プロレスファン・関係者で、危険技を乱発しないよう注意し合いましょう!

記事の拡散にご協力ください

スポンサーリンク

少し前につぶやいた発言。

これについて、ほ〜んのちょっとだけ補足します。

スポンサーリンク

もうすぐタバコが全面禁止

今、タバコってめちゃくちゃ吸いづらいですよね。

飲食店でタバコに火をつけて煙をスパスパ出せば、臭いと周囲から叩かれるし、町中で吸えば一斉に白い目を向けられます。

ならば、一人でこっそり吸っても、ヤニ臭いだとか悪臭が移るとかって、さんざん叩かれます。

ついには受動喫煙防止条例の制定が実現化し、屋内でタバコが全面禁煙になる日も近いです。

なぜタバコは嫌われる?

ごくごく一部のタバコを愛する喫煙者からは「やりすぎだ」なんて声もあがっていますが、どうにも劣勢なのは否めません。

タバコは、なぜここまで嫌われるのでしょうか?

答えは簡単です。

タバコを吸わない人が、主導してルールを作るからです。

タバコを吸わない人にとって、タバコなんて千害あって一利なし。

分煙で喫煙者と非喫煙者の共存?

なにそれ?

だって、タバコなんて無くても困らないですもん。

分煙なんて面倒なことには興味ありません。

全面禁煙にしたほうが話が早いのです。

なぜ喫煙者が注意しない?

タバコを吸わない人がここまで言うのは、喫煙者に責任があります。

こうなる前に、タバコを吸う人たちで互いに注意を呼びかけておけば、ここまでにはならなかったのではないでしょうか。

例えば、歩きタバコをする人がいる。同じ喫煙者が注意する。

「周囲の人に迷惑がかかるよ。喫煙所でゆっくり吸ったほうが美味しいよ」と。

ポイ捨てをする人がいる。

同じ喫煙者が注意する。

「タバコの吸い殻をまき散らすのは迷惑がかかるよ。灰皿のあるところで吸おう」と。

禁止区域で吸っている人がいる。

「ここは吸ってはいけないところだよ。ほら、あそこに喫煙可の喫茶店があるから、そこで吸おう」と。

これはやっていいこと、やって悪いこと。

それが理解出来るのは喫煙者だけ。

喫煙者同士で注意することを怠ってきたから、タバコを吸わない人間がルールを作るのです。

タバコを吸わない人間は、喫煙者に比べて情けなんてかけません。

だって、これはよくない、あれはOKなんて関係ない。

だって知ったこっちゃないですもん。

だから「全部禁止にすりゃよくね?」という結論に至るのです。

自分たちのルールは自分たちが作るが鉄則。ルール作りを第三者に委ねると、得てして不都合なものになるのです。

危険な技を乱発しないようにしよう

プロレス界でも、最近は危険な技が増えてきて、怪我をする選手が目立ちます。

誰々が怪我をした。誰々がリングに立てなくなった。

こういったニュースはすぐに世間を騒がせます。

そうなると世間は、すぐに「プロレスなんて危険なものは禁止しろ」だとか言い出します。

そうならないためには、プロレスラー、プロレスファンたちで、そういった技を乱発しないように声を掛け合っていきましょう。危険技よくない!