最初に見てほしい10の記事

100枚の写真で振り返る【新日本プロレス】イッテンヨン東京ドーム

スポンサーリンク

新日本プロレス東京ドーム大会を写真で振り返る

めちゃくちゃおもしろい!!!!!

毎年恒例のイッテンヨン(1月4日)新日本プロレス東京ドーム大会。

新日本プロレスの一人勝ちによるプロレスブームと言いますが、そりゃ「言いますわ」って感じの東京ドーム大会でした。

おもしろすぎて、試合中に写真を撮りまくり!今日はその中から100枚の写真とともに、新日本プロレスの東京ドーム大会を振り返ります。

スポンサーリンク

東京ドーム大会を振り返る!

結果を含むネタバレを多数掲載しています。また、今回に限り敬称略としています。

1分時間差バトルロイヤル

第0試合は、21人参加の時間差バトルロイヤルです。

1分ごとにテーマ曲が鳴り、選手が一人ずつ入場してきます。観客はテーマ曲が鳴るまで誰が出てくるか分かりません。

出場した選手は、次のとおりでした。

1:デリリアス、2:BUSHI、3:レオ・トンガ、4:中西学、5:永田裕志、6:北村克哉、7:チェーズ・オーエンズ、8:獣神サンダー・ライガー、9:エル・デスペラード、10:タイガーマスク、11:TAKAみちのく、12:金丸義信、13:ジノ・ガンビーノ、14:トーア・ヘナーレ、15:YOSHI-HASHI、16:デビッド・フィンレー、17:高橋裕二郎、18:小島聡、19:天山広吉、20:チーズバーガー、21:垣原賢人

今年のロイヤルランボーは、東京ドーム大会ならではの偉大なるレジェンド枠の出場はなし。言い換えると、第三世代、ライガーがレジェンド枠に足を踏み入れてきたと言えるでしょうか。

サプライズは、闘病生活を送っている垣原賢人選手の登場です。

21人目に入場し、チーズバーガー選手にカウンターのカッキーカッターを決めてニュージャパンランボーを制覇しました。

新日本プロレス東京ドーム2018北村

新日本プロレス東京ドーム2018BUSHI

新日本プロレス東京ドーム2018ロイヤルランボー

新日本プロレス東京ドーム2018垣原賢人

新日本プロレス東京ドーム2018垣原賢人

松井珠理奈さん(SKE48)の開会宣言

1.4東京ドームのスペシャルアンバサダーを務めるSKE48の松井珠理奈さんがリングに登場。

「みんなでプロレス!イッテンヨン!」のキャッチフレーズを叫びます。

松井珠理奈さんは、昨年15回以上もプロレス観戦をしたそうです。満員の東京ドームですが、松井珠理奈さん以上にプロレスを観ている人はいないでしょう。

松井珠理奈さんがプロレスを好きになってくれて良かった。今年もよろしくお願いします。

新日本プロレス東京ドーム2018松井珠理奈

新日本プロレス東京ドーム2018松井珠理奈

IWGPジュニアタッグ選手権試合

第54代王者のSHO&YOHにニック・ジャクソン、マット・ジャクソンが挑戦します。

王者はSHO&YOHではありますが、試合をリードしていたのはヤングバックスの方。最後はニックがYOHにシャープシューターを決め、王者奪取です。

ヤングバックスが、7度目のIWGPジュニアタッグ戴冠です。

新日本プロレス東京ドーム2018ヤングバックス

新日本プロレス東京ドーム2018ロッポンギ3KES

新日本プロレス東京ドーム2018ヤングバックス

新日本プロレス東京ドーム2018ヤングバックス

NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

5チームの6人ガントレットタッグマッチです。

最初3人と3人が戦って、負けたほうが抜けて次のチームが入ってきます。つまり6人タッグマッチが4試合連続で行われたことになります。

とにかく長かった。

試合時間は、全部合わせても17分ちょっとですが、普通に試合して終わったらまた普通に試合してって感じ。

5チームが同時に戦う、イリミネーションマッチでも良かったんじゃないかな。

バレッタ、矢野通、石井智宏チームが王者組を抑えて、新王者誕生です。

新日本プロレス東京ドーム2018鈴木軍

新日本プロレス東京ドーム2018エルガン

新日本プロレス東京ドーム2018矢野通

新日本プロレス東京ドーム2018真壁刀義

新日本プロレス東京ドーム2018タマ・トンガ

新日本プロレス東京ドーム大会を写真で振り返る

【niconico】月額540円でプレミアム会員登録!

スペシャルシングルマッチ

Codyの試合運びが上手い!もちろん飯伏幸太だって上手い。だから自然とおもしろくなりました。

飯伏幸太が、封印していたフェニックス・スプラッシュを3年ぶりに出して、Codyから3カウントをとりました。

新日本プロレス東京ドーム2018cody入場

新日本プロレス東京ドーム2018飯伏幸太入場

新日本プロレス東京ドーム2018Cody飯伏幸太

新日本プロレス東京ドーム2018飯伏幸太三角飛び

新日本プロレス東京ドーム2018飯伏幸太

新日本プロレス東京ドーム2018Cody

新日本プロレス東京ドーム2018飯伏幸太

IWGPタッグ選手権試合

ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.(K.E.S)の王者チームに、WORLD TAG LEAGUE 2017優勝のEVIL&SANADAが挑みます。

