後楽園ホールを全面禁煙にすれば、プロレスのイメージが上がるよ!

記事の拡散にご協力ください

後楽園ホールを全面禁煙にすれば、プロレスのイメージが上がるよ!
Sponsor Link

東京・後楽園ホールの入り口前から、喫煙所が撤去されました。

これは非喫煙者にとって嬉しすぎるニュースです。

プロレス関連として良いのかどうか分かりませんが、今年のプロレス関連で一番嬉しいニュースでしょう。

スポンサーリンク

後楽園ホールのタバコ問題

新しい喫煙所は、後楽園ホールから遥かに離れた所。

これにより、後楽園ホール周辺でタバコを一服なんてことは不可能になりました。

もう、後楽園ホールに入るとき出るときに、タバコの悪臭を無理矢理吸わされるなんてことはありません。

気持ちよく後楽園ホールに入り、気持ちよく帰ることができるのです。

後楽園ホールの喫煙室

さてそうなると、非喫煙者二が次に期待するのは…、「後楽園ホール5階の喫煙室も撤去されないかなー」ですよね。

後楽園ホールの喫煙室は、今でこそ完全個室となっていますが、2007年まではあのような立派な個室は設置されていませんでした。

男子トイレの前に灰皿が用意され、そこでスパスパと喫煙者が狂ったようにタバコの煙をくゆらせていたのです。

そのため、休憩時間ともなると一斉に喫煙者が押し寄せタバコを吸いまくり、ロビーが悪臭で包まれるのが常でした。

それはもう酷い状態です。

下手すると、タバコの煙が観客席まで届き、悪臭の中でプロレス観戦なんてこともありました。

その後、後楽園ホールがロビーの改装を行い、設置されたのが今の喫煙室です。

とりあえず、後楽園ホールのロビーや観客席で、無差別に臭いタバコの煙を吸わされることはなくなりました。

しかし、それでもしぶとく悪臭をまき散らすのが喫煙者。

今度は集団で喫煙室にこもり、集団で煙を吐き出し始めます。

後楽園ホールは興業の特性上、プロレスであろうとボクシングであろうと喫煙者が喫煙室に入るタイミングが固定されがち。

なので、試合前、試合後、休憩時間に集団で喫煙室に流れ込み、一斉にスパスパやり始めるのです。

今の喫煙者の割合は約20%なので、ホールに1500人が入ったら喫煙する人の数はだいたい300人くらいでしょう。

非喫煙者からすると、狭い喫煙室の中で、約300人の喫煙者が肩を寄せ合ってタバコを吸っているので、仲良く見えてほほえましく感じます。

喫煙者も自分のタバコの煙だけじゃなく、他の人のタバコの煙まで肺に取り込めて幸せそう。

とにもかくにも、約300人の喫煙者が、一斉に狭い喫煙室にこもりモクモクやりはじめるのです。

タバコの害

ただあまりに喫煙室のキャパシティ以上の喫煙者が詰まるため、喫煙室の、出入り口であるドアが開きっぱなしになり、(喫煙者にとって)貴重な煙が外まで漏れてくるんですよね。

これは非喫煙者からすると最悪です。

せっかくの密閉型の喫煙室なのに、ドアが開きっぱなしになることでまったく意味をなさなくなるんですからね。

悪臭を伴う煙がガンガン外に流れ出て、なんのための喫煙室だか分からなくなってしまいます。

さらに困るのが、喫煙者が体中にまとう悪臭です。

喫煙者は気づいていないかもしれないですけど、タバコを吸った人って、めちゃくちゃ臭いんですよね。

とくに狭い喫煙所でスパスパやって、他人の煙も存分に浴びた人って、公害レベルに臭いです。

服も髪の毛も悪臭まみれ。

汚物と一緒。

そんな喫煙者が、悪臭そのままに座席に戻ってきます。

ハッキリ言って半径5メートルくらいの人はみんな悪臭に顔をしかめています。

きっと副流煙で寿命も削られているでしょう。

気づいていないのは悪臭をまき散らす喫煙者本人だけ。

タバコの煙は、副流煙で年間1万5000人を殺している言いますが、下手なデスマッチより危険です。

タバコを吸う人はIQが低い

あと、喫煙者は非喫煙者に比べてIQ(知能指数)が低いんですね。

https://www.sciencedaily.com/releases/2010/04/100401151746.htm

言うまでもなくプロレスって、一般的なスポーツや格闘技と違って、観客の知能指数を要求するジャンルです。

それなのに、IQの低い、つまり頭の悪い人たちが、程度の低いヤジを飛ばし出すと試合自体の質まで下がってしまいます。

だいたいそういう人たちって連れだって観戦してますからね。

集団になって余計にたちが悪いです。

喫煙者って脳みそまでニコチンで出来てるから厄介です。

別にタバコを吸うなとは言っているんじゃないですよ。

喫煙者なんてタバコ吸いまくって、寿命縮めながらガンガン税金収めてくれれば良いんですよ。

好きで吸ってるんですし。

まぁ偉そうにするほどの納税額じゃないですけどね。

ただ、非喫煙者の前で吸うなって言っているだけ。

だいたいタバコ吸っている人って、いつも「タバコ止めたい」って言っていますよね。

それじゃタバコなんてスッパリ止めて、健康に生きれば良いんですよ。

さっきも言ったように、非喫煙者はタバコ吸っている人の健康なんてどうでもいいんです。

それよりも喫煙者が吐き出す悪臭が嫌なだけ。

せめて臭い煙を吐き出さない「IQOS(アイコス)」でも使ってもらうくらいの配慮がほしいです。

まぁ、あんまりタバコを脳みそに入れまくっていると、そんな配慮すらできなくなるんでしょうけどね。

喫煙者と非喫煙者の共存

と、いろいろ言ってきましたが、ここで言った「喫煙所から煙が漏れてくる」、「喫煙所から帰ってきた人が臭い」なんて問題は、実は簡単に解決できます。

それは、後楽園ホールから喫煙所を撤去し、全面禁煙にすれば良いんですよ。

そうすれば、非喫煙者が悪臭に悩まされることはないですし、喫煙者も寿命を縮めたり、知能指数を下げたりすることはないですからね。

喫煙者にとっても、非喫煙者にとって得することばかりです。

なので、後楽園ホールは喫煙者にも非喫煙者にも余計な気を遣わせないために、全面禁煙にすれば良いと思います。

今なら「プロレスの聖地が全面禁煙!」なんて良いニュースになりますよ。

今のところ全面喫煙に踏み切ったメジャースポーツはないですからね。

プロレスのイメージも上がります。

プロレス会場は全面禁煙!

これが常識になるには、後楽園ホールが先陣を切るのが一番です。

後楽園ホール内は全面禁煙、よろしくお願いいたします。