週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

石川五右衛門【海老蔵主演】で榊基次を演じるプロレスラー棚橋弘至とは?

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川五右衛門【海老蔵主演】で榊基次を演じるプロレスラー棚橋弘至とは?

テレビ東京金曜八時に放送されています「石川五右衛門」に、いよいよ新日本プロレスラーの棚橋弘至選手が登場します。

もちろんプロレスファンであれば、棚橋弘至選手のことを知らないという方は、まずいないでしょう。

しかし、プロレスに興味がないという人の中には、棚橋弘至選手のことを知らないという方もたくさんいるのではないでしょうか。

そこで今回は、テレビドラマ「石川五右衛門」で、榊基次役を演じるプロレスラー、棚橋弘至選手についてご紹介いたします。

棚橋弘至プロフィール

まず最初に棚橋弘至選手のプロフィールからご紹介します。

新日本プロレス棚橋弘至

  • 所属:新日本プロレス
  • 本名:棚橋弘至
  • 身長:181センチ
  • 体重:103キロ
  • 年齢:39歳(1976年11月13日生まれ)
  • 出身地:岐阜県大垣市
  • デビュー:1999年10月10日

最初の「新日本プロレス」というのは、簡単にいうと会社名のことです。

ひとくちにプロレスといっても、日本にはプロレスを行なう会社は数十社もあります。

そのうち日本で最大手の会社が、新日本プロレスなのです。

最大手ですので、たくさんのプロレスラーが所属しています。

棚橋弘至選手はその中でもトップレベルのプロレスラーの一人なのです。

新日本プロレスには他にも、首にチェーンを巻いた怖そうな外見ながら、実はスイーツ大好きな真壁刀義選手や、ハスキーボイスすぎて何を言っているのか聞き取れない本間朋晃などが所属しています。

棚橋弘至選手は、見た目が若いので意外かもしれませんが、現在39歳で、新日本プロレス所属のプロレスラーの中では、ベテランの部類に入ります。

棚橋弘至選手は、デビューが1999年なので既にキャリアは17年!

デビュー戦の相手は、真壁刀義選手が務めたそうです。

プロレスを変えた棚橋弘至

プロレスというと「怖くて痛そう」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

たしかに、80年から90年代にかけてのプロレスは「怖くて痛そう」というイメージがピッタリ当てはまるようなジャンルでした。

しかし、「怖くて痛そう」というプロレスのイメージが、世間から拒絶さえていることを敏感にキャッチした棚橋弘至選手は、プロレスのイメージを覆すことを決意します。

新日本プロレス棚橋弘至

自分のようなイケメン(棚橋選手曰く、自称イケメン風)で、爽やかな選手がいるということを知ってもらうため、ラジオやテレビに積極的に出演し、プロレスのイメージを少しずつ変えていきました。

リング上でも、それまでのプロレス特有のドロドロとしているものは排除し、スポーツライクなプロレスに徹底。

その結果、多くのファンの支持を得ることに成功したのです。

新日本プロレス棚橋弘至

試合後には、エアギターを奏で、ファンと一緒に「愛してまーす!」と叫ぶのが棚橋弘至選手の定番のムーブ。

きっと、プロレスに対する印象が変わると思います。

プロレスラーとしての棚橋弘至

棚橋弘至選手は、一見すると「チャラ男」のよう外見のため、プロレスラーとしての実力に疑問符を持たれがちですが、実はプロレスラーとしての強さも超一流です。

IWGPヘビー級王座

新日本プロレス棚橋弘至

新日本プロレスには、プロレス界で最高峰とも言える「IWGPヘビー級王座」というタイトルがあります

棚橋弘至選手はこれまで、このIWGPヘビー級王座のタイトルを、通案7回も獲得しています。

これは、40年以上にも及ぶ新日本プロレスの歴史の中でも最多で、さらに、タイトルを防衛した回数も最多の28回という記録も持っています。

棚橋弘至選手は、二度と破られることがないのではと言われる、2つの記録を持っているのです。

東京ドーム大会

新日本プロレス棚橋弘至

新日本プロレスでは、毎年1月4日に東京ドームで試合を行います。

東京ドーム大会は20年以上の歴史を持つ、日本最大級のプロレスの大会です。

出場するだけでも難しいこの東京ドーム大会で、棚橋弘至選手は2008年、2009年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年と8回もメインイベントに出場しています。

もちろんこれは、最多記録で、そのうち4回は勝利を収めることに成功!

2009年には、あの武藤啓司選手からも勝利を収めています。

棚橋弘至選手は、見た目こそチャライかもしれませんが、プロレスラーとて、日本でのトップクラスの実力を持っているのです。

タレントとしての棚橋弘至

棚橋弘至選手がテレビドラマに出演するのは、これが初めてではありません。

モップガール

北川景子さんが今ほど有名になる前に主演したドラマ「モップガール」に出演。

主演の北川景子さんの理想の男性として、本人役でドラマに登場しました。

アタシんちの男子

堀北真希さんが、要潤さんや向井理さんなどイケメン俳優と競演したドラマ「アタシんちの男子」にも出演。

萬菜庵四郎役として登場しました。

バラエティ番組

他にも「秘密のケンミンSHOW」や「アメトーク」などのバラエティ番組にも多く出演しています。

最近のプロレス人気を見ていると、今後もますます活躍の場が広がりそうですね。

市川海老蔵と棚橋弘至

石川五右衛門の放送に先駆けて、2016年7月発売の「別冊カドカワ」に、棚橋弘至選手と、市川海老蔵さんの対談が掲載されました。

ここでは、一部をご紹介いたします。

海老蔵:棚橋さんの第一印象は、「凄く身体は大きいけど、意外とかわいらしいお顔立ちなんだな」と。そこで私は勝手に、「きっと小さいころはそんなに身体は強くなかったけど何かのきっかけで鍛えなおしたんじゃないかな?」と思ったんですよね。

市川海老蔵さんの棚橋弘至選手に対する第一印象ですが、これは大当たり。

実際に、小さい頃の棚橋弘至選手は自分に自信がなかったようですが、プロレスラーに憧れて身体を鍛えだしたのです。

市川海老蔵さんの洞察眼はさすがですね。

棚橋:今の時代、プロレスを知らない子どもたちが多いんですよね。そのきっかけ作りとして、チャンスがあれば自分の顔を売って、もっと有名になれば、プロレスを好きになってもらえるんじゃないかという野望があって。

最近ではテレビでプロレスが中継されることも少なくなり、人気も低迷していました。

しかし、棚橋弘至選手が行なっているような地道な活動が実を結び、最近ではプロレス人気も復興しつつあります。

テレビでは、プロレス女子の人気ばかりが紹介されていますが、小さい子どもや男性のプロレスファンだって増えています。

もちろん、家族でプロレス観戦する人もたくさんいますよ。

海老蔵:(棚橋に)これでまた進化しちゃうんじゃないですか?

石川五右衛門に出演し、市川海老蔵さんの演技を間近で見ることにより、プロレスラーとしての棚橋弘至選手にも進化が期待できそうです。

これは、実際にプロレス会場で見ていただきたいと思います。

表現者としての棚橋弘至

棚橋弘至選手は、自身がプロレスラーのトップに立つだけではなく、プロレスというジャンルそのものの人気をあげるため、さまざま分野で活躍しています。

SNS

棚橋弘至選手は、リング上で闘うのみならず、様々なツールを駆使して情報を発信しています。

ツイッターやブログはもちろん、インスタグラムや新日本プロレスの公式サイトでも日々、情報を更新中。

棚橋弘至選手公式ツイッター

棚橋弘至選手ブログ:HIGH-FLY

ツールごとに、発信する情報を分けているので、同じ情報が被ることはありません。

これって、地味にめちゃくちゃ凄いことですよね。

他にも、プロレス専門誌「週刊プロレス」では、ドラゴンノートという連載も持っていますので、ご確認ください。

ムック出版

ここまで読んでいただけた方ならお気づきかと思いますが、棚橋弘至選手は、筋肉のついたかなりかっこいい身体をしていますよね。

もちろん、この身体は勝手にできたものではなく、日々のトレーニングの賜物です。

とくにトレーニング方には強いこだわりがあるようで、これまでにも、トレーニング方法を綴ったムックが数多く出版されています。

「最近、太ってきた…」や「鍛え直してみたい」とお考えの方は、購入して参考にしてみてはいかがでしょうか。

書籍出版

棚橋弘至選手の凄いところは、発信する内容がプロレスだけにとどまらないところです。

ビジネス・自己啓発といったジャンルでも書籍を発行しております。

これは、棚橋弘至選手が従来のプロレスの持つイメージを変えてきた経験から、綴られた書籍です。

今、置かれた環境に不満を持つ社会人の方は手にとって参考してみてはいかがでしょう。

100年に一人の逸材

新日本プロレス、棚橋弘至選手の魅力をご紹介してきました。

「100年に一人の逸材」と言われる、棚橋弘至選手の魅力が少しでも伝われば幸いに思います。

プロレスのもつ本当の魅力は、実際に会場で観戦してこそ、より伝わるものです。

これまで一度もプロレスを見たことがないという人には、プロレス観戦というと、ちょっと怖いように感じるかもしれせん。

しかし、実際に会場で見てみると、何も怖いことなんてありませんよ。

前述したとおり、最近のプロレス会場では女性や子どもづれの方を見かけることも増えてきました。

棚橋弘至選手の所属する、新日本プロレスでは、定期的に全国を回って試合を行なっています。

もし、お近くの町でプロレスが開催されるのであれば、実際に会場に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

チケットぴあで新日本プロレスのチケットを購入する
icon

きっと、楽しいはずですよ。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - ネットニュース ,

管理人ターキーの紹介

ターキー_プロフィール 名前:ターキー
趣味:プロレス観戦
悩み:アイドルとプロレスの両立が難しい


団体問わず、プロレス全般を見ています。
プロレスがもっと楽しめるようなブログを書いているつもりです。たまにアイドルのことも書いています。上記からツイッターをフォローして頂ければ管理人が喜びます。プロレスネタとか、日常の取り留めない雑感を呟いています。

詳しくはコチラ

ライター募集中プロレス会場特集