身長差20センチ以上と、体格で上回る(K.E.S)が序盤から圧倒します。

しかし、最後は同士討ちを誘い、SANADAがラウンディング・ボディプレスをスミスに決めてフォール。優勝チームがIWGPタッグ王者になりました。

見た目も試合も説得力も圧倒的に、K.E.Sのほうが上。しばらくK.E.Sにベルトを持たせてほしかったというのが正直な感想。

新王者のSANADA&EVILには、新日本プロレス昔からの宿題である「タッグ王者の地位向上」を目指してほしいです。

新日本プロレス東京ドーム2018EVIL

新日本プロレス東京ドーム2018EVIL

新日本プロレス東京ドーム2018K.E.S入場

新日本プロレス東京ドーム2018ランス・アーチャー

新日本プロレス東京ドーム2018デイビーボーイ・スミスJr.新日本プロレス東京ドーム2018SANADA

新日本プロレス東京ドーム2018EVILとSANADA

NEVER無差別級選手権試合

王者・鈴木みのるに後藤洋央紀が挑みます。

この試合はNEVERのベルトだけでなく、負けたほうがリングで髪を切るという条件も追加。さらに乱入防止のためセコンドをリングに近寄らせないノーセコンドデスマッチで行われました。

というような試合形式ですが、注目すべきは東京ドームで後藤洋央紀がどれほど観客を沸かせるかがポイント。

結果からいうと、後藤洋央紀が新王者となるものの湧いたかというとそうでもない。

負けて、潔く自分から髪の毛を切った鈴木みのるが株を上げたという結果になりました。

新日本プロレス東京ドーム2018後藤洋央紀

新日本プロレス東京ドーム2018鈴木みのる

新日本プロレス東京ドーム2018鈴木みのる

新日本プロレス東京ドーム2018後藤洋央紀

新日本プロレス東京ドーム2018後藤洋央紀GTS

新日本プロレス東京ドーム2018鈴木みのる髪切り

新日本プロレス東京ドーム2018鈴木みのる

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

王者・マーティー・スカルに、前王者ウィル・オスプレイ、前々KUSHIDA、前々々高橋ヒロムが4WAYマッチで挑みます。

新日本プロレスで4WAYマッチというと、ドタバタ試合になりがちですが、この4人に限っては心配なし。試合が始まるから圧倒的な信頼感が頼もしい。

実際に、それぞれの個性が調和された見事な試合が展開されました。

序盤から大技で沸かせたウィル・オスプレイが、王者のマーティー・スカルから直接フォールをとり、王者に返り咲き。

新日本プロレスのジュニアは、かなり高いレベルで完成されています。

新日本プロレス東京ドーム2018高橋ヒロム

新日本プロレス東京ドーム2018KUSHIDA

新日本プロレス東京ドーム2018ウィル・オスプレイ

新日本プロレス東京ドーム2018マーティー・スカル

新日本プロレス東京ドーム2018KUSHIDA

新日本プロレス東京ドーム2018マーティー・スカル

新日本プロレス東京ドーム2018KUSHIDA

新日本プロレス東京ドーム2018ウィル・オスプレイ

新日本プロレス東京ドーム2018ウィル・オスプレイ

【niconico】月額540円でプレミアム会員登録!

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

王者・棚橋弘至に、スイッチブレードとなって帰ってきたジェイ・ホワイトが挑戦。

正直にいうと、この試合は凡戦。でもそれは仕方ないと思います。

東京ドームという舞台で経験を積めたのは、ジェイ・ホワイトにとって間違いなく糧となるはずです。

再戦に期待。

新日本プロレス東京ドーム2018ジェイ・ホワイト

新日本プロレス東京ドーム2018棚橋弘至

新日本プロレス東京ドーム2018ジェイ・ホワイト

新日本プロレス東京ドーム2018棚橋弘至

新日本プロレス東京ドーム2018棚橋弘至

新日本プロレス東京ドーム大会を写真で振り返る

新日本プロレス東京ドーム2018棚橋弘至

IWGP USヘビー級選手権試合

初代王者・ケニー・オメガに超大物・クリス・ジェリコが挑みます。

試合前から期待値がめちゃくちゃ高かった試合。アナウンスされただけで東京ドームが盛り上がり、選手が出てきただけで大盛り上がり。

試合がスイングするか心配でしたが、そんな心配はまったく必要なし。

試合スタイルはだいぶ違うのに、なんで噛み合うのかが不思議。

観客は、クリス・ジェリコに敬意を持ってブーイングをする中、ケニー・オメガが何度めかの片翼の天使を決めて、IWGP US王者を防衛しました。

クリス・ジェリコは間違いなくスーパースターですし、ケニー・オメガもスーパースターです。

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018クリス・ジェリコ(Chris Jericho)

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

新日本プロレス東京ドーム2018ケニー・オメガ Kenny Omega

【niconico】月額540円でプレミアム会員登録!

IWGPヘビー級選手権試合

王者・オカダ・カズチカとG1覇者・内藤哲也の試合。

34分26秒

この試合時間がめちゃくちゃ短く感じられる名勝負でした。

あの雰囲気の中でプロレスを観られる幸せが嬉しい。

2018年にこれから行われるプロレスの試合は、すべてこの試合と比べられることになります。大変だ。

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018内藤哲也

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ

新日本プロレス東京ドーム2018オカダ・カズチカ入場

スポンサーリンク

東京ドームまとめ

改めて書きましたが「めちゃくちゃおもしろい!!!!!」

これが正直な感想です。

東京ドームってリングまで遠かったり、興行時間が長かったりマイナス要素はありますが、それを差し引いたとしても最高の興行です。

プロレス界全体が盛り上がっているけど、その中でも新日本プロレスの盛り上がりは突出してました。

やっぱりプロレスはおもしろい。
新日本プロレスのチケットはコチラから購入できます