鈴木みのるとオカダ・カズチカの北海道前哨戦と結果を確信するマイク

シェアする

鈴木みのるとオカダ・カズチカの北海道前哨戦と結果を確信するマイク

鈴木みのる選手率いる鈴木軍が海賊のように新日本プロレスに乗り込んできてから早くも1ヶ月が経とうとしています。

鈴木軍のターゲットは、IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ選手。

さっそく、2月5日(日)の北海道大会でIWGPヘビー級王座のタイトルマッチが決まり、それに伴い、今シリーズで、短い期間ではありますが、前哨戦が行われてきました。

2/5(日)北海きたえーる(北海道)のチケットはコチラ(ハンドタオル付)

スポンサーリンク

前哨戦では鈴木軍が圧勝

前哨戦の結果はというと、これまで8回闘ってきて、戦績は鈴木軍の7勝1敗。

鈴木軍の1敗も、飯塚高史選手の反則負けなので、実質的には鈴木軍の全勝と言って良いでしょう。

鈴木軍の大圧勝です。

北海道大会のメインを闘う鈴木みのるとオカダ・カズチカの試合に限ってみても、鈴木みのる選手の5戦5勝です。

鈴木みのる選手とオカダ・カズチカ選手の前哨戦は、全てメインイベントで行われてきました。

これは、ここまでの新日本プロレスの大会を、全てを鈴木軍が締めてきたことを意味します。

オカダ・カズチカ選手は、このシリーズに入ってから、完全に勝ち星から見放されたまま。

前哨戦のタッグマッチとタイトルマッチのシングルの違いはあれど、これは、良くありません。

鈴木みのるの確信

事実、鈴木みのる選手の試合後のマイクは、勝つたびに、確信めいたものに変化しています。

2017年1月27日(金)

後楽園ホール

鈴木「オ~カ~ダ…くぅ~~~ん。そんなに(ベルトが)大事だったら、箱にしまって、神棚にでも置いときゃいいじゃないか(ニヤリ)。そのベルトはな、俺のものだ(※大拍手)。なぜならば、俺が! 俺こそが! プロレス界の王様だからだ(※大拍手&ブーイング)。ハハハハッ! そう。オカダ・カズチカ、貴様なんかじゃない。そこにいるお前ら誰1人でもない。どんな手を使っても、どんな方法を使っても、そのベルトは俺たち鈴木軍がいただく(※大拍手)。」

2017年1月29日(日)

岩手・雫石総合運動公園体育館

鈴木「オイ、オカダ。ここで、お前に命令だ。俺はな、“プロレス界の王様”鈴木みのるなんだ。ひざまずけ。ひざまずけ! ハハ…ハッハッハッハッ! ビビッてのか、オイ、オカダ? オカダ、オイ? 2月5日札幌、俺はな、どんな方法を使っても、お前からな、この(IWGPヘビー)ベルトをいただくぞ。」

2017年1月31日(火)

宮城・夢メッセみやぎ

鈴木「オイ、オカダよ、どうした? お前がどんな生き方をしてきたか、俺は知ったことじゃない。俺は、テメェみたいにヌクヌクと生きちゃいねぇんだよ。自分で生きる世界を作って来たんだよ!オイ、オカダ、外道、そして新日本プロレス、お前らは味わうんだよ。2月5日、札幌で、鈴木軍のすべてを食らえ。」

2017年2月1日(水)

青森・青森県武道館

鈴木「オイ、オカダ。オ~~カ~~ダ~~! 忘れ物だ(※と言って本部席のIWGPヘビーベルトを指差す)。まだお前の、IWGPヘビー級のベルト。いまはまだお前のだ。だけどな、札幌で、どんな方法を使っても、お前が望まない形であっても、テメェからそのベルト! いただくぞ(※大拍手)。」

2017年2月2日(木)

秋田・秋田県立体育館

鈴木「オカダくん!? まさかこれで終わりじゃねぇだろうな!? 2月5日、札幌ほっかいきたえーる、そこだけが本番じゃないって、事前に言っといてやったじゃねぇかよ。ハッハッハ! どんな方法を使っても、どんな手を使っても、テメェは、2月5日、(IWGPヘビー)チャンピオンじゃなくなるんだ。オイ、その格好お似合いだな? いつもみたいにふんぞり返ってみろ、ほら!? ふんぞり返ってみろ。そうやって“プロレス界の王様”の前で、大人しく最初からひざまずいてりゃいいんだよ。そうだろ、あ・き・た!?(※場内大ブーイング) そんなに歓迎してくれるか。もうすぐ生まれる新王者…だもんな!!(※と叫ぶと同時にオカダにストンピングを見舞い、場内がまたも大ブーイングに包まれる)」

鈴木みのるが負けるとしたら?【もしも】新日本プロレス北海道を予想
鈴木みのるが負けるとしたら?【もしも】新日本プロレス北海道を予想
新日本プロレス北海道大会のオカダ・カズチカvs鈴木みのるのIWGPヘビー級王座選手権試合。戦前では、鈴木みのるが勝利するという予想が大半です。しかし、鈴木みのるが負けてしまう可能性だってあります。しかし、負けるとしたら、どのような負け方があるのでしょうか?
オカダ対鈴木みのるの結果から、新日本プロレス北海道の後を予想する
オカダ対鈴木みのるの結果から、新日本プロレス北海道の後を予想する
いよいよ間近に迫ってきました、新日本プロレスの北海道大会。戦前のファン予想はと言うと、これはもう圧倒的に鈴木みのる選手の優勢。侵略しにきた鈴木軍の大将が、最初の大舞台で負けてしまったら、何をしに来たのか分からなくなるからです。しかし…

たかだか前哨戦といえど、勢いは完全に鈴木軍にあります。

北海道大会、オカダ・カズチカ選手は、IWGPヘビー級王座を守り抜き、巻き返すことができるのでしょうか?

新日本プロレスの、イニシアティブを握る闘いが始まります。

新日本プロレス札幌・北海道!オカダ・カズチカがレインメーカーに近づく
新日本プロレス札幌・北海道!オカダ・カズチカがレインメーカーに近づく
1.4東京ドームに続き、2.5北海道でも、ベストバウト級の試合を見せたオカダ・カズチカ選手に明るい未来が見えました。今年も新日本プロレスの独走は揺るぎません。
スポンサーリンク