最初に見てほしい10の記事

オカダ・カズチカvsYOSHI-HASHI/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

スポンサーリンク

オカダ・カズチカvsYOSHI-HASHI/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

2012年のレインメーカー凱旋帰国以来の一騎打ち、オカダ・カズチカvsYOSHI-HASHI。

凱旋以来、二人の差は開くばかりなのは、皆さん知るところ。

今宵はどのような結果になるのでしょうか。

結果がすぐに分かる!G1クライマックス2018【新日本プロレス】の勝敗を紹介
新日本プロレス【G1クライマックス2018】の結果をすぐに知りたい人のために、結果がすぐに分かるページを作りました。
スポンサーリンク

入場

いつものようにヨシハシが入場。

対するオカダは、G1シリーズでやっている陽気な入場ではありません。

風船は持っているものの、静かに投げ飛ばすのみ。雰囲気が違います。

リングに入り、コーナーでアピールするところは同じ。

二人は意識しているだろうが、あえて表に出さないようにしているよう。

オカダが脱いだシャツをヨシハシに投げつけて試合開始。

スポンサーリンク

試合開始

ヨシハシが怒りに身を任せ、オカダを襲撃!場外に誘い出し鉄柵へホイップ。そのまま場外戦を始める。

ヨシハシ優勢で進めるも、徐々にオカダ優勢に変わる。客席に埋もれるヨシハシにオカダが椅子を投げつける。

鉄柵を利用したDDTでダメ押し。

分かっちゃいたけど、洞門対決にありがちな馴れ合いは皆無。

リングに戻ってもオカダ優勢は変わらず。アトミコを決めて、「立ってこい」と余裕を見せつける。

会場に沸き起こるヨシハシコールを背に、オカダの頬にエルボーを叩き込む。

しかし、オカダのエルボー一発で吹っ飛ぶ。

オカダ、ヨシハシをコーナーに投げ、エルボーで飛込むがヨシハシ交わす。

ヨシハシ、持ち上げようとするが上がらない。力比べ。ようやく上げて、ヘッドバスター。

ヘッドハンターで追撃!エプロンのオカダに逆水平。さらにトップロープに固定しドロップキック。オカダ崩れ落ちる、フォールは2。

(ヨシハシコール)

ヨシハシ、投げようとするがオカダに切り替えされる。

突っ込むヨシハシをオカダが持ち上げ、マットに叩きつける。

オカダ、アッパー式のエルボーを連発。

ヨシハシ、コーナーで座り込んで動かない。

無理やり起こし、ヨシハシをコーナー上に設置。ドロップキックを狙うが、ヨシハシがフロントキックで返す。

ヨシハシ、パワーボム狙いをオカダがフランケンで切り返し、オカダのショットガンが炸裂!

常にオカダ優勢で試合が進む。

ハーフダウンのヨシハシに、オカダがコーナーからミサイルキック。滞空時間が長い。

オカダ、ネックブリーカーを完璧に決め、軽くレインメーカーポーズ。

10分経過

なんと、初期型レインメーカー!ヨシハシ2カウントで返す。

2012年の凱旋試合では決まったが、今日は決まらない。

オカダ、ツームストンの体勢に入るがオカダ切り替えしてフォール。カウント2。

オカダ、レインメーカーの体勢に入るが、ヨシハシがカウンターでラリアート。

(ヨシハシコール)

ヨシハシ、パワーボムからのジャックナイフ式フォール。カウント2。

ヨシハシ、ロープに走りダブルのニー。カウント2。

ヨシハシ、ボディスラムでオカダをマットに叩きつけ、スワトーンボム。オカダはかわす。

両者ダウン。

先にオカダが立ち上がり、背後からドロップキック。続いてロープに振りドロップキック。

オカダ、レインメーカーを狙うが、ヨシハシが腕を取り切り返す、バタフライロック。

ハーフハッチスープレックスから、再びバタフライロックで捉える。

オカダ、この試合初めて苦悶の表情。

ヨシハシ、背後からドロップキックをお返しする。

コーナーで休むオカダに、ヨシハシ走り込み、バタフライロックで捉える。

1分ほど決め続ける。

15分経過

オカダ、苦悶の表情。まだロープが遠い。

サードロープに届きそうになるが、ヨシハシ許さず、遠ざける。ヨシハシの勝機!

なんとか、オカダがサードロープに逃れる。

(ヨシハシコール)

ヨシハシ、ハーフダウンのオカダを蹴るが、この攻撃は、オカダの怒りに火をつける。

立ち上がって、ヨシハシにエルボーを叩き込む。

ヨシハシも応えてエルボーの連打、打ち勝って、オカダをダウンさせる。

ヨシハシ、テーピングを外し、ロープに走る。オカダ避けるが、突っ込んできたところを、ヨシハシがカチアゲ式ラリアート。フォールはカウント2。

両者ダウンから、ヨシハシが先に立ち上がる。立ち上がったオカダの顔を貼る。

ヨシハシ、オカダを叩きつける。カウントは2.6。

カルマの体勢に入るが、オカダが入れ替えツームストン。

そして、ローリング式のレインメーカーを完璧に決めるが、ダメージからフォールにはいけない。

もう一度レインメーカーを決め、フォール。3カウント

スポンサーリンク

試合後

オカダ、先に立ち上げり、ヨシハシを待つ。

ヨシハシ、ヤングライオン二人に抱えられ、無言で控室へ。

マイクアピール

オカダ:

3勝目。

3勝目。

3つ言わせ…、違うな、この夏、そんなことやってたな。

(いつものように)サンショウメー!!

会見でも言ったように、つまらない試合して、浜松のみなさん、すみませんでしたー。

つまらない試合して、浜松のみなさん、すみませんでしたー。

良かった?

良かった?いい試合でしたか?ありがとう。

日本で一番、浜松のみんなが好きです。

(大オカダコール)

もちろん、次の場所に行ったら、次の場所のことが好きなってるかもしれないけど、それはすみませんでした。

そして今日は、応援ありがとうございましたー。

バックステージ

オカダ:

・・・

今、(コメントを)考えています。

つまらない試合になるからといって、良い試合になりました。

ヨシハシさんにいい試合、追い込まれるなと思われると喜んで、恥ずかしかったです。

ダメだな、喜んでちゃ。

ヨシハシさんに関しては、なにもないよ。これで良い試合だったね良かったね。あんたはそんなレベルじゃないですよ。

ヨシハシさんに関しては特にありません。

俺は、G1勝つしか無いんだよ。もうたくさん負けてるからね。

2敗してる。

たった2敗じゃないんだよ。

オカダ・カズチカにとっちゃ、2敗は数えきれないほど負けてるだからな。

そんな姿は、G1中、いや、新日本プロレスがなくなるまで見せられないからね。

3勝目。

1+1なんて言ってる場合じゃない……。

3だから、3だから。

(笑顔)

(記者に向けて)1+1は?

(誰も答えない)

タオル?を叩きつけながら帰る。

スポンサーリンク

オカダvsYOSHI-HASHIまとめ

2012年の凱旋以来のシングルだが、ずっとメインを張ってきたオカダと、ヨシハシの実力の違いは大きい。

ヨシハシに関しては、なにか爪痕を残すかなと思っていたが、残念ながら何もなし。

この二人は、凱旋帰国で戦った相手という以外、接点はないのかもしれない。

結果がすぐに分かる!G1クライマックス2018【新日本プロレス】の勝敗を紹介
新日本プロレス【G1クライマックス2018】の結果をすぐに知りたい人のために、結果がすぐに分かるページを作りました。