東部フレンドホールの座席・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

記事の拡散にご協力ください

東部フレンドホールの座席・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

ここでプロレスを見る人は、間違いなく豪の者。

一般的にテレビやなんかで紹介されるプロレスは、東部フレンドホールで試合を行わないからです。ここでで観戦する人は、間違いなくプロレス観戦上級者。

そんな「東部フレンドホール」の会場・座席を紹介します。

スポンサーリンク

東部フレンドホールのアクセス

東部フレンドホール▲都営新宿線「瑞江駅」

▲都営新宿線「瑞江駅」

東部フレンドホールがあるのは東京都江戸川区です。路線で言うと都営新宿線「瑞江駅」。地元の人には悪いですが、ピンと来ない駅の一つです。

スーパーが多くて、ドン・キホーテがあってライフもあって、住むには便利なんですけどね。

そんな「瑞江駅」北口から、歩いて約2分の場所に、東部フレンドホールはあります。

「2分で行けるんだから迷うはずがない!」なんて思うかもしれませんが、このあたりは下町らしくゴチャゴチャしているので分かりにくい。

上記地図を参考に歩いてください。合言葉は「ブックオフのあるビルを右に曲がる」です。

▲東部フレンドホール(引用:江戸川区公式ページ)

ここが、東部フレンドホールです。

座席ごとの特徴

東部フレンドホールの中は、それほど広くありません。

ホールと言うだけあって、一般的な体育館とは違い、あるのは固定の椅子席とステージのみ。後楽園ホールと同じような形状ですが、違うのはリングが会場の中央ではなく、ステージの上にあるという点です。

なので、座席図は次のようになります。

東部フレンドホール座席表

▲東部フレンドホール座席表

座席ごと、特徴を見ていきましょう。

リングサイド席

東部フレンドホール▲リングサイド席

▲リングサイド席

東部フレンドホールで、もっとも特徴的な座席がここ。ステージの両端に設置された椅子で観戦します。

試合を観るぶんには特に問題はないんですが、なにぶんステージの上なので目立ちます。

東部フレンドホール▲固定の椅子席から見たリングサイド席

▲固定の椅子席から見たリングサイド席

まるで自分もリング上で戦っているのでは……なんて錯覚に陥ります。

リングが近いので、場外乱闘が始まったら真っ先に逃げましょう。

指定席

東部フレンドホール▲指定席、前方

▲指定席、前方

リングがステージ上にあるので、前列ですと、やや見上げるように観戦します。

最前方だと、選手が奥の方にいくと見えないかも。

東部フレンドホール▲指定席前方から見たリング上

▲指定席前方から見たリング上

後方につれ段差が付いているので、前の人が邪魔で見えないなんてことはないでしょう。正面側にあたるので、選手の皆さんも、こちらに向かってアピールしてくれます。

東部フレンドホール▲指定席、後方

▲指定席、後方

座席は、映画館のように背もたれとクッションがついています。肘置きもあります。

東部フレンドホール指定席の椅子

指定席の椅子

寝ちゃいそうなくらい、快適です。

東部フレンドホールの食べ物・飲み物

瑞江駅は、たくさんの店がありますが、駅から東部フレンドホールまでで考えると、意外と食べ物・飲み物を買う店は少ないです。

会場へ直行するなら「ドラッグセイムス瑞江店」。時間があるなら、駅周辺を散策して、好きな店に寄りましょう。

東部フレンドホールの喫煙・トイレ

東部フレンドホールは、区の施設なので基本喫煙所はありません。会場外の喫煙所、もしくは周辺の施設を利用して喫煙してください。

トイレは、それなりにあります。

東部フレンドホール周辺のホテル

プロレスを東部フレンドホールで観るからといって、会場周辺でホテルを取る人はいないでしょう。

いないでしょうけど、いちおう紹介します。

瑞江第一ホテル

駅から会場までの間にあるホテル。駅にも1分、会場にも1分なので便利です。

ちなみに、瑞江駅から日本武道館のある「九段下駅」までは約30分。日本武道館でイベントがあるときは、穴場となるホテルかもしれません。

あなたにあった座席をお選びください

東部フレンドホールは、それほどイベントを行う会場ではありません。最近ではノアや大日本プロレスが年に1、2回ほど試合を行うくらいです。

東京で、プロレスのできる会場としてはレアな部類。もし、観戦機会があるならば、一度は行ってみてはいかがでしょう。

クリックすると、他の会場特集に移動します


↓クリックして応援↓

↑クリックして応援↑

スポンサーリンク

記事の拡散にご協力ください

フォローすると、更新情報が届きます