「紫雷イオ逸女でしょ!」がおもしろい

記事の拡散にご協力ください

「紫雷イオ逸女でしょ!」がおもしろい
スポンサーリンクSponsor Link

女子プロレス大賞三年連続受賞の、紫雷イオ選手。

2017年は、まさに逸女と呼ぶに相応しい活躍でした。

しかし、彼女が逸女なのはプロレスだけではありません。

文章を書いても逸女なのです。

今回は、週刊プロレスに連載中の「紫雷イオの逸女でしょ!」を紹介します。

スポンサーリンク

紫雷イオの逸女でしょ!

「紫雷イオの逸女でしょ!」は、毎回一つのテーマが与えられ、紫雷イオ選手が、自身の経験を交え答えるスタイルです。

ここでは「テーマ」と「答えの解説」。そしてイオ選手の結論を紹介します。

本来であれば全テーマを取り上げたいのですが、直近12回に限定して取り上げます。

見出しのタイトル、結論は全て週刊プロレス「紫雷イオの逸女でしょ!」からの引用です(週刊プロレス リンク)。

増え続けるダブルヘッダーに対するイオの意見

興行が集中しやむなく増えてくる、ダブルヘッダーについて紫雷イオ選手の見解です。イオ選手は基本的にダブルヘッダーに対しては否定的。その理由とは?また、複数の団体に上がり、キャラクターを使い分けることについての理論も紹介します。

イオの結論!

  • 体は元気でも脳みそがついていかないこともある
  • この団体ではベビー、この団体ではヒール。使い分けを求められて

女子プロレスラーの掛け声

女子プロレスでよく見られるのが試合中に、コノヤロー、バカヤローと声をだすこと。これは男のプロレスにはない特徴です。なぜ声をだすのか?それはお客さんに気持ちを伝える、迫力を伝えるため。それと同時に、声をだすことで選手の闘争心をかき立てるという役割を持っているのです。

イオの結論!

  • なぜ女子選手は「コノヤロー」「バカヤロー」と言うのか?
  • 意外と試合で出すのが難しい闘争心「このヤロー」で引き出すことも…

女子プロレス団体ワンマン最良説

プロレス団体の経営者はワンマンがいいのか、そうでないほうがいいのか?紫雷イオ選手の所属するスターダムは、ロッシー小川社長がトップに立つワンマン経営。だから、女子プロレスでよくある派閥が生まれにくいのです。紫雷イオ選手が自身の経験を踏まえそれぞれの特長を紹介します。

イオの結論!

  • ワンマンでないと生まれやすい派閥「女社会は派閥ですぐに崩壊する」

体重事情

女子プロレスでは多くの場合が無差別級。なので厳密に自身の体重をきっちり管理する必要は他の格闘技に比べて薄いです。しかし、体重が増えすぎると動きが悪くなるし、減りすぎると当たりに弱くなります。女子はちょっとしたことで体重が増減しがち。紫雷イオ選手の体重管理方法とは?

イオの結論!

  • 増量しても試合に悪影響がないイオだが、顔に肉がついてしまい…
  • 試合、練習をしなければ痩せる?動かなければ空腹にもならない

雪崩式

ロープ上いる選手もろとも、キャンパスに飛び降りながら技を仕掛ける雪崩式技。今ではすっかりポピュラーになりました。実力が伯仲した試合で雪崩式が出やすい理由。危険ではないかという意見への声。さらには雪崩式技に対する複雑な思い紹介します。

イオの結論!

  • 雪崩式には夢がある。そう思う一方、プレイヤーとして難しさも感じる

試合中の水分補給

男子のプロレスに比べ、女子のプロレスは試合中に水を飲むことが多いです。これには女子プロレス独特の文化があります。しかし、紫雷イオ選手はある時から、試合中に水を飲むことを止めました。その理由とは?

イオの結論!

  • 男子選手は試合中に水を飲まないが、女子選手は試合中に堂々と飲む
  • 水で選手がクールダウンするように、観客の心もクールダウンしてしまう

技の練習

プロレスには難易度の高い技が多いです。空中技を中心とする紫雷イオ選手はその限り。試合で披露する前に、何回も練習を重ねて…と思いきや、実は試合でいきなり披露することが多いようです。紫雷イオ選手の逸女らしい合理的な理由とは?

イオの結論!

  • 飛び技を練習しない理由。習得に練習が必要な技は、練習自体が危険
  • 技はいくら練習しても完成しない。実戦を通して磨かれていく

プッシュ&チャンス

プロレスには「プッシュ」という言葉あります。団体が売り出したい選手にチャンスを与えることです。プッシュは、スターになるために必要ですが、必ずしもスターになれるとは限りません。むしろプッシュに重圧を感じ、伸び悩んでしまう選手もいるのです。紫雷イオ選手もかつて、強烈なプッシュを受けたことがありました。

イオの結論!

