外国人プロレスラーの不祥事を防ぐ方法【ノア・ブラムが出場停止処分】

記事の拡散にご協力ください

外国人選手の不祥事を防ぐ方法【ノア・ブラムが出場停止処分】
Sponsor Link

ノアに参戦中のブラム選手が不祥事を起こし、出場停止処分となりました。

ブラムに出場停止処分、GTLは不戦敗に コンビニでの迷惑行為画像をインスタに投稿

これにより、ブラム選手は、参戦中のグローバルタッグリーグ戦を欠場、以降は全て不戦敗。

なんともお粗末な結果となりました。

スポンサーリンク

外国人選手の不祥事を防ぐ方法

外国人選手の、こういった問題を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

「日本に呼ぶ団体が、外国人選手の素行を入念に調査しておくこと」

現状のところ、これが最良の策です。

日本に来る前に、似たような事例を起こしていないか。

また、起こす可能性はないかを把握できるからです。

優良外国人を育ててきたベイスターズ

1998年、DeNA(横浜)ベイスターズが優勝したとき。

球団は、日本に呼ぶ外国人選手を、徹底的に調査していました。

野球の実力はもちろん、日本に住むことへの適正まで調べあげました。

日本のプロ野球で試合をするには、少なくとも半年以上は日本で生活をします。

どれだけ実力があったとしても、日本での生活が合わなければ、活躍はできないからです。

その結果、ベイスターズはロバート・ローズ選手を始め、優良な外国人選手を育てあげ、日本一となったのです。

同じ失敗は繰り返さないでください

とはいえ、今のプロレスに、外国人選手を調査するだけの予算も時間もないという反論もあるでしょう。

しかし、今回のノアのように、たった一回の不祥事で、これまで積み上げてきた信用が崩れてしまうこともあります。

全てパー。

それよりも、予算と時間をかけて、日本で活躍できる外国人選手を見極めたほうが、結果的にメリットは大きいはずです。

同じ失敗は繰り返さないよう、外国人選手の素行調査は入念に行ってください。