WordPressのアドレスを独自ドメインに変更する方法

記事の拡散にご協力ください

WordPressのアドレスを独自ドメインに変更する方法
スポンサーリンク

一度インストールしたwordpressのアドレスを独自ドメインに再設定しなおす方法を紹介します。

wordpressをレンタルサーバーから与えられたアドレスでしばらく運用した後、独自ドメインに変更したくなった経験はありませんか?

たとえば、最初はレンタルサーバーから指定された「sumple.lolipop.jp」というドメイン名に「weeklyprowrestling」というフォルダを作って、WordPressを運用していたけど、アクセス数が増えてきたので、独自ドメインを取得して運用しなおしたいというようなときです。

検索してみたのですが、意外と出てこないので対処法を紹介します。

wordpress初心者にとって、ドメインの変更は大きな壁。

画像で丁寧に教えてますので、ご参考ください。

スポンサーリンク

WordPressのアドレスを独自ドメインに変更する方法

なお、この記事のとおりに操作しても上手く変わらない。wordpressのデータが消えたとしても、こちらでは責任を負うことはできません。

あくまで、私が変更できたいう参考記事ですので、予めご了承ください。

作業環境

最初に、作業環境を紹介します。

  1. 独自ドメインの取得→お名前.com
  2. レンタルサーバ→ロリポップ
  3. wordpressのバージョン→4.3.1
  4. 変更前のアドレス
    http://sumple.lolipop.jp/weeklyprowrestling

    変更後のアドレス
    http://weeklyprowrestling.com/

この記事では、上記の条件に沿って、説明していきます。

もちろん、上記の条件以外でも変更は可能です。

その場合、語句等を置き換えて操作を進めてください。

wordpressのデータのバックアップを取る

簡単とはいえ、wordpressの設定画面を書き換えますので、万が一がないとは限りません。

まずは念のため、wordpressのバックアップしておきましょう。

wordpressデータのエクスポート

wordpressの管理画面から「ツール」の中にある「エクスポート」をクリックしてください。

「エクスポート」のページに切り替わりますので、「すべてのコンテンツ」を選択してください。

「すべてのコンテンツ」には、「投稿」「固定ページ」「コメント」「カスタムフィールド」「ウィジェット」「カテゴリー」「タグ」「画像ファイル」「メニュー」「エクスポートできるプラグインのデータ」が含まれています。

どれも大切なデータです。残さずバックアップしておきましょう。

ダウンロードしたファイルは、大切に保存してください。

wordpressのバックアップ方法は他にも様々な方法がありますので、上記の方法では、まだ心配だと言う場合は、お好きな手順でバックアップを取ってください。

お名前.comで独自ドメインを取得する。

お名前.comを開きます。

お名前.comのメインページ

取得したいドメイン名の検索

トップページの検索ボックスに取得したいドメイン名を入力して「検索」ボタンをクリックします。

お名前.comでドメイン検索

これにより、希望のドメイン名を取得することができるか調べます。

基本的に、ドメイン名は早い者勝ちで取得できるので、希望のドメイン名が既に取得されていると、使用することはできません。

お名前.comで取得できるドメイン

取得可能かどうかは下記の記号で判断します。

お名前.comのアイコン取得可能なドメイン

お名前.comのアイコン取得不可能なドメイン

取得可能なドメイン名をクリックすると、右側の「選択されたドメイン」欄に表示されます。

「お申込みへ進む」をクリックして先に進みます。

お名前.comのお申込みへ進む

Whois情報公開代行とは?

