週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

プロレスラーの知名度をあげる3つの方法/宝島プロレス真昼の暗黒

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレス 真昼の暗黒 (別冊宝島 2494)

プロレスを叩かせたら日本一の出版社、宝島社さんから新しいムック「プロレス真昼の暗黒」が発売されました。

今回の目玉は

  • 年俸はすでに「新日本時代」を超えたという「中邑WWE移籍」の終始決算
  • 丸藤・杉浦が団体取締役を辞任いよいよ「店じまい」を予感させるノア「ファン暴走事件」と「平柳引退」
  • 国際プロレス設立50年 国際・全日本・ノア「プロレス団体が崩壊する瞬間」
  • 主要プロレスラー最新「知名度調査」

といったあたりでしょう。

相変わらず、リア充系プロレスヲタクには「知らんがな」といった内容の特集ですが、ファンの多くをしめる、非リア充系プヲタには、たまらん内容ばかりとなっております。

価格は1200円(税抜)ぽっきり!2つくらい気になる記事があれば購入しても良いのではないでしょうか。

プロレスラー知名度調査

この中で、気になったのはなんといっても、主要プロレスラー最新「知名度調査」です。

これは無作為に選んだ世間一般に、プロレスラー一覧表を見せて、知名度を探り、順位をつけようという企画。

プロレスがもうちょっとメジャーになったら良いのになと日々奮闘している当ブログ「週刊!プロレスの感想書くブログ」にとって、世間一般によるプロレスラーの知名度は非常に気になります。

プロレスブームが来てるとは言うけれど、いまいちプヲタのイメージするプロレスラーと、世間一般のいうプロレスラーのイメージに違和感があるというファンにとって、このように数字を付けて順位を示してくれる企画は非常にありがたい限りなのです。

さて、気になる順位はというと、下記の通り。

  • 1位.アントニオ猪木
  • 2位.北斗晶
  • 3位.アニマル浜口

4位以降は実際に「プロレス真昼の暗黒」を買って見てもらうとして、おおよそ、上位を元プロレスラーや半プロレスラーたちが占める結果となっています。

この結果はうすうす「そうだろうなぁ」とは思いながらも、改めてみるともうちょっと現役世代に注目してもらっても良いのではという内容になっています。

アイドル界の知名度は?

ファンと世間一般の知名度の認識のズレは、なにもプロレス界だけの話ではありません。

このブログがよく話題にするアイドル界でも同じように問題となっており、どうすれば、知名度の世代交代が起こるのか懸念されています。

2016年に行なわれたAKB48グループの総選挙の結果を見てみましょう。

  • 1位.指原莉乃
  • 2位.渡辺麻友
  • 3位.松井珠理奈
  • 4位.山本彩
  • 5位.柏木由紀
  • 6位.宮脇咲良
  • 7位.須田亜香里
  • 8位.島崎遥香
  • 9位.兒玉遥
  • 10位.武藤十夢

いかがでしょう、あなたは何人の顔と名前を知っているでしょうか?

4~5人くらい知っていたら上出来です。

これを餃子の王将あたりで飲んでるおじさん・おばさんあたりに訊いてみてください。

おそらく、一人も答えられないでしょう。

「えぇっ!ぱるるとさや姉くらいは分かるでしょ!?」と思ったあなた!甘いです。

世間一般のイメージするAKB48グループへの認識なんてその程度。

いつまで経っても2010年ごろのAKB48グループのイメージしか残っていないのです。

世間一般のイメージする、AKB48グループというと、

  • 大島優子
  • 前田敦子
  • 篠田麻里子
  • モデルの人→板野友美のこと
  • キャプテンの人→高橋みなみ
  • 九州飛ばされた人→指原莉乃
  • 丸坊主になった人→たぶん峯岸みなみ
  • SKEの人→おそらく松井玲奈
  • AV出た人→まぁ中西里菜
  • こじはる→小嶋陽菜
  • 激太りした人→らぶたん?みゃお??
  • 白石麻衣→AKBじゃねぇし

とまぁ、このあたりが良いところでしょう。

たぶん、これを読んでいるプロレスファンの方も、これらくの認識のように思います。

AKBグループですらこの程度の認識なのですから、ハロプロ系やスタダ系なんてほぼ名前を列挙することはできません。

プロレスラーの知名度あげる3つの方法

とはいえ、売上高100億円を目指す新日本プロレスにとって、プロレスラーの知名度アップは早急に解決しなければならない課題です。

しかし、プロレスラーの知名度を世間一般に浸透させるには、どういった手法が有効でしょうか?

いくつか方法を考えてみます。

老人がいなくなるのを待つ

人間の記憶とは、30歳を過ぎたあたりから急激に老化していくもの。特に自分が興味ないことは、まったく覚えることができなくなるのです。

なので、1000人近くは存在するという日本のプロレスラーの名前を新しく覚えろといわれても、ノーマル設定の30代以上じゃちょっと無理ゲーすぎます!

となると、この世代に無理に新しいことを覚えさせるより、徐々に人数が減っていくのを待つのが最も有効な手段。

いつか、今回の「プロレス真昼の暗黒」に上位ランクしたような名前しか知らない人がいなくなるときが来れば、プロレスラーのイメージは一新されていることでしょう。

しかし、この方法はあまりに時間がかかります。

たぶん、知名度の一新よりもプロレスというジャンル自体がなくなるほうが早いような気がします。

スキャンダルを起こす

知名度を上げるには、スキャンダルを起こしてワイドショーに取り上げてもらうのが一番です。

最近では女優さんの二世タレントが連日のようにテレビに取り上げられていましすし、ちょっと前はよく分からん整形巨乳モデルが頻繁にインタビューを受けていました。

無名のタレントを一夜にして知名度をあげるのがスキャンダルの効果。

あっという間に、名前が知られることでしょう。

しかし、ちょっと前に女性問題でスキャンダルを起こしたプロレスラーの名前が順位表のどこにも入っていません。

あれだけプロレス界で話題になったにも関わらず、世間一般的には取るに足らないニュースだったのでしょうか。

そもそもスキャンダルは、もともと有名だからこそスキャンダルされるもの。

世間に知られていないプロレスラーがスキャンダルを起こしたところで、それはただの問題でしかないのでしょう。

「またプロレスか…」とか言われるだけのような気がします。

有名女優と結婚する

これこれこれ!

知名度を上げるには、有名女優と結婚するのが一番です。

月9なんかに出ているような有名女優のハートを射止めることができたなら、すぐにでも知名度と殺意があがるでしょう。

有名女優との結婚は、知名度があがるだけではありません。

プロレスラーになりたいと希望する若者が増えるという効果も持っています。

考えてもみてください。

  1. プロレスラーが新垣結衣ちゃんと結婚した。
  2. プロレスラーが石原さとみちゃんと結婚した。
  3. プロレスラーが川口春名ちゃんと結婚した。
  4. プロレスラーが橋本環奈ちゃんと結婚した。
  5. プロレスラーが広瀬すずちゃんと結婚した。

このようなニュースが連日報道されるようになると、間違いなくプロレスラーを目指す若者は増えるでしょう。

新日本プロレスは、年俸を1億だ2億だとか言っていますが、夢を与えるのは何も金だけではありません。

いくら年収を稼ごうと嫁がアレだったらアレなのです。

有名女優と結婚する。

これです!

現役プロレスラーの皆様も、ファン上がりの女に手をつけてる暇があったら、有名女優相手にワンチャン狙ってほしいと思います。

幸いなことに、最近では新日本プロレスが芸能事務所のアミューズと提携したことにより、少しずつプロレスラーのテレビへの露出が増えてきました。

プロレス人気に追い風が吹いている間にゴールデンタイムに出まくって、有名女優と出会うきっかけを掴んでほしいと思います。

時代を生きる日本人が何を思い、何を求めているのか。

そこにまで思いを馳せる「哲学者」がプロレスラーとなったとき、そのプロレスラーは真の意味でマット界を背負うスターとなり得るでしょう。

果たして今後、そのような逸材は出現するのでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 雑誌・書籍