ザック・セイバーJr.!ニュージャパン・カップで出したコメントを振り返る!

記事の拡散にご協力ください

ザック・セイバーJr.!ニュージャパン・カップで出したコメントを振り返る!
sponsor linkSponsor Link

新日本プロレス、ニュージャパン・カップ。ザック・セイバーJr.選手の勢いが止まりません。

開幕時点はダークホース枠ながら、一回戦で内藤哲也選手、二回戦で飯伏幸太選手、準決勝でSANADA選手と、そして、決勝で棚橋弘至選手を破り、優勝を決めました。

ザック・セイバーJr.【新日本プロレス】が強くなった理由を考える
ザック・セイバーJr.【新日本プロレス】が強くなった理由を考える
ニュージャパン・カップ一回戦で、内藤哲也に完封勝利!なぜ、ザック・セイバーJr.は、ここまで強くなったのでしょうか?理由を考えます。

快進撃を続ける、ザック・セイバーJr.選手のコメントを探ってみます。

スポンサーリンク

ザック・セイバーJr.のコメントを探る

これまで、戦ったのは8試合。順番に探ってみましょう。

3月9日(金)後楽園ホール(東京)

ザック・セイバーJr.

ザック「みんな、いい試合だったな! (※手に持った2本のベルトを掲げ)ベルトを持って帰ってきたよ。でも、俺が本当にほしいのはIWGPヘビー級のベルトなんだ。NEW JAPAN CUPも3人で盛り上げようぜ。TAKA、ありがとう。TAKAは自分のことをアゲてくれるんだ。DJ TAKAとして、俺に代わっていろいろしゃべってくれる。もし俺が1回戦で内藤に勝つことができたら、アイツの帽子を取り上げて、その中にションベンして東京湾に投げ捨ててやるよ! ま、冗談だけどさ(笑)」

引用 新日本プロレス

ザック選手、久しぶりの新日本プロレス参戦で良い仕事をしました。

公式戦はなく、6人タッグでの登場でしたが、変形STFでロスインゴのBUSHI選手からフォールを取りました。

そしてニュージャパン・カップ開幕前にもかかわらず、早くもIWGPヘビー級を狙う宣言まで繰り出しています。

ただし、一回戦の対戦相手、内藤哲也選手に対して「勝つことができたら」と仮定形で話します。

まぁこの時点では、すさまじいサブミッションアーティストっぷりを観客に見せきれてないですからね。控えめです。

最後はこれまでの優等生イメージを覆し、小粋なアメリカンジョークでコメントを終わらせます。

あっ、イギリス人だったっけ。

3月10日(土)愛知県体育館

ザック・セイバーJr.

ザック「(※TAKAと入れ替わりにインタビュースペースへやって来て)TAKAが言ってた通りだ。だけど、俺には『NEW JAPAN CUP』のトーナメントのシステムで、どうも納得いかないことがある。ほかのチャンピオンは参加していないよな? トーナメントの行方を見てるだけだ。だけど俺は参加している。俺はブリティッシュ・ヘビー級チャンピオンなのにな。それに、ほかにもふたつのベルト(EVOLVE世界王座、WCPWインターネット王座)を持っている。それでも『NEW JAPAN CUP』優勝の栄冠を手に入れたい。そして(IWGP)ヘビー級(王座)だ」

引用 新日本プロレス

いきなり怒りをぶちまけます。

IWGPヘビー、インターコンチ、US、NEVERの王者は出てないのに、3本のベルトを持っている俺はなんでニュージャパン・カップに出場しないといけないんだと……。

ハッキリ言います。誰が優勝しても、ザックさんの持つベルトの挑戦する可能性は低いからです。

まぁこの辺は、チャンピオンとしての参加を希望しながら、昨年のトーナメントに出なかった内藤哲也選手へのアンチテーゼなのかもしれません。

さらには、ニュージャパン・カップの栄冠を手に入れたいと、嬉しいことを言っちゃってます。

ここも、昨年「王者が出ないトーナメント」とディスりまくっていた内藤哲也選手へのアレですかね。

分かりにくいですが、ザック選手なりに一回戦の内藤哲也戦を盛り上げているようです。

3月11日(日)ベイコム総合体育館(尼崎市)

ザック・セイバーJr.ザック「オイ、ナイトー、これでもトランキーロでいられるか? これで初戦突破。まだまだ行くぞ。最後はナパーム弾(※フィニッシュ技のネーミングから表現)で仕留めてやった。でも、1回戦が終わっただけだ。この勝利に浸ってられるのは2、3日だけ。オイ、イブシ、次はお前だ。確かにお前は最高のレスラーさ。まるでイルカが所狭しと泳いでいるような感じだ。『G1(CLIMAX)』以来の対戦だな。俺は人間だ。お前と同じスタイルでは闘わない。ハンドマイクの前で歌うには、動き回ることはできないだろ。“研究所”での成果を見せてもらおうかな。2、3種類の関節技だけで、お前の動きは封じられる。(※隣にいるTAKAに)あとはしゃべってくれ」

