週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

スターダム美闘陽子に期待!紫雷イオ宝城カイリ岩谷麻優に宣戦布告

      2016/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スターダム三姉妹【紫雷イオ・宝城カイリ・岩谷麻優】と美闘陽子

スターダム三姉妹、ヨーロッパへ

先輩
スターダムの三姉妹こと、紫雷イオちゃん、宝城カイリちゃん、岩谷麻優ちゃんがヨーロッパに行ってたみたいだね。
後輩
スターダム三姉妹はスリーダムとも言いますね。フランスとスペインで試合をしてきたようです。
後輩
スペインでは9カ国参加のトーナメントが行なわれて、紫雷イオちゃんが優勝しました
後輩
今回の遠征にあわせて開催されたトーナメントで、紫雷イオちゃんは初代王者になりました。
もちろん遠征中はスターダム三姉妹のツイッター・ブログも現地の情報を数多くアップされています。充実した遠征だったみたいですね。

先輩
ほんとっ、充実してるわ。
先輩
はぁ~
後輩
なんか、スターダム三姉妹はこの1年間で飛躍的に成長したような気がします。2015年のスターダムと言うと、あまり良い年ではなかったかもしれませんが、2016年に入ってからスターダム三姉妹を中心に伸び伸び試合をしている印象ですね。
先輩
はぁ~
後輩
優良な外国人選手だってバンバン来日してますよね。アルファ・フィーメル選手やクイーン・マヤ選手にハドソン・インヴィー選手なんて秀逸の外国人選手です。
先輩
見た目だけでヤバいオーラーが発散されているよな。
後輩
その外国人に立ち向かうスターダム三姉妹の構図はおもわず応援したくなりますよね。
先輩
なんかさ、ほんと充実してるよね。
後輩
プロレスラーとして、ノリに乗っている時期ですからね。見てるほうがからしても充実を感じます。
先輩
いや、プロレスラーとしてもそうなんだけど、人生としても充実してるよなー。

後輩
この写真なんて、圧倒的な充実感を感じます。ザ・青春が伝わってきます。
先輩
もう俺の人生にはこうやって青春をすることなんて二度とないんだろうなぁ
先輩
はぁ~
後輩
こういう何気ないショットさえ、輝いて見えます。
先輩
無自覚なんだろうけどさ、なんか人間個体としての差を感じるよな。俺たちがこんな感じで撮っても全く輝かないだろうな。
後輩
もうそれは、今からじゃどうやっても埋められない差ですよ。

先輩
こんな感じの何気ない写真だってさ、日本で毎日同じような日常を過ごしている俺たちから見たら、メチャクチャ刺激的なわけだよな。
後輩
なんか俺も、どこかに行きたく…いや、どこかに逃げたくなってきましたよ。

ただ推されているだけじゃない

先輩
とはいえ、彼女だってノホホンと今の地位を築き上げてきたと言うと、そうではない。
後輩
あれ、なんか急にモードが切り替わりましたね。
先輩
もちろんそうだよ。今日のブログの本題は今からだよ。
先輩
前にも言ったように、スターダム三姉妹は三人ともデビュー時から恵まれたプロレス人生を送ってきたわけではない。
後輩
そうですね、三人とも推されているとはとても言えなかったと思います。
先輩
推されていない中、少ないチャンスを何とか掴んで今の地位を築いてきたと言えよう。
後輩
このあたりはファンも知っているからこそ推せますよね。
先輩
スターダムは選手層が多くないとはいえ、すぐ下の世代だって確実に育ってきているしな。
後輩
ここに来て一期生の美闘陽子ちゃんの復帰だってありました。この復帰はスターダムにとってどのように転ぶか、めちゃくちゃ興味ありです。
先輩
デビュー当初から、体格に格闘技経験にルックスから、間違いなくスターダムの将来を担う素材として注目されていたのって美闘陽子ちゃんだったじゃん。
後輩
そうですね。
先輩
そんなスター候補生だった美闘陽子ちゃんと、失礼ながら雑草魂で這い上がってきたスターダム三姉妹がどのような化学変化を起こすのかを早く見てみたいよ。
後輩
おー、そういった視点で見るのもおもしろいですね。
先輩
一期生とはいえ、当然ブランクがあるから今のスターダムにすんなり入ってこれるとは限らんけど、彼女にはスターダム三姉妹にはない体格という武器があるからな。
後輩
大型選手が少ないスターダムにとって美闘陽子ちゃんの170センチという身長は大きなアドバンテージです。
先輩
美闘陽子ちゃんとしては、すぐにでも最前線で闘いたい気持ちを持ってリングにあがるだろうけど、それをさせちゃこの4年間のスターダムはなんだったんだってなるしな。
後輩
美闘陽子ちゃんのいない4年間にスターダムを守ってきた意地を見せてほしいです。
先輩
復帰っていつだっけ?
後輩
6月16日(木)の後楽園ホール大会です。
先輩
美闘陽子ちゃんだって中堅どころを演じるために戻ってきたわけじゃないしな。誰とあたるのか含めて注目だよ。
後輩
紫雷イオちゃんと岩谷麻優ちゃんのサンダーロックは大江戸隊の木村響子選手と花月選手の挑戦を受けるのが決定しています。
先輩
いちおう、宝城カイリちゃんとの対決が決定的になりつつあるんじゃないの。
後輩
う~ん、宝城選手が名乗りをあげてますけど、個人的にはあえて第一試合で若手と闘わせるというほうが良かったかなと思っています。
先輩
他の選手が美闘陽子ちゃんに名乗りを上げるかもしれんしな。
後輩
俺としてはそれを望んでいます。いきなり入ってきていきなりスターダム三姉妹と同格のポジションに入るなんて、絶対におもしろく思ってないはずですよ。
先輩
いいね。渡辺桃ちゃんやジャングル叫女ちゃんあたりが名乗りあげてもいいかもな。
後輩
ブランクがあるんだから、第一線で体張ってる選手たちが負けるわけにはいかんですよ。
先輩
いずれにしても注目しておく大会だな。
後輩
ええ、今から楽しみです。
先輩
上半期の総決算大会、見逃せん。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス , , , ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド