飯伏・ケニー・棚橋。新日本プロレス東京ドームのカードを予想した結果…

記事の拡散にご協力ください

2018年、東京ドーム【新日本プロレス】メインのカードを予想する!
Sponsor Link

2017年、新日本プロレスG1クライマックスが、内藤哲也選手の優勝で幕を閉じました。

しかし、プロレスラーに休息はありません。

なぜなら、G1クライマックスの後は、翌年の東京ドーム大会に続く戦いが始まるからです。

G1クライマックスの覇者は、翌年の東京ドーム大会のメインイベントで、新日本プロレス最高峰のIWGPヘビー級王者に挑戦をするのが通例。

そして、G1クライマックス覇者、IWGPヘビー級王座は、それぞれリーグ戦で敗れた選手と防衛戦を行うのも通例。

つまり、新日本プロレスの下半期は、覇者と王者の防衛戦が中心となります。

今回は、新日本プロレスの下半期のカード、そしてそこから、新日本プロレス東京ドームでのカードを予想します。

スポンサーリンク

G1クライマックスを振り返る

2017年のG1クライマックスの結果を振り返ります。

G1クライマックスの主な出来事

まずは、G1クライマックス最終日で起こった主な出来事から見ていきましょう。

  1. 内藤哲也選手が、2回目のG1クライマックス制覇
  2. 決勝で敗れたケニー・オメガ選手が控室に戻ると、飯伏幸太選手が待っていた
  3. 急性硬膜下血腫で欠場中の柴田勝頼がリングで挨拶

タイトルホルダーが敗れた選手

次に、主なタイトルホルダー(IWGPヘビー、IWGPインターコンチネンタル、IWGP-US、NEVER差別級)のG1クライマックスリーグ戦での結果を見てみましょう。

前述の通りタイトルホルダーはリーグ戦で敗れた選手と防衛戦を行うのが通例。なので、現状の新日本プロレスで主なタイトル王者の4人に加え、G1クライマックス覇者の内藤哲也選手が敗れた選手を見ていきます。

内藤哲也(G1クライマックス覇者)

新日本プロレス内藤哲也

  • 石井智宏
  • バッドラック・ファレ

オカダ・カズチカ(IWGPヘビー級王者)

新日本プロレスオカダ・カズチカ

  • EVIL
  • 鈴木みのる(引き分け)
  • ケニー・オメガ

鈴木みのる(NEVER無差別級王者)

新日本プロレス鈴木みのる

  • マイケル・エルガン
  • 矢野通
  • ケニー・オメガ
  • EVIL

ケニー・オメガ(IWGP-US王者)

新日本プロレスケニー・オメガ

  • マイケル・エルガン
  • ジュース・ロビンソン

棚橋弘至(IWGPインターコンチネンタル王者)

新日本プロレス棚橋弘至

  • ザック・セイバーJr.
  • 飯伏幸太
  • 内藤哲也

以上、各タイトルホルダーがG1クライマックスリーグ戦で敗れた選手です。

タイトルホルダーの雪辱

各タイトルホルダーは、負けっぱなしでは終われません。下半期にかけて、リターンマッチを行います。

とはいえ、必ずしも全員と戦うことはありません。この辺は微妙なパワーバランスで、戦う選手、戦わない選手が采配をされることとなります。

今年はどうなのでしょうか?ざっと見ていきましょう。

内藤哲也(G1クライマックス覇者)

g1クライマックストロフィー

最初は、内藤哲也選手です。

G1クライマックス覇者とは言え、石井智宏選手とバッドラック・ファレ選手に破れています。

例年通りであれば、覇者が行う防衛戦は2回。まずこの2人を相手に防衛戦となるでしょう。

G1クライマックス翌日の「一夜明け会見」では、石井智宏選手戦を表明しました。直近で権利書をかけた防衛戦が行われるのは間違いありません。

オカダ・カズチカ(IWGPヘビー級王者)

IWGPヘビー級

次に、オカダ・カズチカ選手を見てみます。

オカダ・カズチカ選手は終盤まで全勝でしたが、EVIL選手に破れて失速。鈴木みのる選手と引き分け、ケニー・オメガ選手に破れ、決勝進出まで逃してしまいました。

雪辱する相手は、もちろんこの3人です。

まずはEVIL選手ですが、最終戦ではオカダ・カズチカ選手から激しく意識していたところを見ると、タイトルマッチが実現するのは間違いありません。早急に実現するでしょう。

ただし、後の2人は簡単に組めるカードではありません。なぜなら、鈴木みのる選手はNEVER無差別級王者。そして、ケニー・オメガ選手はIWGP-US王者だからです。

特にケニー・オメガ選手とは今年に入って3回もシングルで戦いました。

それに後述しますが、ケニー・オメガ選手には大事な役割が残っています。一旦、シングル戦は回避すると予測します。

もう一人のタイトルホルダーである鈴木みのる選手とのタイトルマッチですが、これは実現する可能性が高いです。

この2人の戦いを、引き分けのまま終わらせるはずがありません。

ただしタイトルは、鈴木みのる選手がリーグ戦で勝ってるため、NEVERの王座をかける必要がない。また、オカダ・カズチカ選手がNEVER無差別級に興味がない旨を発言し、IWGPヘビー級王座のみをかけたタイトルマッチが行われと予想します。

なので、オカダ・カズチカ選手は、EVIL選手と鈴木みのる選手を相手の防衛戦となるでしょう。

鈴木みのる(NEVER無差別級王者)

NEVER無差別級

それでは、鈴木みのる選手はどうなるのでしょう。

主要タイトルホルダーで、唯一最終日までに決勝進出の可能性が消えたのは、鈴木みのる選手のみです。

つまり、雪辱を果たす相手が多いことを意味します。マイケル・エルガン選手、矢野通選手、ケニー・オメガ選手、・EVIL選手です。

ただしNEVER王座のタイトル戦は少し複雑。

これも後述しますが、マイケル・エルガン選手は、ケニー・オメガ選手のIWGP-US王座に挑戦、EIVL選手はIWGPヘビー級王座に挑戦すると予想します。

おそらく、矢野通選手とはタイトルマッチを行いますが、NEVER無差別級王座のタイトルマッチが組まれるのはこの一戦のみ。

後は前述のように、鈴木みのる選手が、オカダ・カズチカ選手のIWGPヘビー級王座に挑戦するでしょう。

ケニー・オメガ(IWGP-US王者)

IWGP-US

ケニー・オメガ選手が破れたのは、マイケル・エルガン選手とジュース・ロビンソン選手の外国人選手2名です。

早急にタイトルマッチが組まれまず。

ただしIWGP-US王座は、その名のとおり海外仕様のタイトルです。そのためどこで行うかが重要。

現状のところ、下半期は海外での試合は予定されていません。

順当に行けば提携するROHでの試合。もしかすると海外での試合が追加されてタイトルマッチが行われるのではないでしょうか。

棚橋弘至(IWGPインターコンチネンタル王者)

