最初に見てほしい10の記事

飯伏幸太vs後藤洋央紀/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

スポンサーリンク

飯伏幸太vs後藤洋央紀/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

飯伏幸太選手が、地元・鹿児島でケイオスの後藤選手と公式戦を戦います。

昨年、同じ場所で新技カミゴェを初公開し、棚橋選手を破った会場でもあります。

2年連続のメインイベント登場。どうなるのでしょうか?

結果がすぐに分かる!G1クライマックス2018【新日本プロレス】の勝敗を紹介
新日本プロレス【G1クライマックス2018】の結果をすぐに知りたい人のために、結果がすぐに分かるページを作りました。
スポンサーリンク

入場

先に飯伏幸太選手が入場です。地元の大歓声がすごい。

後藤洋央紀選手は、いつものように静かに入場です。

スポンサーリンク

試合開始

さぁ、ゴングです。

当然のように、会場は飯伏コール一色です。

腕を取り合うと見せかけて、飯伏が後藤のバックを取る。

後藤が腕を取り返し固める。

飯伏が逆に腕を固める。

ヘッドロックに捉える後藤を、飯伏がロープに押し込み、クリーンロープブレイク。

もう一度組み合い、後藤がヘッドロックで締め上げる。

飯伏、ロープに振るが、後藤のほうがパワーが上。返す。

後藤、コーナーの飯伏に突進するが、かわされる。

もう一度突っ込むが、飯伏がフランケンシュタイナーで場外に落とす。

三角跳びケブラーダは、後藤が回避。エプロンの飯伏を後藤がラリアート。

(場外戦)

後藤優勢。エルボースタンプから鉄柵ホイップ。

飯伏を場外に戻す。

5分経過

後藤、飯伏にチンロックからのヘッドシザース。飯伏、コールを受けてなんとかロープに逃れる。

リング中央に戻り、後藤が再びチンロック。

リング中央で、エルボーの打ち合い。ロープに飛んだ後藤を飯伏がドロップキック。後藤は場外へ。

飯伏、観客をあおり、最上段から三角跳びケブラーダ。

後藤、ダメージ大きい。

飯伏、後藤をリング上に戻す。観客拍手。

飯伏はエプロンから後頭部に、スワンダイブ式ドロップキック。

ハーフネルソンスープレックスを狙うが、後藤返す。ロープに飛んでラリアートを決める。

後藤、エルボーで飯伏をコーナーに追い込み、ムラマサからバックドロップでフォール。カウント2。

後藤、飯伏を抱えるが、着地。

飯伏のエルボーと、後藤のミドルキックが交差する。

後藤、もう一度持ち上げて牛殺しを狙うが、飯伏着地からのオーバーヘッドキック。

両者ダウン。観客の飯伏コール。

ハーフダウンからエルボーを打ち合いながら立ち上がる。

飯伏がコンビーネーションで打ち勝つが、ロープに飛んだところを後藤がカウンターの牛殺し。

後藤が飯伏をコーナートップに乗せる。雪崩式牛殺しを狙うが、飯伏が着地し、オーバーヘッドキック。

今度は、飯伏が後藤をコーナートップに乗せる。

後藤が、飯伏を迎撃するが、飯伏がすぐに立ち上げリ、もう一度コーナーに上がる。

後藤、雪崩式の回天を狙うが、飯伏がバク転で着地。

リング中央で互いにラリアート。飯伏が打ち勝ちフォール。カウント2。

飯伏、カミゴェの体勢を見せるが、後藤がエルボーで脱出。

飯伏が耐えて、ジャーマンスープレックス。

後藤の腕は話さない。

飯伏、カミゴェを出すが、後藤が脱出しヘッドバッド。

後藤がエルボーからラリアートで倒す。

起こして、裏GTR。から正調GTRを狙うが、飯伏が着地しスリーパー。

後藤を持ち上げ、コーナーにやり投げを狙う。

後藤、着地して決めさせない。スリーパーホールドで締め上げる。

飯伏の力が抜ける。

後藤、GTRを狙うが、飯伏が逆にGTRを狙うが不発。後藤は脱出しローリングラリアート。

もう一度、GTRを狙うが飯伏が上げさせない。ならばと昇天・改を決める。

フォールからのカウントは2。

15分経過

後藤、雄たけびから印を結ぶ。強烈なミドルキック。

GTRを飯伏がサムソンクラッチで返す。

後藤はヘッドバッドで脱出。

リング中央で、飯伏がコンビネーションからボマイェのようなヒザを打ち込む。

シットダウンラストライド!

アピールからのカミゴェ。

カウント3。

スポンサーリンク

試合後

飯伏幸太選手、2連連続メインを勝って締めました。

マイクアピール

飯伏幸太

今年も鹿児島に帰ってくることができました。

そして、またマイクを握ることができました。

次の約束は、必ず今年優勝して来年また、戻ってきます。

応援、よろしくお願いします。

結果がすぐに分かる!G1クライマックス2018【新日本プロレス】の勝敗を紹介
新日本プロレス【G1クライマックス2018】の結果をすぐに知りたい人のために、結果がすぐに分かるページを作りました。