週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

SANADA【ロス・インゴベルナブレス】が新日本プロレスで見せる闘い

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊プロレスSANADAインタビュー

週刊プロレス1850号にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに加入したSANADA(サナダ)選手のインタビューが掲載されました。

リング上で多くを語らないタイプのSANADA選手のインタビューはとても貴重。それではさっそく見ていきましょう。

オカダがSANADAを説明した

sanada
オカダが俺を研究することで、結果的に俺の説明をしてくれた。

さて、新日本プロレスに参戦して2シリーズを終えたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのSANADA選手ですが、今のところSANADA選手の印象は言うのは特にありません。

もっと言うと、これまで全日本プロレスやW-1の開場にも何度か足を運んだことがある私ですが、SANADA選手の試合の印象と言うのは特になかったと言うのが正直なところ。

そんな中でもオカダ・カズチカ選手は、SANADA選手のことをきっちりと研究し、きっちりと説明してくれたというのですから、やはり並みの選手ではありません。

繰り返すように、これまで全日本プロレスやW-1の開場に何度か足を運んだことがあるにもかかわらず、あまりSANADA選手のことを分かっていない私に、説明していただきたく思います。

ただしSANADA選手が言うように、SANADA選手に勝ったオカダ・カズチカ選手がすぐに内藤哲也選手の持つIWGPヘビー級王座に挑戦できると言うのは凄いことです。

振り返ってみると、新日本プロレスの福岡大会で行なわれたオカダ・カズチカ選手vsSANADA選手の試合は次期挑戦者決定戦だったと言うことになります。

新日本プロレスに参戦して2シリーズ目で、実質IWGPヘビー級選手権次期挑戦者決定戦の試合が組まれたというのは圧倒的にすごいことのように思います。

週刊プロレスSANADAインタビュー

ロス・インゴベルナブレスにとってSANADAは…

sanada
プロレス界の象徴もいざ触れてみると、オカダも人間だった

新日本プロレス参戦時から、徹底してCHAOSとカードが組まれているSANADA選手ですが、特にオカダ・カズチカ選手とは連日のように肌を合わせてきました。

新日本プロレス参戦前は、さすがにオカダ・カズチカ選手を相手にイメージを膨らませすぎていたようですが、実際に肌を合わせてみるとオカダ・選手もただの人間だったようです。

これは言い換えると、新日本プロレスでの試合をこなすごとに、SANADA選手の緊張も解けてきたといっても良いでしょう。

神経質になって警戒していたけれど、戦っていくうちに本来の力を発揮しオカダ・カズチカ選手と対等にわたりあえるようになってきたと言えます。

しかし考えてみるとコレは当然のこと。

オカダ・カズチカ選手とSANADA選手は同じ年齢です。若くして新日本プロレスのトップとして活躍してきたオカダ・カズチカ選手ではありますが、本質的にはSANADA選手と何ら変わることはないのです。

おそらくこれからもオカダ・カズチカ選手とSANADA選手はライバルとして切磋琢磨していくことでしょう。

しかし、それを他のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーが好意的に見ているとは限りません。

特にEVIL(イービル)選手はSANADA選手のことをどのように思っているのでしょうか?

EVIL選手はオカダ・カズチカ選手やSANADA選手よりも年齢が一つ上の29歳。

プロレスラーとしてはこれからのし上がっていかなければならない年齢です。

2015年10月の新日本プロレス両国国技館大会で、内藤哲也選手のパレハとして凱旋後、想像以上の活躍を見せロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのナンバー2の座を確保してきましたが、SANADA選手の新日本プロレス登場により、その地位がやや揺らぎつつあります。

先に制御不能化したEVIL選手にとってもちろんおもしろいはずがないでしょう。

EVIL選手とSANADA選手の関係が、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを発展していくためのライバル関係であれば良いのですが、えてしてプロレスにおけるユニットとは危険分子を含むもの。

もしかすると、思わぬ火種となりうる可能性だってあります。

EVIL選手とSANADA選手の関係にも注目です。

トップレスラーに求められるものとは

sanada
安定を求めたら上に行けない。このユニットは常に二歩先を考えている。

プロレスラーたるもの、誰もが一歩先のことを考えているもの。それに対し、常に二歩先のことを考えているのがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンです。

もちろんこれは、リング上の技の読みあいだとかだけの話ではなく、プロレス界の流れも含めてのこと。

2016年初頭から新日本プロレスを激震が襲う中、上手くポジションにすっぽり収まったのが内藤哲也選手率いるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンだったとは言いますが、それとてSANADA選手に言わせると常に二歩先を読んでいたからの行動だとういうことです。

このセンスがプロレスラーに必要な資質なのは間違いありません。

たしかに、いくら運動神経が良くたってスター性があったって、タイミングが悪いとプロレス界でのし上がることはできません。

長らく内藤選手がトップに戦線で活躍できなかったのは、このタイミングに乗ることができなかったから。しかし今は違います。ガッチリとプロレス界の波に乗りまくっている状態です。

ではSANADA選手はどうなのかというと、それはこのタイミングで決めるのはまさしくトランキーロです。

SANADA選手は二歩先を読んでいたのか?

それを評価するのは、少なくとも夏のG1クライマックス辺りまで待つ必要があるでしょう。

週刊プロレスSANADAインタビュー

SANADA選手が狙うものとは

sanada
誰と誰が抗争してるかって、周りが決めるものじゃないですか?

新日本プロレスの先シリーズでは、最終戦に「オカダ・カズチカ選手vsSANADA選手」「内藤哲也選手vs石井智宏選手」が組まれていたため、必然的にこの組み合わせがライバル関係となりえていました。

しかし、次の大阪城ホールでは内藤哲也選手とオカダ・カズチカ選手のIWGPヘビー級タイトルマッチが組まれています。

やはりどうしてもこの二人の対決が主軸になるのは間違いありません

そうなるとSANADA選手は誰を意識して戦えばいいのでしょう?

石井智宏選手?それとも後藤洋央紀選手?もしかするとまだ絡んでいない他の選手なのでしょうか?

今のところ連日のようにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとCHAOSの多人数タッグが組まれていますが、でいればSANADA選手と他のユニットの試合も見たかったところ。

しかし決まった以上は仕方ありません。

SANADA選手には与えられたカードの中から、周りがライバルと決められる闘いを見せてほしく思います。

SANADAは何を見せる?

sanada
メンバーみんながしゃべってもしょうがない。自分は違うところで見せていく。

新日本プロレスに上がってからは、基本的にSANADA選手は多くを語らないタイプとなりました。

今のところSANADA選手から新日本プロレスで誰をターゲットにしてやるとかこのようにしてのし上がっていくと言う類の話は出てきておりません。

なのでファンとしてもなかなか掴みづらいところがあるのは否めません。

それではどのようにしてSANADA選手を見れば良いのでしょう?

もちろんそれは、リング上の闘いを見るしかありません。リング上でSANADA選手が見せる全てがSANADA選手の主張です。

我々はそれを敏感に察知し、SANADA選手のライバル、立ち位置を判断しなければなりません。

それではそれはいつごろ判断できるようになる?

はっきり言って分かりません。しかし分かるのは今でないことは確かです。それが分かるようになるのはもちろん…トランキーロだぜ!あっせんなよ!!!

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド