしい10の記事

「お前、パレハだろ!」実はパレハじゃなかった男たち

「お前、パレハだろ!」実はパレハじゃなかった男たち

新パレハは鷹木信悟選手だった。

終わってしまえば、本命中の本命にほっと一安心。きっと、この語の新日本プロレスを盛り上げてくれるだろう。

でも、忘れないでほしい。

「お前、パレハだろ!」と、あらぬ疑いをかけた男たちがいたことを。

スポンサーリンク

パレハじゃなかった選手たち

疑いをかけられた男たちは複数いる。

高橋裕二郎

内藤哲也選手が何かをすると、必ず名前の上がる選手の一人。彼が内藤選手と組んでいたのは、もう7年の前のこと。それだけ、タッグの印象は強かったのだろう。

NO LIMIT再結成も予想されたが、高橋裕二郎選手はパレハではなかったようだ。

YOSHI-HASHI

神戸での負傷による欠場。

あまりにも不可解な出来事だったため、フェイクだろなんて声もあった。

一歩踏み出す勇気はYOSHI-HASHI選手に用意されたような言葉だっただけに、パレハとしての登場が期待された。

しかし、YOSHI-HASHI選手はパレハではなかったようだ。

クリス・ジェリコ

IWGPインターコンチのベルトを持ったまま音沙汰のなかったジェリコ選手。防衛戦の期限も近かったため、極秘来日し、パレハになると思われた。

たしかに、極秘来日はしていた。しかし、ある意味もっと衝撃的な登場を果たしていた。ジェリコ選手はパレハではなかったようだ。

飯伏幸太

TheEliteなのかOGなのか?BULLET CLUB問題に悩まされた飯伏選手が、まさかのロスインゴ入り!

なんて話もありましたが、結局は元サヤにおさまっただけ。

飯伏選手は、パレハではなかったようだ。

ジュース・ロビンソン

制御不能化した内藤選手と、最初に組んだのはジュース選手。

これだけの理由で、ずっとロスインゴ入が噂されていた。もう何年も前の話なのに、いまだに言われるのは、それを願う人が多いのだろう。

ジュース選手はパレハではなかったようだ。

ウィル・オスプレイ

彼もタッグパートナーがいない一人。同じくパートナーのいないBUSHI選手と組むために、緊急ロスインゴ入りしタッグを結成するかと思われた。

けど、さすがにそんなことはなかったようです。むしろケイオスが大変なことになっている。

オスプレイ選手はパレハではなかったようだ。

タイチ

鈴木軍でできることはやりきった。ロスインゴに移って、小狡いおとこから「世界一ずるい男」になってやる!

と思ったかはしらないが、今回は動かず。

タイチ選手はパレハではなかったようだ。

ドラゴン・リー

髙橋ヒロム選手の盟友、ドラゴン・リー選手。

国は違えど志は一つ。敵対する関係とは言え、ヒロム選手のために緊急来日かと思われた。

でも、来日しなかったね。忙しいもん。

ドラゴン・リー選手はパレハではなかったようだ。

スポンサーリンク

本当にパレハは一人だけ?

他にも、エル・デスペラード選手、マイケル・エルガン選手、SHO選手らの名前も挙げられていたが、いずれもパレハではなかったようだ。

しかし、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは、いつ誰が裏切ってもおかしくないユニットである。

もしかすると、内藤選手が声をかけている選手がいるかもしんないし、いないかもしんない。

その時、新たなるパレハはこの中から選ばれるのだろうか。

その答えはもちろん……、トランキーロ、あっせんなよ。