内藤哲也がG1優勝を決めた後、ロスインゴのメンバーがしたこととは?

記事の拡散にご協力ください

Sponsor Link

新日本プロレスのG1クライマックス2017特集号に、内藤哲也選手の「G1制御不能日記」が掲載されました。

これは、7月17日の開幕戦から8月13日の優勝決定戦まで、毎日日記を書いて、巡業中の様子を読者に知ってもらうという企画です。

もちろん私も、G1クライマックス特集号を勝ってきて読みましたが、これがもうメチャクチャおもしろいです。

なので、少しかいつまんで紹介してみましょう。

スポンサーリンク

内藤哲也のG制御不能日記

2017年のG1クライマックスは19大会の日程で開催されました。

なので、内藤哲也選手の日記もちょうど19日に渡って綴られています。

これを大きく2つに分けると次のとおりです。

  1. 自宅から通える会場の日
  2. 自宅から通えない会場の日

日記の内容は、自宅から通える日はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーを可能な限りピックアップして会場に向かう。そして試合が終われば、それぞれの自宅まで送り届けてから、ジムでで汗を流してから帰る。

そして、自宅から通えない日はホテルでギリギリまで寝てから出発し、途中で忘れ物に気づいて取りに帰り、少し遅れて会場に入る。

とまぁザッとこんな感じですかね。

もちろん、日によって多少違いはあることもあります。

メンバー全員をピックアップするところが、SANADA選手だけ外れているので行かなかったり、試合が終わった後にBUSHI選手がご馳走してくれたりですね。

忘れ物も取りに帰ったら見つかったり、見つからずメンバーの誰かに借りたりなんてこともあるようです。

優勝を決めた後、メンバーは?

2017年のG1クライマックスの優勝は、ご存知の通り内藤哲也選手でした。

優勝決定戦を決める試合の前に、内藤哲也選手は控室で何をしていたのか?

全試合終了後、お客様に感謝を伝える感動的なマイクで控室に戻った後、内藤哲也選手は何をしていたのか?

そして、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーは、何をしていたのか?

全て、G1クライマックス総決算号の内藤哲也選手の日記に書いています。

これだけでも買う価値がありますよ。

未読のかたは是非!!