IWGPインターコンチネンタル

最後に棚橋弘至選手です。

ザック・セイバーJr.選手、内藤哲也選手、飯伏幸太選手に破れています。

開幕戦で敗れたザック・セイバーJr.選手とのタイトルマッチは、両者の希望でほぼ確定。棚橋弘至選手としては、確実に勝って、悪いイメージを払拭しなければいけません。

しかし、内藤哲也選手とのタイトルマッチは行われる可能性は低いです。内藤哲也選手の方から「興味がない」と突き放されるのではないでしょうか。

すると残るは、飯伏幸太選手とのタイトルマッチです。

これは時期が来れば実現します。

しかし、実は私、このタイトルマッチが、2018年の東京ドームのカードに大きく影響すると考えています。どういうことでしょうか?説明します。

東京ドームのメインに匹敵するタッグマッチ

私は2018年の東京ドーム大会で、待望の、あるタッグチームが復活すると考えています。

飯伏幸太の立ち位置

飯伏幸太選手の新日本プロレスでの立ち位置に注目してください。

飯伏幸太選手は、いちおう本隊扱いということになっていますが、まだ正式に所属したわけではありません。

しかし、オフィシャルのグッズが発売されているところを見ると、今後も継続参戦は濃厚と考えて良いでしょう。

おそらく10月ごろに、G1で勝った棚橋弘至選手とのタイトルマッチが組まれます。

棚橋弘至vs飯伏幸太

タイトルを受ける棚橋弘至選手ですが、エースに二連敗は許されません。

なので、タイトルマッチでは棚橋弘至選手が飯伏幸太選手を破り防衛します。

敗れた飯伏幸太選手は、誰の手も借りずに控室へと戻り肩を落とします。そこで、ある選手が飯伏幸太選手を待ち受けます。

それは、誰であろうケニー・オメガ選手です。

復活のゴールデン☆ラヴァーズ

これは、G1クライマックスの決勝で、ケニー・オメガ選手が敗れた後に、飯伏幸太選手が控室で待ち受けたのが逆の展開です。

ケニー・オメガ選手の行動は、BULLET CLUBリーダーとしての行動ではなくあくまで単独的なもの。

目的は「飯伏幸太選手をパートナーに誘うこと」。

かつて名を馳せた、飯伏幸太選手とのゴールデン☆ラヴァーズを復活させるのです。

もちろん、敗れたばかりの飯伏幸太選手に断る理由はありません。すぐに承諾するでしょう。

そして、再結成したゴールデン☆ラヴァーズが2018年の東京ドーム大会で、棚橋弘至選手とタッグで戦います。

棚橋弘至のパートナー

では、棚橋弘至選手のパートナーですが、順当に行けばマイケル・エルガン選手が有力です。

マイケル・エルガン選手は、ケニー・オメガ選手とはIWGP-US王座を巡って抗争中ですので、タイトルマッチの中に、棚橋vs飯伏、ケニーvsエルガンの要素も組み込まれます。

順当なカード編成です。

しかし、ちょっと待って下さい。

これですと、ゴールデン☆ラヴァーズ復活に比べて、あまりに安定しすぎて高揚感がありませんよね。

試合としてはおもしろいですが、話題でいうと1枚も2枚も落ちてしまいます。

また、いくら棚橋弘至選手であろうと、相手がゴールデン☆ラヴァーズであれば、影に隠れてしまいます。

新日本プロレスの功労者、棚橋弘至選手が、東京ドームでゴールデン☆ラヴァーズ復活の影に隠れるなんてあってはならないこと。

棚橋弘至選手もインパクトのあるパートナーを連れてくる必要があります。

でも、そんな選手、今の新日本プロレスにいるのでしょうか?

います。

G1クライマックス最終戦、両国国技館に4ヶ月ぶりに姿を現したプロレスラーがいるではないですか。

そう、柴田勝頼選手です。

柴田勝頼選手が棚橋弘至選手とタッグを結成し、ケニー・オメガ&飯伏幸太のゴールデン☆ラヴァーズと戦うのです。

もちろんこれには、大きな大きな問題が立ちふさがっています。

柴田勝頼選手の体調ですね。

柴田勝頼選手は急性硬膜下血腫の出術を追えたばかりです。

普通に考えれば、わずか半年かそこらでリングに復帰なんて考えられるはずがありません。

下手したら命の関わる恐れもあるでしょう。しかししかし、両国国技館で見せた、柴田勝頼選手のしっかりとした足取りを見ると、なんだか「もしかして」を想像してしまいます。

あの、はっきりとした口調、鋭い眼光を見ると、ありえないような「まさか」だってありえないように思えないのです。

確かに、ゴールデン☆ラヴァーズは魅力的なタッグチームですが、新日本プロレスの東京ドーム大会で、プロレスに興味のない一般層へアピールするには、少し薄いように思えます。

けど、棚橋弘至選手と、硬膜下出血から復帰した柴田勝頼選手ならどうでしょう?

おそらくノンタイトルのタッグマッチになるでしょうが、メインイベントに負けないだけの夢が詰まったカードになるのは間違いありません。

一般層への話題性も十分。

きっと、メインイベントだって凌駕するカードになるのではないでしょうか。

シバケン再結成

柴田勝頼選手が新日本プロレスのリングに戻ってくる効果はそれだけではありません。

もう一人の盟友とも言える男が帰ってくる可能性だってあります。

今は海外で名を変え戦っていますが、柴田勝頼選手とシバケンタッグとして活躍した選手だって勝ってくるかもしれません。

相手は、かつてのホームリングを二年間に渡り荒したプロレス会の王、鈴木みのる選手が適役です。

鈴木みのる選手を相手に「喧嘩売りにきました」の叫びで、NEVER無差別級のタイトルマッチが決定。

扱いづらいベルトではありますが、話題も実力も十分です。

実現は東京ドームなのは言うまでもないでしょう。

ただ、これは契約云々とか考えるの面倒だから、予想とかはなし。

あくまで希望だけのだけの話です。

東京ドーム、まとめ

さぁ、ここまでの妄想をまとめると、次のとおりです。

東京ドーム予想カード

IWGPヘビー級王座戦

オカダ・カズチカvs内藤哲也

スペシャルタッグ

ケニー・オメガ&飯伏幸太vs棚橋弘至&柴田勝頼

ほぼほぼ根拠のない予想(妄想)ですが、夢は精一杯詰まっています。