【試合結果なし】新日本プロレスのロサンゼルス大会を実況するよ

記事の拡散にご協力ください

新日本プロレスのロサンゼルス大会を、結果を言わずに実況するよ


新日本プロレス、アメリカのロサンゼルスで行った「STRONG STYLE EVOLVED」。

気になるけど、家に帰るまで、結果は知りたくないという人のために、試合結果を言わずに、何があったかだけを紹介します。

スポンサーリンク

ロサンゼルス大会

第一試合から順番に紹介します。

第1試合

SHO、YOH、ロッキー・ロメロ
vs
スコーピオ・スカイ、フランキー・カザリアン、クリストファー・ダニエルズ

記念すべきオープニングマッチです。

ロッキー・ロメロ選手の「泣かすぞ、コノヤロー!」は出ませんでした。

アメリカで逆輸入の日本語アピールは出ないのね。

第2試合

デビッド・フィンレー、ジュース・ロビンソン
vs
外道、後藤洋央紀

ジュース・ロビンソン選手のアメリカ流パフォーマンスが溶け込んでいました。後はとくになし。

第3試合

チャッキーT、矢野通
vs
デイビーボーイ・スミスJr.、ランス・アーチャー

デカイKESは分かりやすい。

アーチャー選手の入場水拭きパフォーマンスはアメリカでもやっていました。

第4試合

タンガ・ロア、タマ・トンガ
vs
マーティー・スカル、Cody

観客はタンガ&タマのGODを支持。

試合前、Cody選手は観客にアピールするも大ブーイング。逆にマーティー・スカル選手は大声援。

何度か交互にアピールを行うが結果は同じ。

試合中、マーティー・スカル選手が、GODと共闘する素振りを見せますが、目立ったアクションは起こらず終わります。

第5試合

ドラゴン・リー、田口隆祐、KUSHIDA、棚橋弘至
vs
高橋ヒロム、BUSHI、SANADA、内藤哲也

アメリカでも内藤哲也選手への声援が凄い。

日本のカリスマは、世界でもカリスマらしいです。

田口ジャパンは監督戦法全開で闘います。

棚橋弘至選手、ちょっと元気ないかな。

今頃、内藤哲也選手は記者に「聞こえた?俺への声援??」みたいなことを言ってそうです。

第6試合

獣神サンダー。ライガー
vs
ウィル・オスプレイ

試合前に、レイ・ミステリオJr.選手が来場。そのままリングサイド席に座り観戦します。

試合は好勝負。

オスプレイ選手が619(ミステリオ選手の得意技)を出しますが、さすがに不発でした。

第7試合

石井智宏、オカダ・カズチカ
vs
ザック・セイバーJr.、鈴木みのる

鈴木みのる選手の入場曲「風になれ~♪」をアメリカの観客も大合唱。

先発は、両国国技館でIWGPヘビー級を闘う、ザック選手とオカダ選手です。

オカダ選手は、鈴木軍のボス・鈴木選手とザック選手の両方を意識して戦っています。

ザック選手は強烈にオカダ選手を意識しますが、観客はケイオス推しです。

第8試合USヘビー級

ジェイ・ホワイト
vs
ハングマン・ペイジ

この試合から海野レフェリーが担当。入場時の海野さんにタッチを求める観客おもしろい。

ペイジ選手の「日本で活躍するなら、USのベルトは必要ないだろ!」は正論ですね。

ジェイ選手は、内藤選手や鈴木選手のような大歓迎ムードはないようです。

ジェイのエプロンでのジャーマン、場外へのバックドロップ。ペイジのコーナートップから落とすやつ。

気負っているのは分かるけど、危険な技が多い。ちょっと見てて嫌な感じです。

終盤まで単発な技が続いて試合が終わります。

試合後にフィンレー選手が現れ、US王座へ挑戦表明をしました。

第9試合

飯伏幸太、ケニー・オメガ
vs
ヤングバックス

ヤングバックスとゴールデン☆ラヴァーズにギクシャクしたものはないけど、ケニー選手が発した「最高のタッグはG☆L」という言葉に反応したのが、ヤングバックス。

痛めているマットの腰を狙う飯伏をケニーが止めるが、そんな優しさはいらないとばかりにマットが怒ります。

逆にマットがケニーにテーブルを使って攻撃を加えようとしますが、ニックが止めます。

微妙な人間関係が透けて見える序盤です。

中盤は連携技で勝るヤングバックスが試合を優位に進めます。

G☆Lの連携、ゴールデンシャワーはヤングバックスが先に仕掛けますが未遂。返す刀でG☆Lも狙いましたが、コレも不発に終わりました。

机を使った危険技が出始め、終盤に入ります。

終盤の鍵を握るのは、ケニーとマットの「10年来の親友」という言葉。

見てて泣けます。

ロサンゼルス大会まとめ

全体を通して、マイクパフォーマンスが日本よりも多めです。

とくに外国人選手が長時間話すのがロス大会の印象でした。

試合結果はコチラから→新日本プロレス公式サイト

↓クリックして応援↓

↑クリックして応援↑

スポンサーリンク

記事の拡散にご協力ください

フォローすると、更新情報が届きます