最初に見てほしい10の記事


ロス・インゴベルナブレスが解散?内藤哲也の外向型アピールの不安!

ロス・インゴベルナブレスが解散?内藤哲也の外向型アピールの不安!

「思ってることは口にしないと、誰にも何も伝わらないから。」

これは、新日本プロレスの内藤哲也選手が、よく使う言葉です。

言っていることは正論ですが、どうも気になります。

もしかすると、この言葉が原因で、「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが解散してしまうのでは?」とさえ思います。

スポンサーリンク

外向型人間と内向型人間

世の中には、外向型的な性格の人間と、内向型的な性格の人間がいます。

外向型人間は、人と接するのが得意で、常に刺激を求めるのが特徴。彼らは太陽や灯台のように、自らが輝くことで周囲を明るく照らします。

対して、内向型人間は、自分の時間を大切にし、一つのことに集中するのが特徴。彼らはカンテラのように、自分の中に光を灯し内部を明るく照らします。

このことは、以前に書いたブログに詳しく書いていますので、読んでみてください。

究極の内向型人間、内藤哲也が新日本プロレスで人気を得た理由!
人間は2つのタイプに分けられます。外向型の人間と内向型の人間です。新日本プロレスでいえば、棚橋弘至が前者で内藤哲也が後者です。

例えば、何か疑問に思うことがあったとき、外向型人間はすぐに周囲の人間に相談し、解決しようとしますが、内向型人間はそうではありません。

疑問に思うことがあったら、まず情報を吸収しじっくり考えようとします。そして、自分の意見をある程度まとまるまで、周囲の人間に問いかけはしないのです。

ときにこの行動は、外向型人間をイライラさせることがあります。

なぜなら、外向型人間には、出し惜しみをしているという印象を与えるからです。「なぜ、分からないことは周りに聞かないんだ?」と迫ることもあるでしょう。

でも、内向型人間が問いかけないのは、問いかける前に自分の意見を確立しておきたいというのが大きな理由。

その過程で、「なぜ聞かない?」と迫られたとしても、内向型人間には「考える邪魔をされた」と感じてしまうのです。

スポンサーリンク

内向型人間から外向型人間へ

さて、冒頭の「思ってることは口にしないと、誰にも何も伝わらないから。」という言葉ですが、これは明らかに外向型人間の言葉です。

私は、先のブログで、内藤哲也選手は究極の内向型人間としましたが、実はそうではないのかもしれません。

内藤哲也選手は制御不能となったことで、多くのことを経験してきました。

IWGPヘビー級王座の戴冠、毎日のように任されるメインイベントの座、試合を締めるマイクアピールなどなど。

こういった刺激が、内向型人間であった内藤哲也選手を、徐々に外向型人間へと変化させていったのではないでしょうか。

「思ってることは口にしないと、誰にも何も伝わらないから。」という言葉を言いだしたのは、2017年8月のG1クライマックスのころ。

内藤哲也選手が制御不能となり、ちょうど2年が経ったころです。

2年の年月が、内藤哲也選手の性格を、徐々に外向型人間へと変えたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

行動した内向型人間

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの他のメンバーも見てみましょう。

内藤哲也選手と同じくヘビー級を戦う、EVIL選手とSANADA選手です。

私が思うに、2人は間違いなく内向型人間です。

もしかすると、以前の内藤哲也選手以上の内向型人間かもしれません。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは、結成以来、常に内藤哲也選手を中心とする、一枚岩のユニットでした。

しかし、2017年の夏ごろから、徐々に変化が訪れてきます。

G1クライマックスでは、EVIL選手が主張を始め、翌2018年にはSANADA選手も主張を始めました。

2人とも、IWGPヘビー級王座のタイトルマッチに挑戦し、王者をあと一歩まで追い込みます。

もし、どちらかがタイトルを獲っていれば、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの序列関係に大きなヒビが入っていたかもしれません。

それでも2人は、行動したのです。

スポンサーリンク

内向型人間の中の外向型人間

この行動を起こしたは、内藤哲也選手が、外向型人間へと変化したのと同じタイミングです。

これって、冒頭の「思ってることは口にしないと、誰にも何も伝わらないから。」が出たあたりですよね。

つまり、2人が行動を起こしたのは、内藤哲也選手が内向型人間から外向型人間に変化したころです。

一般的に、外向型人間と内向型人間は、互いの性質を誤解し合うことが多いです。

外向型人間が、内向型人間を萎縮させたり、その逆も然り……。

追い詰められた、内向型人間はひそかに反発する機会を待っているとも言いますが……。

 

内藤哲也選手の外向型的なパフォーマンスが、一枚岩のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに、亀裂を生じさせないことを祈ります。

内藤哲也【新日本プロレス】のロス・インゴベルナブレスとは?
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン。プロレスを知らなくても、この名前は聞いたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか?だけど、あまり詳しく知らない…。そんなあなたのために、今回は「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました