SANADAと内藤哲也の初遭遇!【新日本】最も印象に残ったのは?

記事の拡散にご協力ください

内藤哲也とSANADAが遭遇【インパクト】最も印象に残ったのは?
Sponsor Link

週刊プロレスで連載中。

内藤哲也選手が、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーを紹介するロスインゴトークも今回が終盤です。

最後は最も新しいメンバー、SANADA選手です。

スポンサーリンク

内藤哲也とSANADAの遭遇

内藤哲也選手とSANADA選手の遭遇といえば、第1回ALL TOGETHERでの試合が有名です。

共に新日本プロレス・全日本プロレスの次世代を担う選手として、谷口周平(マイバッハ谷口)選手を加えたタッグで登場。

勝利を収めるものの、内藤哲也選手はSANADA選手を強烈に意識するような発言を残し、SANADA選手は試合後に、内藤哲也選手が差し出した握手を無視した姿が印象に残っています。

しかし、実は印象に残ったのはファンだけで、当の内藤哲也選手は特にSANADA選手に特別な印象は持っていなかった様子。

「ここでツバをつけておけば、のちのと……」といった計算が働いていただけと述べています。

それよりも、投げかけた発言に対し、SANADA選手が何も返してこなかったことに対して「こんなに打っても響かないヤツがいるのか?」という印象を持っているようです。

SANADAの新日本プロレス登場

その後、SANADA選手は紆余曲折を経て、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに加入し、新日本プロレスのマットに登場します。

大きなインパクトを残しただけに、さぞかし綿密な話し合いを設けた上での加入かと思いきや、実際は「同じユニットになっても、そこまで会話がない」とそっけない返事。

ここでも、SANADA選手の新日本プロレス登場に大きな印象を受けたのはファンだけだったようです。

SANADAが欲を出すとき

SANADA選手が、新日本プロレスに登場し1年以上が経ちますが、実力をいかんなく発揮できているかというと少し疑問です。

しかし、SANADA選手ほどの選手が実力を発揮できてないのは、新日本プロレスの層の厚さの証明でもあります。

SANADA選手は、今もっとも新日本プロレスで神っている男、内藤哲也選手がシングルで闘い闘いたい相手。

内藤哲也選手曰く、プロレスラーとしての欲を出し始めたら、かなりも見ものの選手です。

SANADA選手が、プロレスラーとしての欲を出すのが待ち遠しい。