引用 新日本プロレス

優勝候補の一角、内藤哲也選手に完封勝利を決めた直後のコメントです。

「トランキーロでいられるか?」

いや、いられるはずがありません。ザックさんのキャラから言うと、勝って無言で立ち去るというのもありですが、それでも、これだけ気の利いたことを言えるところが素晴らしい。

ただし、勝利の余韻に浸るのは2、3日だけ。二回戦の飯伏戦が4日後だってのを把握して余裕コメントです。

最後は叙情的な表現をつかいながら、飯伏選手に、「研究所の成果を見せてくれ」と挑発。

そういや飯伏選手て、飯伏プロレス研究所所属でしたね、ファンの私も忘れていましたよ。

対戦相手への研究を怠らないところが、ザック選手の強さの秘訣です。

3月12日(月)高松市総合体育館・第1競技場

ザック・セイバーJr.ザック「(※一足遅れてインタビュースペースにやって来て)大丈夫か? クソッ。まあ、2日続けての勝利とはいかなかったな。今日はお前(内藤)に花を持たせてやるよ。俺が獲られたわけじゃないしな。まあ、1対1ということで。昨夜は祝杯をあげてもいいほどの勝利だったからね。まだ、体がほてっているよ。そのままの状態でリングに上がってしまったかな。ちょっと、いつもと違う感じだった。ちょっとだけ熱くなってしまったね。でも、これよりさらに熱くなれる時が、もうすぐ来るさ。そう、『NEW JAPAN CUP』を制した時にね。BUSHIのマスクを剥ぎ取ったぐらいじゃ、感じられないような熱さをね。まあ、BUSHIのマスク程度じゃ、剥ぎ取ってもすぐにニュージャパン・オフィスに送り返すよ。マジで……」

引用 新日本プロレス

この日は、TAKAみちのく選手が破れ負けてしまいます。

最初は「大丈夫か?」なんて気遣うそぶりを見せますが、すぐに「俺が獲られたわけじゃない」なんて、冷たく見放します。

昨日「余韻に浸るのは2、3日」なんて素っ気ないこと言ってたのに、体がほてるほどの祝杯をあげていたことをカミングアウトしました。

昨日の会場・尼崎から、今日の高松までって、車で3時間以上かかるじゃん。

それなのに酒飲んでそのままの状態でリングにあがるって、そりゃ負けるわ……。

内藤哲也選手の帽子は、小便して東京湾に投げ捨てるのに、BUSHI選手のマスクは、剥ぎ取ってもすぐに新日本プロレスのオフィスに送り返すそうです。

エンセリオ、マジで。

3月14日(水)ふじさんめっせ(富士市)

ザック・セイバーJr.

ザック「どんな手でこようとも、オレの首と心を折ることはできない。オレは闘いながら、彼の手の内を探ってきた。やられても相手の出方をうかがってきた。だから、今日の結果なんか関係ない。イブシ、コーラクエンで待ってるぞ。そんなに奥の手を出す必要はないだろう。頭を使った闘いをすれば、お前は攻略できる。まあ、お前はいろいろと試してきな。それを跳ね返して、俺が勝ち進むから。お前の動きを止めさえすれば、どうってことない。お前の動きはただ動きであって、プロレスじゃない。何なら、どんどん動けばいい。ムーンサルトも狙ってこいよ。オレにつかまらないように、動き続けろ。つかまえさえすれば、お前のどの個所であっても関係なく、骨を折ってしまうだけだ」

引用 新日本プロレス

めちゃくちゃ上から目線のコメントです。だけど誇張感は感じられません。

この時点で、ザック選手の強さは十分に理解できていたからです。

たぶん、うすうすと、飯伏戦の結果を予想していました。

開幕から一週間も経っていないのにね。

3月15日(木)後楽園ホール(東京)

ザック・セイバーJr.

ザック「いやぁ、大変だったよ。イブシはいつの間にあんなにデカくなったんだ!? 彼のキックは今まで受けた中で一番ハードだったよ。『NEW JAPAN CUP』2回戦、イブシは強かったし、すごくパワーもあった。でも彼が英国ヘビー級王者に挑むというのは素晴らしくもあり、愚かでもあったと思うよ。でもまぁ、素晴らしいレスリングを見せてくれたと思う。どうやら、日本では俺は“ダークホース”と言われてるらしいじゃないか。ダークホースっていうのは、勝つと思われてない選手って意味だろう? でも、しっかり部屋のカーテンと窓を開けて、外の世界を見てみるといいよ。どこの世界でも、ダークホースが最終的に勝利するに決まってるんだよ。このトーナメントは俺のモノだ。あぁー、アイシングしてくるから、後はタカ、よろしく」

引用 新日本プロレス

ニュージャパン・カップ二回戦で見事に飯伏選手から勝ちました。

ザック選手がダークホースから、優勝候補になった瞬間です。

一見、負けた飯伏選手を称える素振りながら、逆説的に自分の強さを誇示しています。

飯伏選手はデカくなった、キックがハードだった、強かったしパワーもあった。

だけど勝ったのはザック選手です。

言いたいこと言ったら、さっさとアイシングに行っちゃいます。

3月16日(金)後楽園ホール(東京)

ザック・セイバーJr.

