【新日本プロレス】棚橋弘至が布団もかぶらず寝た相手とは?

記事の拡散にご協力ください

【新日本プロレス】棚橋弘至が、布団もかぶらず寝た相手とは……?
スポンサーリンク

「まだ、死んでなかったでしょ。棚橋、STILL ALIVEです」

引用:日刊スポーツ

ある画家をアピールするときに、人の心に響くのはどちらでしょうか?

  1. その画家の過去の受賞歴や功績、絵の説明を書き並べる
  2. その画家の絵画にかける熱い情熱をとりあげる

1は、画家の情報としては重要かもしれませんが、人の心を動かすことはできません。

本当に人の心を動かせるのは、実は2のほうなのです。

何かを紹介するときに、あまり商品やサービスの魅力ばかり並べると、押し付けがましく感じられたり、胡散臭く思われてしまいます。

ところが「この絵を描いた画家は、どんなこだわりを持って、どんな熱い思いを持って描いたか」といった個人的なストーリーを全面に出したほうが、共感を持って受け止めてもらえます。

その画家が持つストーリーに心を動かされた人たちが、絵を購入するからです。

スポンサーリンク

タイトル歴よりも、ひとつのコピー

これはプロレスラーも同じ。

  • 第45代、47代、50代、52代、56代、58代、61代IWGPヘビー級王座。
  • 第7代、16代IWGPインターコンチネンタル王座。
  • 初代、3代IWGP U-30無差別級王座。
  • 第44代、47代IWGPタッグ王座。
  • 第5代、10代、12代NEVER無差別級6人タッグ王座

などなど……。

どんなにタイトル歴を並べられても、伝わってくるものはありません。

それよりも、

100年に1人の逸材

たったひとつの優れたコピーのほうが、ずっと伝わってきます。

他にも、

太陽の天才児

新日本プロレスのエース

ハイフライングスター

これらコピーを用いたほうが、いくつものタイトル歴よりも、ずっとずっと伝わってきます。

2017年6月11日新日本プロレス大阪城ホール大会

この日、新しいコピーが生まれました。

Tanahashi still ALIVE.

棚橋弘至選手が、久しぶりにベルトを腰に巻き、久しぶりにIWGPインターコンチネンタル王座のベルトが腰に巻かれました。

ウルワシノ君

シャワー浴びて髪の毛乾かして布団もかぶらず寝てしまいました…

【新日本プロレス】棚橋弘至が、布団もかぶらず寝た相手とは……?

2人で♪

ウルワシノ君/棚橋弘至オフィシャルブログ

白いベルトは、何色になる?