最初に見てほしい10の記事

飯伏幸太vsSANADA/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

飯伏幸太vsSANADA/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

G1クライマックスBブロック公式戦、新潟アオーレ長岡大会。

SANADAvs飯伏幸太!

正真正銘のシングル初対決だ。

結果がすぐに分かる!G1クライマックス2018【新日本プロレス】の勝敗を紹介
新日本プロレス【G1クライマックス2018】の結果をすぐに知りたい人のために、結果がすぐに分かるページを作りました。
スポンサーリンク

入場

飯伏、脱いだTシャツを客席に投げ入れる。

SANADAは涼しい顔。

スポンサーリンク

試合開始

会場の声援は、地元新潟出身のSANADA優勢。しかし、飯伏コールも盛り返す。

ロックアップ。

飯伏が腕を取って絞り上げるが、SANADAが切り返し絞り上げる。

飯伏はカニバサミ。SANADAの首をロック。しかし、SANADAが切り返す。

ならばと飯伏は後ろに回りバックを取る。次はSANADAが腕を取り、再び絞り上げる。

飯伏が返す。攻防が目まぐるしく変わる。

同時にドロップキックを放って、距離を取る。

両者にコールが自然発生。

手四つで組合うが、一瞬のすきを突いてSANADAが後ろに回り、腕を取る。グラウンドの攻防が続く。

ロープワークが始まる。

まずは飯伏がカウンターで腕をとって投げる。走り込んできたSANADAをフランケンシュタイナーで場外に落とす。

手拍子に合わせ、三角跳びケブラーダを見せるが、SANADAがかわす。

SANADAはエプロンに上り、そこからムーンサルト。

5分経過

戦場は花道へ。

SANADAが花道上で低空のドロップキック。ダメージの大きい飯伏をSANADAがリングに無理やり連れ戻す。

リングに戻り、SANADAが飯伏の膝に狙いを定め、攻撃を繰り返す。

ドラゴンスクリューからの足四の字固め

飯伏がロープエスケープ。膝を押さえたまま。

SANADAは非情に膝への一点集中。

飯伏、もっと打ってこいとアピールする。

エルボーの打ち合い。

SANADAが飯伏をロープに投げるも切り返し、飯伏がカウンターのドロップキック。ヒットするが膝が痛い。

スタンディングから打撃が始まる。飯伏が優勢。ダウンするSANADAにその場飛びのムーンサルト。

飯伏がロープに飛ぶが、今度はSANADAがカウンターのドロップキックからプランチャーで追い込む。

SANADAがトップロープに上がる。飯伏はコーナー上のSANADAにオーバーヘッドキック。

雪崩式ブレンバスターを狙うが、SANADAに落とされる。

飯伏は再び上がり、飛びつき式の雪崩式フランケンシュタイナーでマットに叩きつける。

SANADA、場外でダウン。

リング内からスライディング狙いの飯伏だが、SANADAに迎撃される。

しかし、飯伏はエプロンに飛び乗り、ラ・ケブラーダで返す。

リング内でハーフダウンのSANADAに飯伏はスワンダイブ式のドロップキック。

飯伏のペース。

ラスストライドの体勢に入るが、SANADAが逃げる。SANADAのスワンダイブ式ドロップキック。

飯伏が一回転してふっとぶ。

ジャーマンを狙うが、飯伏が着地。逆に飯伏もジャーマンを狙うが、同じようにSANADAも着地。

SANADA、セカンドロープから、ムーンサルト式にコールドスカルを狙うが、飯伏が逃れてオーバーヘッドキックを脳天につきさす。

15分経過

飯伏、カミゴェを狙うがかわされる。

SANADA、コールドスカルの体勢から振り回す。持ち上げて、やり投げ式にコーナーに燻しの頭を突き刺す。

SANADAのタイガースープレックスホールドは、カウント2。

追い打ちにをかけるように、ラウンディグボディープレスを見せるがかわされる。SANADAも着地。

ジョン・ウー気味に走り込むSANADAを飯伏は踏みつけて迎撃。

膝立ち状態からエルボー合戦が始まる。一撃ずつ確かめるように打ち合う。意地の張り合い。

SANADA優勢。しかし飯伏はミドルキック。ならばとSANADAはアッパー式のエルボーで返す。

飯伏は、バックスライドからラリアートを見せる。そのまま、シットダウン式ラストライド。カウント2.5。

飯伏、天を仰ぐ。膝のサポーターを直し、カミゴェのジェスチャー。

カミゴェ狙うが、切り返しコールドスカルの体勢。しかし決まらない。

SANADAネックスクリューを見せる。飯伏をとらえて、正調のスカルエンド。

十分絞り上げた後、自ら手を離す。

コーナーに駆け上がり、ラウンディング式ボディープレスでカウント3。

スポンサーリンク

試合後

SANADA、立ち上げる飯伏を待つ。

飯伏は無言で引き上げる。

SANADAがマイクを持つ

スポンサーリンク

マイクアピール

SANADA「どう考えても、日本で長岡が好きです!」

「G1クライマックス、俺が優勝してやるから。長岡、SeeYou,NEXT TIME.」

SANADAの優勝宣言が飛び出した。

スポンサーリンク

バックステージ

SANADA「今までになかったね。楽しい。」

「試合中も試合前も楽しい緊張感でした。

今日の飯伏幸太。自分が今まで戦ってきた中で、戦ってきた中で、4人目の天才でした。」

飯伏幸太を指して、4人目の天才と最大限の評価。

一人は、師匠武藤敬司だと思うが、後の2人は誰か?

結果がすぐに分かる!G1クライマックス2018【新日本プロレス】の勝敗を紹介
新日本プロレス【G1クライマックス2018】の結果をすぐに知りたい人のために、結果がすぐに分かるページを作りました。