廃人注意!プロレスの入場料に追加料金【課金性】を持ち込んでみた

記事の拡散にご協力ください

廃人注意!プロレスの入場料に追加料金【課金性】を持ち込んでみた
Sponsor Link

僕らはみんなファミコンに夢中だった。

少ない小遣いで、ファミコンのゲームを購入。

それこそ、放課後の青春を全て捧げていたと言ってもいいくらいの勢いで、毎日ゲームに明け暮れていました。

スポンサーリンク

課金制ゲームというもの

ところが、このゲームというのが厄介で、エニックスやスクエアのような大手メーカーから発売されるものならともかく、よく分からない三流メーカーから発売されるゲームを購入するのは、かなりの冒険でした。

購入したゲームによって、その後の満足度が大きく変わるからです。

下手すると、挨拶をしている間に殴られたり、膝くらいの高さから落ちただけで死んだりしてしまうようなものもあり、まったく楽しめないものも多かった。

こういった悪質なゲームはクソゲーと呼ばれ、全国の小中学生に忌み嫌われていました。

多くのゲームは、だいたい値段が5000円から6000円くらいに決まっており、僕らは数あるゲームの中から、より満足度の高いものを、専門誌や口コミを駆使して死ぬ思いで選別していました。

メーカー側も、作ったからには売れなければ困ると、壮大なストーリーや斬新なゲームシステムを意気揚々と発表し、僕らの心を躍らせ、売り上げをあげようと必死でした。

僕らとゲーム会社との間で、まごう事なき真剣な勝負が繰り広げられていました。

しかし、最近のゲームは、少し趣旨が違うようです。

わざと不便に作っておき、それを解消したければお金払って下さいというような売り方が主流になっているのです。

中には、最初からプレイヤーの体力を少なくしておき、もっと体力を欲しいよね、欲しかったらお金払ってね。

アイテムがなかったら不便だよね。欲しかったらお金払ってねというように、意図的に不便に作っておき、追加料金を要求するゲームだって少なくありません。

最初に数千円もするゲームを買わせるのはは大変で、それなら無料で気軽にダウンロードさせ、気に入ったら追加料金を払って遊んでねというのです。

課金制が主流の世の中

この流れは、ゲームだけではありません。

多くのコンテンツは、満足度にお金を出させるというよりも、不便さの解消にお金を出させる形に変化していきつつあります。

それを否定するつもりはありませんが、本来、技術の進歩は人間の便利さを高めるために発展してきたのに対し、不便に感じる技術ばかり発展しているのは、昭和の時代をプロレスと共に生きてきた世代にとって、いささか違和感を感じるのも事実です。

とはいえ、世の中の主流は課金制。

まずは無料、もしくは少額でいいから、試してみてよという手法が主流になっているのです。

長引く不況、海のものとも山のものとも分からないようなコンテンツに、数千、数万円のお金をつぎ込むことに躊躇するのは仕方がないことです。

プロレスの入場料金

では、プロレスはどうでしょうか?

基本的に、プロレスの入場料は一定です。

もちろん、座席によって多少の差額はありますが、だいたい4000円位から15000円くらいの入場料を払ってしまえば、後から追加料金を請求されるなんてことはありません。

さすがに、会場に入ったら、すきま風吹くような片隅で安定しないイスに座らされ、まともな席に座りたかったら、追加でお金を払えなんてイヤ過ぎますよね。

飲食代やグッズを購入することもありますが、それと入場料は別。

入場料さえ払ってしまえば、最後まで快適に見られるのが一般的なプロレスです。

それでは、あえて不便にしておいて、後から追加料金を必要になる仕組みを導入してみてはいかがでしょうか。

課金制プロレスの導入

課金制の鉄則は入場料が無料、もしくは極端に安く設定しておくことです。

最初に支払うお金が高かったら、気軽に見に行く気にならないですからね。

その上、後から様々なサービスを提供し、少しずつ追加料金を払わせなければいけません。

いつくか方法を見ていきましょう。

最後まで試合を見られる。

課金制ゲームの多くで見られる手法です。

前半戦は無料で見られる代わりに、メインの後半戦は追加料金を払わなければ見られません

前半戦だけのつもりで見に来たのに、後から「オカダvs内藤」のシングル戦が発表されたとなれば、誰だって追加料金を払って見たくなりますよね。

試合の合間合間に、後半戦に向けた仕掛けなんかも施して、前半戦から煽りまくるのも効果的です。

座席が快適になる

安い席を買ってはみたものの、会場に入ったら意外と見にくかったというのは、よくある話です。

そんな時、追加料金を支払うと前の方の空いている席に移動できるというシステムです。

何度もプロレスに通い倒すような常連ならまだしも、多くの観客は会場に入るまで自分の席をイメージなんてできません。

実際に会場に入ってみて、前の席が良かったらお金を払うのです。

団体側から見ても、どうせ空いている席なら追加料金を払って座ってもらった方が良いはずです。

選手が近くに来る

プロレスを見てると、反対側の席ばかりに選手がアピールして不満に思うこともありますよね。

この不満も、追加料金で解消しましょう。

いくらかの追加料金を払ったら、選手があなたのほうにアピールしたり、近くから入場したりします。

さっきまで遠かった選手が、すぐ間近で見られるようになるのです。

この課金の良いところは、恩恵を受けるのが追加料金を払った本人だけじゃないと言うことです。

周辺に座る人たちも同様に恩恵を受けられます。

そのため、課金をした人はちょっとした神扱いされるのが特徴です。

近くに座った人に、良いところを見せられるチャンスです。

課金制、試してみませんか?

データによると、一般の人が未知の娯楽に掛けられる金額は、だいたい3000円以内だそうです。

これでは、通常数千円もするプロレスのチケットを買ってもらえるはずがありません。

だからといって、新規のお客様を切り捨てるのは簡単ですが、それでは先細りするばかり。

まずは今の状況を考慮して、新規のお客様がプロレスを見やすい仕組みを作るのが大切です。

課金制プロレス、試してみてはいかがでしょう?