最初に見てほしい10の記事

オカダ・カズチカvs鈴木みのる/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

スポンサーリンク

オカダ・カズチカvs鈴木みのる/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

G1クライマックス福岡大会。

今日のメインイベントは、オカダ・カズチカ選手と鈴木みのる選手の戦いです。

昨年のG1クライマックスは引き分け。鈴木の自主興行「海賊まつり」でも引き分け。

ともに4勝2敗。これ以上負けられない試合です。

スポンサーリンク

入場

鈴木みのるがいつものように入場、いつものようにデスペラードを従えています。

オカダ・カズチカは、G1クライマックス仕様でいつものように入場。

リラックスした表情で花道を歩き、風船を観客席に飛ばします。

スポンサーリンク

試合開始

オカダのリングインと同時に、鈴木が蹴って突っかける。

そのまま場外戦。

鈴木が椅子・場内フェンスでオカダを痛めつける。

観客の椅子を奪い叩きつける。

鈴木は海野レフェリーにも椅子を振りかざそうとする。

その間に息を吹き返したオカダが鈴木を攻め込むが、すぐに逆転。主導権は完全に鈴木。

まだリングに戻らない。

観客席にオカダを投げ込む。

(観客席からオカダコール)

ようやく、鈴木がリングに向かうが、リング下から椅子を出し手に持つ。

場外カウント10を越して戻ってきたオカダに、椅子で一撃。

鈴木は先にリングに戻り、勝利を確信。

オカダがカウント19でリングイン。

5分経過

エプロンのオカダの腕を決める。

さら、リング内からフロントハイキックで場外にふっとばす。

鈴木、先にリングに戻り、笑顔で待つ。

オカダ、カウント18で戻るが、立ち上げれない。

鈴木がオカダのTシャツを剥ぎ取り、首を絞める。

ハーフダウンのオカダに、ミドルキックを打ち込む。

鈴木のエルボー。

ようやくオカダがエルボーで反撃するが、力ない。

鈴木がコーナーのオカダに走り込むが、カウンターのハイキックからネックブリーカー。

この試合初めてオカダが優勢。

ロープに飛ばし、バックドロップからジャンピングエルボー、DDT。

オカダが担ぎ上げるが、鈴木は腕をとって脱出。逆十字固め。オカダ、ロープに逃げる。

コーナーのオカダに、鈴木が串刺し式のフロントハイ、サッカーボールキックから脇固め。

オカダの腕を狙う。

オカダ、苦悶の表情を浮かべ、ロープエスケープ。

鈴木、余裕の笑顔。

リング中央でエルボーの打ち合い。鈴木が打ち勝つ。オカダ、コーナーにうずくまる。

10分経過

鈴木が距離を置いたのを見て、オカダがジョン・ウー。

オカダ、叫ぶ。「楽しもうぜ!!!」エルボーを打ってこいと促す。

リング中央でエルボーの打ち合い。

鈴木がレインメーカーポーズを見せて挑発。

両者、エルボーを撃ち合いながら不敵な笑顔を見せ合う。

3分近く、エルボーを打ち合う。

突如鈴木が張り手に切り替える。オカダ、膝をつく。

鈴木がロープに走ったところ、オカダがカウンターのドロップキック。

レインメーカーを狙うが、鈴木が許さない。打撃のコンビネーション。

オカダは、アッパーエルボーを連発。

オカダが、ロープに走ったところを鈴木がドロップキックを打ち込む。

両者ダウン。

先に起き上がった鈴木がオカダにヒザを叩き込み、フロントネックロック。

15分経過

鈴木がフロントネックロックで締め上げる。オカダの体から力が抜ける。

オカダが、なんとか持ち上げようとするが、鈴木はスリーパーに移行。

鈴木がゴッチ式、オカダがレインメーカーを狙うが不発。

鈴木がリング中央で卍固めを決める。

オカダ脱出して、三回目のトライでツームストンパイルドライバー。

オカダが、鈴木みのるにスリーパー。

なんと、オカダがゴッチ式パイルドライバーに入ろうとするが、鈴木が切り替えしてツームストンの体勢。

さらに切り返し、オカダがゴッチ式のツームストンパイルドライバー。

オカダ、バックを取りローリング式のレインメーカー。強烈!

無理やり起こし、正調のレインメーカーでフォール。カウント3。

スポンサーリンク

試合後

鈴木、デスペラードに抱えられバックステージに消える。

オカダ、帰ろうとするがすぐに戻ってマイクを持つ。

マイクアピール

名前
オカダ

・・・

まさかのマイクが付いていない。

気を取り直し。。。

名前
オカダ

ゴショウメー

こんなに汗掻くのは、あなた達の盛り上がりのせいです。

なんで盛り上がっているのか教えてください。

1.オカダが勝ったから
2.オカダが強いから
3.オカダが、かっこよくて強くて勝ったから

わかってる、みんなが3を選んだのは、顔に出てるよ。みんな良い笑顔だね。

名前
オカダ

俺の今年の夏のテーマ、笑顔でしょ。

鈴木さんも、ずっとニコニコしてたね。

まぁ、公式戦あと2つ。俺が勝たなきゃ盛り上がらないし、俺が優勝しなきゃ盛り上がらないでしょ。

余裕でしょ。残り2つ。そして優勝決定戦、優勝してここに宣言する。

必ず俺が優勝するからな。

というわけで、今日は、どうも、ありがとうございましたー。

(後半のマイク、ちょっとキーが高いハイテンションぶり)

バックステージ

(オカダ、座り込む)

名前
オカダ

なかなかね、タイトルマッチでもね。勝ってこんなに座り込んで、マスコミに皆さんに話すこともないですよ。

それくらい、やっぱり、G1クライマックス、過酷。

でもそんな中で結果出してる俺、最高じゃない。

いや、きついながらも、楽しい、戦いが。

俺だけじゃなく、鈴木さんも笑顔だった。お客さんも笑顔だった。完璧じゃない。

名前
オカダ

あとは、2敗してしまったけど、俺が優勝して、その2敗ぶんをとりもどす活躍して、盛り上げて、優勝スレがいいんでね。

俺べつに、軽々しく優勝宣言なんてしねえぞ。

(棒読み)がんばります、ゆうしょうします。じゃねぇんだ。

かならず優勝してやる。立ち止まらないよ。俺が立ち止まったの見たことないでしょ。

別に2年間チャンピオンだっただけで、それで、ゴールなんて思ってないし、まだまだ突っ走りますよ。

名前
オカダ

ちょっとすみませんね。笑顔になえるコメント出せなくて。

楽しかった。

鈴木さんのことずっと嫌いだったけどね。嫌よ嫌よも好きのうちなのかな。

30歳になって、心がオカダが広くなったのかな。

いや、笑ってよ。。。

そんなことないよって。まだまだ頑張るよ。

1+1は?

(マスコミ無言)

名前
オカダ

まだかーー。