  • プッシュは一長一短。推された選手が結果を残せないと、空気が冷え切る
  • 「運だけじゃ人生は動かない」チャンスを得ても後が続かなければ…

他団体参戦

女子プロレスでは他団体の試合に参戦することが多いです。他団体に参戦する選手は、大きく分けて2つに分かれます。ひとつは求められるものを汲み取り戦うタイプと、いつもどおりに戦うタイプです。

イオの結論!

  • 他団体に出るときはカードを見て、求められたものを考えて”合わせる”

技を増やすレスラー、増やさないレスラー

無数に存在するプロレス技。紫雷イオ選手は試合で使う技をどのように選ぶのか?またフィニッシュホールドはどのように決めるのか?技を増やすレスラーと増やさないレスラーについて紹介します。

イオの結論!

  • 技は多ければ多いほどいいわけではない。切り札が少ないほうが1試合で出し切れる

技パクリ

プロレス界には「名前を変えただけの同じ技」や「名前も変えず同じ技」が溢れかえっています。とはいえ、今からまったくのオリジナル技を作り出すのは困難ではありません。人の技をパクること、盗むことについて見解を語ります。

イオの結論!

  • 世間的に「パクるイコール悪」だが、プロレス界にそれは当てはまらない

プロレスラーの価値

プロレスラーの価値とは何でしょう?実力があるっこと?パワーがあること?テクニックがあること?勝率が良いこと?紫雷イオ選手の考えるプロレスラーの価値はどれも違います。プロレスラーとしての価値を上げるため、紫雷イオ選手は努力を惜しみません。

イオの結論!

  • 「俺のほうが強いけど、お金は生まない」では、選手としての価値は低いと思う
  • 低い山の頂上にいる人より、高い山の中腹にいる人のほうが、高い位置にいる

紫雷イオの逸女でしょ!が読みたい

以上、抜粋ですが、紫雷イオの逸女でしょ!の一部を紹介しました。

見ての通り、プロレスに関するテーマばかり。そして紫雷イオ選手の答えも、さすが現役レスラーというものばかりです。

これを見て、読みたくなっていただければ嬉しいです。

けれど「紫雷イオの逸女でしょ!」は長寿連載のため、今から過去の週刊プロレスを手に入れて読むのは、ほぼ不可能。たぶん、古本屋さんに行ってもないんじゃないでしょう。

amazonで中古本を調べてみても、在庫があるのもあれば、ないのもあるような状態。

でも、そこは電子社会に生きる僕ら、amazonの電子書籍サービス「kindle(キンドル)」があります。

幸いなことに、週刊プロレスは電子書籍Kindleで配信されていて、パソコンやスマホがあればバックナンバーを読むことができます。

amazonで読みたいバックナンバーを探し、Kindleで購入すれば、すぐにだって読むことができます。

Kindleストアを見る

それだけではありません。

amazonにはkindle unlimitedというサービスが用意されており、登録すると月額980円で対象書籍が読み放題になります。

週刊プロレスは対象商品なので、kindle unlimitedで好きなだけ読み放題!

何冊読んでも、たったの月額980円で読み放題になります。

読み放題なのは週刊プロレスだけではありません。

同じく対象の「プロレスラースーパースター烈伝」や「プロレス烈風伝」「四角いジャングル」だって読み放題です。

月額980円といえば、新日本プロレスワールドの月額料金よりも19円安いです。980円を払うだけで、毎月、スマホ・パソコンで好きなだけプロレスを読めるのです。

さらに、今だけおトクなキャンペーン期間中!

初回に限り、kindle unlimitedが30日間無料で利用できます。

Kindle unlimitedを見る

上記のリンクをクリックすると、登録ページに飛びます。30日の無料体験を始めると書かれたのボタンをクリックするだけです。

登録はメチャクチャ簡単。簡単すぎて、ちょっと心配になるくらい簡単!

既にamazonのアカウントを持っている人であれば、5秒で終わるレベルです。

もし気に入らなかった場合は、30日以内にキャンセルすると月額料金はかかりません。

それまでに、どれだけ読んでようと何冊読んでようと関係ありません。月額料金を1円たりとも払う必要がないのです。

私の周りでも、何人かが無料体験をはじめましたが、ほとんどの人が継続して使っています。

12万冊以上の本、コミック、雑誌と120万冊以上の洋書が読み放題ですからね。

普通に週刊プロレスを一ヶ月買うと、毎月2000円以上です。

kindle unlimitedは月額980円なので、差額で新日本プロレスワールドだって加入できちゃいますよ。

Kindle unlimitedを見る

ぜひ、試してみてください。

↓クリックして応援↓

↑クリックして応援↑

スポンサーリンク

記事の拡散にご協力ください

フォローすると、更新情報が届きます