ザック「何度も言ってると思うけど、TAKAを過剰に攻撃しないでほしい。『タカを壊さないでほしい』って何度言ったらわかるんだ。俺にはTAKAが必要だし、大切なんだ。そして、SANADA!イケメンさんでそれはそれでいいことだ。サブミッションもいい動きをするんだな。危険な相手かもしれないけど、自分にとっては関係ない」

引用 新日本プロレス

パートナーのTAKAみちのく選手が負けてしまったこともあり、この日のコメントは短めです。

「タカを壊さないでほしい」何度言ったら分かるんだって、そんなこと言ってたんだ。

ここで、次の対戦相手のSANADA選手に目を向けます。

イケメンで危険な相手だけど、関係ない。ちょっとだけBLみたいなコメントで締めくくりました。

3月18日(日)アクトシティ浜松

ザック・セイバーJr.

ザック「TAKA、サンキュー!SANADA、クソ!パラダイスロックかよ!いい度胸だな。俺はイングランドのサブミッションマスターだぞ。7822のサブミッションホールドを持つ男にパラダイスロックとはいい度胸だ。そして、次はレジェンドのタナハシ。タナハシ、お前はレジェンドだ。レジェンドは死ぬことになっている。今のお前を形作っているのはヘアスプレーとテーピングだけだ。お前は終わっている。『NEW JAPAN CUP』は俺の物だ。そして、IWGPヘビー級のベルトも俺の物だ」

引用 新日本プロレス

SANADA選手を完封です!

それも驚きましたが、もっと驚いたのが、その後の「7822のサブミッションホールドを持つ男」というセリフです!

なにがって驚いたって?2017年8月のG1クライマックス真壁戦で、ザック選手は「俺は1000ある関節技のうちの1つを披露しただけだ」と言いました。

【新日G1】ザックが得意の関節技で真壁退治/東京スポーツ

わずか半年で7822にサブミッションの数を増やしたんだから驚きます。

というか、サブミッションホールドって、そんなに数あるのか?

決勝で戦う棚橋弘至選手に、言いたい放題言ってますけど、まるで頭に入りません。

それだけ7822のサブミッションホールドのインパクトがデカイです。

3月21日(水)新潟・アオーレ長岡

ザック・セイバーJr.

ザック「TAKA、この『NEW JAPAN CUP』中、ずっと支えてれて、ありがとう。いま、俺たちを誰も止められない。初めての『NEW JAPAN CUP』参戦し、最後まで俺の流れを止めることなく闘えた。エースのタナハシをフィニッシュした。フィニッシュとは言葉通り終わったということだ。そして、新しいエースがオカダだとしたら、この英国のヘビー級チャンピオンを止められるだろうか? もう長いことエースとして頑張っているかもしれないが、次のエースは俺の番だ」

ザック「(※テーブルに置かれたブールを手に取り)このビールぬるいな。『NEW JAPAN CUP』を優勝した俺に対して、ぬるいビールで祝福とはどういうことだ!?(※持っていたビールを投げ捨てる)いま、俺はチャンピオンになったのだから、俺から変化をつけていかないといけないようだな。まずは冷たいビールからだな」

引用 新日本プロレス

「恐れ入りました」というしかないくらいに、ザック選手が圧倒的な強さでニュージャパン・カップ優勝を決めました。

戦った相手が、内藤哲也選手、飯伏幸太選手、SANADA選手、棚橋弘至選手と、今の新日本プロレスプロレスを代表する選手ばかりです。

かなりの大口を叩いていますが、納得するしかないくらいです。

ザック・セイバーJr.の結果は?

ハッキリ言って、ニュージャパン・カップ開幕前は、ザック選手が優勝するなんて思ってもいませんでした。

今現在、両国でザック選手がIWGPヘビー級王座を巻く姿は想像できません。

だけど、当日を迎える頃には、それもどうなっていることか……、オカダ・カズチカ選手のV11に、黄信号が灯っているような気がします。

ザック・セイバーJr.【新日本プロレス】が強くなった理由を考える
ザック・セイバーJr.【新日本プロレス】が強くなった理由を考える
ニュージャパン・カップ一回戦で、内藤哲也に完封勝利!なぜ、ザック・セイバーJr.は、ここまで強くなったのでしょうか?理由を考えます。

↓クリックして応援↓

↑クリックして応援↑

スポンサーリンク

記事の拡散にご協力ください

フォローすると、更新情報が届きます