最初に見てほしい10の記事

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

スポンサーリンク

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

G1クライマックス5日目メイン。「オカダ・カズチカvsハングマンペイジ」の試合を完全実況で振り返ります。

スポンサーリンク

入場

ハングマンペイジが静かに入場。

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

下記のツイッターにある通り、かなり気合が入っています。うん、眼光がするどい!

対するオカダは、赤い髪で風船を持って入場するのかというと……。

やっぱり赤い髪で風船を持っての入場ですね。それどころか、風船が黄色く細長いジェット風船になっている。G1クライマックス中はこれで行くんだろうな。

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

南西側のコーナーに上がって、いつものようにアピール。

スポンサーリンク

試合開始

観客のコールは圧倒的にオカダ。

リング中央で一言二言交わしてから、ロックアップ。ペイジが腕をとるが、すぐにオカダが切り返し腕を取る。

さらに切り返し、ペイジは後ろからスリーパーの体勢。もう一度オカダが返して腕を取る。ロープに押し込む。

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

離れ際に殴ると見せかけて、胸を軽く叩く。

ペイジの表情が変わる。突進してきたペイジをオカダがカニバサミ。オカダは余裕を見せる。

ハングマンが怒り、オカダを場外に落とす、リング下で倒れるオカダに、ペイジが変形のトペを追い打ちをかける。かなり格好はわるかったけど、ペイジの気合は伺える。

リング上で、オカダをロックバスターホールで後ろに投げる。水平チョップで追い打ち。オカダ、苦悶の表情を見せる。

ペイジがスリーパーでオカダを捉える。ロープに飛ぶがオカダのハイキックが待つ。セントーンは失敗。逆にペイジがその場飛びのシューティングスタープレスでフォール。カウント2 。

エプロンサイドから、スワントーン。オカダも使う技だが、この日はペイジが先に見せた。

ペイジがオカダの首を固める。ロープに飛ばそうとするが、オカダがDDT切り返す。

オカダがエルボーの連打。ロープに走ってエルボー。

ペイジもエルボーで反撃。ロープに走ったところを、オカダが切り返す。

距離をとって、ランニングエルボーを狙うが、かわされる。ペイジも狙うが同じようにかわされる。

オカダはペイジをコーナーに座らせて、ドロップキックをお見舞い。2人で場外へ。

まずは、エルボースマッシュをオカダが決め、場外フェンスに振って、追い打ちのフロントキックでフェンス外へ追いやる。

鉄柵を利用したDDTを狙うが不発。ペイジは鉄柵を使い「ジ・アダムス・アップル(前転してのラリアート)」を決める。

ペイジがオカダをリングに入れる。観客拍手。

ダウンするオカダへ、ハイフライのムーンサルトを出すがかわされる。

それでも立ち上がり、コーナーのオカダ走り込むがフロントキックで迎撃。

オカダがロープに振り、ドロップキックを狙うが、ロープを掴んで避けられる。

10分経過

オカダがパイルドライバーを狙うが、切り返し、ペイジの人でなしボム。

ペイジの目に狂気が宿ってきた。

ライト・オブ・パッセージを狙うが、オカダはロープを掴んで出させない。

オカダ、コーナーに上るが、追いかけてきたペイジが捕まえる。しかし、オカダがエルボーで叩き落とす。

すぐにペイジが起き上がり、もう一度トップロープ上。雪崩式のネックブリーカーを出す。

オカダ、たまらずエスケープ。

ペイジ、場外のオカダにコーナー上からケブラーダ。

(ペイジコール)

オカダをリングに入れ、アダムス・アップル。カウント2。

(オカダコール)

ペイジ、人差し指を点に突き上げてアピール。

ライト・オブ・パッージを狙うが決まらない。

ラリアートで迎撃をオカダが交わしジャーマン狙い。しかしペイジは着地し、串刺しドロップキック。

ライト・オブ・パッセージを狙うが、切り替えしてオカダがツームストン・パイルドライバー。

両者ダウン。

15分経過

オカダ、険しい表情から強烈なエルボー。

ペイジ、エルボーを打ち返す。

オカダ、ハイキック。

ペイジ、回転エルボーでオカダがヒザから崩れ落ちる。

ペイジ、ロープにふろうとするが、逆に振られオカダのドロップキック。

レインメーカーを狙うが、ペイジのスーパーキック。

エプロンから、ペイジがアダムス・アップルを見せるが交わして、オカダがレインメーカー。

ペイジは、ディスティーノのような体勢で絡みつき。強烈なパワーボムからの回転エルボー。オカダ崩れ落ちる。

ペイジが持ち上げようとするが、オカダが切り返し、旋回式のラリアート。

無理やりペイジを起こし、正調レインメーカーでフォール。カウント3。

オカダ、G1クライマックス初勝利。

スポンサーリンク

マイクアピール

やっとやっとやっと一勝目~~~!

余裕の、余裕の勝利でした。

嬉しい。みんあアリガトー!!

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

(泣いている素振りを見せる)

オカダvsハングマンペイジ/速報で完全再現する(粗いけど勘弁してね)

(うそなき)

まだまだG1、始まったばかりです。しっかり優勝して、××振らせます。

スポンサーリンク

バックステージのコメント

余裕の勝利……。

(しばらく聞き取れない)

おまたせ、G1クライマックスを楽しんでいるみなさん。

申し訳なかった…、始まってないっていう人も入れば、つまらないと言う人もいるでしょう。

申し訳ない。泣きそうになる、申し訳なかった(また泣くふり)。

G1のテーマ、笑顔だからね。

1+1は?(記者に向かって)

誰も言わんのかよ。

(ベルトを失って勝てない日々が続いていましたが?)

まぁ、やっと、ずっとハマらなかったピースがハマったのかなと。

ほんと(ニッ)、これから(ニッ)、またせたお客さん(ニッ)。楽しめなかったお客さん、これから楽しんでもらえるよい。頑張っていきます。

いいじゃない。こうやって自分自身も楽しみながら。

別に優勝を諦めたなんて言っていない。

しっかり楽しんで終わりじゃない。楽しんで優勝するんだ。ベルト?どうでもいいわけじゃない。ケニー?どうでもいいわけじゃない。

しっかり、楽しんで楽しんで楽しんで、最後(ニッ)、いただくよ。