次に、契約年数を選びます。お名前.comでは1年から10年までが選択できます。

お名前.comのWhois情報公開代行

「Whois情報公開代行」はチェックしておくことをお勧めします。

もし、「Whois情報公開代行」をチェックしないと、ドメイン名から登録者(あなた)の名前や住所が公開されるようになります。

「Whois情報公開代行」をチェックすることにより、お名前.comの会社名が公開され、登録者(あなた)の個人情報が公開されないようになります。

企業や店舗ではなく、個人で独自ドメインを取得する場合は、チェックしておいたほうが良いでしょう。

通常、「Whois情報公開代行」は、1年当たり980円の費用が発生しますが、ドメイン登録と同時のお申込みの場合は無料です。

お支払い方法を選択

お支払い方法の選択です。

クレジットカード支払い、銀行振り込み、コンビニエンスストア決済、口座振替などが選べます。

支払いの確認が済むと、お申込みが完了します。

お名前.comの申込み完了

これで、世界でたった一つの、あなただけのドメインが誕生しました。

お名前.comのネームサーバーの設定を変更する

次にネームサーバーの設定をします。

ここでは、既にロリポップにて、サーバーの契約を取得し、wordpressをインストールしているという前提で進めます。

もちろん、他のレンタルサーバーでも手順は同じです。

その場合、語句等を置き換えて操作を進めてください。

ネームサーバーの変更

最初に、お名前.comのドメインnaviにアクセスし、取得したドメイン名のネームサーバーの「変更する」をクリックします。

お名前.comのネームサーバ設定変更

「ネームサーバーの変更」という画面に移ります。

お名前.comのネームサーバー変更

タブから、「他のネームサーバーを利用」をクリックします。

ロリポップのネームサーバーを使用するため、下記のように入力します。

プライマリネームサーバー:uns01.lolipop.jp
セカンダリネームサーバー:uns02.lolipop.jp

お名前.comのネームサーバー変更

これは、ロリポップ固有のネームサーバーですので、ロリポップ以外のレンタルサーバーをご利用の場合は、適したネームサーバーを入力してください。

入力したら、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

お名前.comの独自ドメイン取得完了

入力した内容に、間違えがなければ、「設定する」をクリックしてください。

これで、お名前.comでの登録作業は完了です。

続いて、ロリポップでの登録作業に移ります。

ロリポップに独自ドメインを設定する

レンタルサーバーを運営しているロリポップのページを開きます。

ロリポップ設定画面

最初に、ロリポップの「ユーザー専用ページ」にアクセスします。

ロリポップ設定画面

独自ドメインを設定する

左側のメニュー一覧から、「独自ドメイン」→「独自ドメイン設定」をクリックします。

ロリポップ設定画面

開いたページ下部の、「独自ドメイン設定」をクリックします。

ロリポップ設定画面

(1)に、先ほど取得したドメイン名(新しいドメイン名)を入力します。

(2)に、既にwordpressをインストールしたフォルダを入力します。

入力が終われば、「独自ドメインをチェックする」を選択します。

ロリポップ設定画面

入力内容に、間違いがなければ、「設定」をクリックします。

ロリポップ設定画面

これで、独自ドメインの設定は完了です。

ロリポップ設定画面

フォルダが分からない場合は

もし、wordpressをインストールしたフォルダが分からない場合は、「メニュー一覧」から、「簡単インストール」→「wordpress」を選択し、ページ下部の「wordpressインストール履歴」から調べましょう。

ドメイン設定が終了するまで待ちます

独自ドメインの設定が反映するまで、1時間程度かかります。

最大72時間かかる場合もあるようですが、私はいつも30分程度で完了しています。

反映するまでは、「設定変更」のボタンが灰色になっています。

ロリポップ設定画面

クリックすると、「もうしばらくお待ちください」とアラートが出てきます。

ロリポップ設定画面

待ちましょう。

「設定変更」ボタンに色がついたら、独自ドメインの設定が完了です。

これで、ネームサーバーとレンタルサーバーに、独自ドメインの設定が終了しました。

次は、wordpressの設定を変更します。

あと少しです。

wordpressの一般設定を書き換える

ドメインとサーバーの設定が終われば、wordpressの設定を書き換えます。

最後の作業ですが、最も緊張する場面です。

wordpressにログインし、管理画面を開きます。

メニュー一覧から「設定」→「一般」をクリックします。

「一般設定」が表示されます。

今のところ、WordPressアドレス(URL)と、サイトアドレス(URL)には、現状使用している(古い)アドレスが表示されています。

WordPress設定画面

これを、変更したい(新しい)アドレスに書き換えます。

WordPress設定画面

「変更を保存」をクリックします。

一度、wordpressのログイン画面に戻ります。

WordPress設定画面

アドレスバーに注目してください。新しいアドレスで、ログイン画面が開いているはずです。

これで、作業は完了です。

新しいアドレスで、wordpressのページが開くよう変更されています。

これで、独自ドメインへの移行作業は全て終了です。

wordpressを独自ドメインに変更した後にやること

以上で、wordpressの独自ドメインは変更です。

最後に、ドメイン変更後にやっておいたほうが良い作業を列挙します。

  1. 古いアドレスのリンク先を書き換える
  2. 各種サイトに古いアドレスで登録していたならば変更する
  3. 相互リンク先へも新しいアドレスを連絡する

他にも何かあるかもしれませんが、上記の3点は必ずやっておいたほうが良いでしょう。

お疲れ様でした。

今回紹介したロリポップでは、上記のような設定が全て管理画面で完了できるだけでなく、質問にも親切に答えてくれるのでオススメです。



もし、サーバーの契約で迷っているのなら、ロリポップから始めてみても良いと思います。

ロリポップでWEBサーバー移設後、WordPressに入れないときの対処法
ロリポップでWEBサーバー移設後、WordPressに入れないときの対処法
ロリポップでは、より快適なサーバー環境を提供するため、順次サーバー移転を行っています。 既に移設が終わった...