ももクリに飯伏幸太らプロレスラー参戦!ももクロファンじゃなくても見れる?

ももクリに飯伏幸太らプロレスラー参戦!ももクロファンじゃなくても見れる?

ももいろクリスマス2016に、飯伏幸太選手、天龍源一郎選手、越中詩郎選手、LLPW-X、スターダム勢らの参戦も決定!今回は、過去に2回、ももクロのライブ会場で行なわれたプロレスの試合を見に行った経験のある当ブログの管理人がももクリでプロレスを見るときの疑問に答えます。

記事を読む

ロス・インゴベルナブレス内藤哲也が大阪を制圧した結果、今後の新日本は…

ロス・インゴベルナブレス内藤哲也が大阪を制圧した結果、今後の新日本は…

新日本プロレス大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会が終了しました。結果的に、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが全ての試合に勝利し、大阪大会で完全勝利を達成!新日本プロレス年間最大のビッグマッチ東京ドームへと歩を進めることとなりました。

記事を読む

おっさんがプロレスの会場で周りから嫌われる7つの理由【男性必見】

おっさんがプロレスの会場で周りから嫌われる7つの理由【男性必見】

なぜ、おっさんは嫌われてしまうのでしょうか?おっさんファンの中には、プロレスの会場で傍若無人な行為を繰り返し、周囲から嫌われてしまう人も少なくありません。ということで、今回はおっさんがプロレスで嫌われる理由について、ご紹介したいと思います。

記事を読む

石川五右衛門【海老蔵主演】で榊基次を演じるプロレスラー棚橋弘至とは?

石川五右衛門【海老蔵主演】で榊基次を演じるプロレスラー棚橋弘至とは?

テレビ東京「石川五右衛門」榊基次役を演じる新日本プロレス棚橋弘至を、プロレスファンで知らないという方はいないでしょう。しかし、プロレスに興味がないという人には、知らないという方もたくさんいらしゃるのではないでしょうか。そこで今回は棚橋弘至についてご紹介いたします。

記事を読む

東京ドームの座席・席順・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

東京ドームの座席・席順・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

日本で最大規模のプロレス会場といえば、東京ドーム大会です。何はともあれ新日本プロレスの東京ドームだけは観戦するという熱狂的なプロレスファンも少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、東京ドームで行なわれるプロレスの座種、座席について解説いたします。

記事を読む

超乳Jカップ澁谷果歩が歌う【天山はくじけない】プロレスはバカンスだ

超乳Jカップ澁谷果歩が歌う【天山はくじけない】プロレスはバカンスだ

とんでもないミュージックビデオが公開されました。天山広吉選手に、エールを込めて「くじけていない」と歌うシーンは天山広吉選手ファンのみならず、プロレスを野蛮だと思っている人たち全てに見てほしい映像です。もちろん、多くのプロレスファンに見て欲しい内容となっています。

記事を読む

ノアW-1全日本新日本!メジャー系プロレス団体のメインイベントを比較

ノアW-1全日本新日本!メジャー系プロレス団体のメインイベントを比較

2016年10月の三連休は、日本のメジャー系プロレス4団体が東京で興行を集中させました。そこで今回は、四団体全てを見に行った私が感想をご紹介します。ただし、ただ感想を述べるだけではおもしろくありません。感想を述べた上で、4団体のメインイベントを比較してお届けしたいと思います。

記事を読む

W-1と全日本プロレスの後楽園ホール昼夜同日興行!分ける必要あるの?

W-1と全日本プロレスの後楽園ホール昼夜同日興行!分ける必要あるの?

東京・後楽園ホールにて、レッスルワン(W-1)と全日本プロレスの昼夜同日興行が行なわれました。もちろん、当ブログ「週刊!プロレスの感想書くブログ」では昼夜興行を両方とも観戦。そこで今回は、両団体の興行で、とくに印象の濃かった試合をご紹介いたします。

記事を読む

内藤哲也がIWGPインター王座に!トランキーロ旋風を巻き起こした

内藤哲也がIWGPインター王座に!トランキーロ旋風を巻き起こした

週刊!プロレスの感想書くブログの推しメン、新日本プロレス内藤哲也選手の足取りに密着するレポートです。今回は2016年両国国技館大会から神戸ワールド記念ホール大会までです。この間、IWGPヘビー級王座戴冠から陥落。そしてIWGPインターコンチネンタル奪取とめまぐるしく動きました。

記事を読む

アイドル【はっちゃけ隊】がダンボール人形とプロレス!タイガーマスクW

アイドル【はっちゃけ隊】がダンボール人形とプロレス!タイガーマスクW

プロレスのリングで、プロレスラーが人形と戦うというのは、既にDDTプロレスリングのヨシヒコ選手が知られていることでしょう。しかし、アイドルがプロレスの歌を歌いながら、ダンボール人形を相手にプロレスを行なうというのは聞いたことがあるでしょうか?

記事を読む

スポンサーリンク