週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

最大10連休!ゴールデンウィークに開催される注目の試合を一挙解説

      2016/04/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最大10連休!ゴールデンウィークに開催される注目の試合を一挙解説

2016年のゴールデンウィーク(GW)はどこ行くの?

もちろんプロレスでしょ!

今年は有給やなんやらを上手いこと利用すると最大10連休の超大型連休です。だがしかし、人が休んでいるときに働くのがプロレスラーという商売。

今年のゴールデンウィークも各地で熱い試合が予定されています。

試合がありすぎてどこに行けばいいのか分からない…。

そんな声に応えて、週刊!プロレスの感想書くブログでは、おすすめの大会を一挙に解説いたします。

4/29(金・祝)

スターダム

シンデレラ・トーナメント2016

スターダム版春の祭典ワンデートーナメント「シンデレラ・トーナメント」が開催されます。

出場は、岩谷麻優(前年度優勝者)、 紫雷イオ、宝城カイリ、渡辺桃、ジャングル叫女、美邑弘海、松本浩代、花月、安納サオリ、木村響子、アルファ・フィーメル、サンタナ・ギャレット、クイーン・マヤ、ディアサ・アテネア、リジー・スタイルズ、アレックス・リー(全て敬称略)の16選手です。

注目は昨年優勝の岩谷麻優選手と、ヨーロッパの巨人クイーン・マヤ選手です。

昨年は岩谷選手が優勝して、大会名どおりシンデレラとなりました。今年も優勝し春女としての地位を確立するのでしょうか?それとも新しいシンデレラが登場するのでしょうか?

スターダム公式サイト

スターダム後楽園ホールのチケットはコチラ
icon

大日本プロレス

アジアタック選手権

アジアタッグ選手権試合<第98代王者組>宮本裕向&木髙イサミvs<挑戦者組>グレート小鹿&関本大介

73歳のグレート小鹿選手がアジアタッグに挑戦です。見事に奪取すればおそらくアジアタッグ史上最高齢の王者だと思います。

パートナーが関本選手とは言え、そう簡単にはいかないかもしれませんが、今の大日本プロレスには「もしも」を感じさせる何かがあります。

あと、全日本プロレスから刺客は来ないのでしょうか?

大日本プロレス公式サイト

大日本プロレス後楽園ホールのチケットはコチラ
icon

5/1(日)

我闘雲舞

ゴーゴーグリーンカレーコップンカップ

板橋グリーンホール

第4回ゴーゴーグリーンカレーコップンカップ開催です。注目はザ・グレート・カブキ選手の出場です。里歩選手、さくらえみ選手、そして福田洋選手との遭遇は楽しみです。

レフェリーで聖菜さんが登場です。

我闘雲舞公式サイト

我闘雲舞東京板橋グリーンホールのチケットはコチラ
icon

5/3(火・祝)

WAVE

CATCH THE WAVE 2016

CATCH THE WAVE 2016が開催中!

桜花由美選手と尾崎魔弓選手の対戦、山下りな選手と志田ひかる選手との対戦は楽しみ。そして注目はなんといっても、浜田文子選手と世志琥選手のシングルです。

世志琥選手は浜田文子選手を意識しているようです。女子プロレスの枠を超えた試合が期待できます。

WAVE公式サイト

WAVE後楽園ホールのチケットはコチラ
icon

新日本プロレス

タイトルマッチが一挙開催

IWGPジュニアタッグ選手権試合、IWGPタッグ選手権試合、NEVER無差別級選手権試合、IWGP Jr.ヘビー級選手権試合、IWGPヘビー級選手権試合。

なんだかタイトルマッチがめちゃくちゃ多いです。とはいえ注目はノンタイトルのオカダ・カズチカ選手とSANADA選手のシングルです。

さすがにオカダ選手が負けるとは思えませんが、ロス・インゴベルナブレスの勢いを考えるとそれもあり。

後半三連戦は「後藤vsEVIL」「オカダvsSANADA」「石井vs内藤」です。ロス・インゴベルナブレスがCHAOS相手に三連勝だってありえます。

新日本プロレス公式サイト

新日本プロレス福岡国際センターのチケットはコチラ
icon

Marvelous

旗揚げ戦!

記念すべきMarvelousの旗揚げ戦。渡辺智子選手と伊藤薫選手は古き全日本女子プロレスファンからすると感涙ものの試合です。

全てシングルで構成されたカードは内容が濃そうです。

Marvelous公式サイト

Marvelousチームスマイル・豊洲PITのチケットはコチラ
icon

5/4(水・祝)

WRESTLE-1

WRESTLE-1王座選手権

WRESTLE-1に参戦以来猛威を振るう火野裕士選手に満を持してKAI選手が挑戦です。

おそらく正攻法で火野選手からベルトを取り返すのは難しい中、KAI選手は挑戦者としてベストの人選です。KAI選手は前回WRESTLE-1の象徴・武藤敬司からベルトを奪取し未来を予想させましたがまさかの短期政権に終わりました。

あれから予測不能キャラクターにチェンジしファンの支持を集めています。今度こそWRESTLE-1の未来が変わるかもしれません。

またこの日は黒潮“イケメン”二郎選手試練の七番勝負としてデスマッチのカリスマ葛西純選手とのハードコアマッチが組まれています。

いよいよWRESTLE-1以外のリングにも羽ばたこうとしているイケメン二郎選手にとってこれは大きなチャンスとなりそうです。

WRESTLE-1公式サイト

WRESTLE-1後楽園ホールのチケットはコチラ
icon

アイスリボン

10周年到達!

10周年に到達したアイスリボンの記念大会です。

アイスリボン創立者さくらえみ選手と創世記を支えた高橋奈七永選手がタッグを組んで、藤本つかさ選手とタッグマッチで激突することが決まりました。

現在進行形でアイスリボンを支える藤本つかさ選手としては絶対に負けられない闘いです。

メインイベントは王者世羅りさ選手に優華選手が決定。

もともと声優志望で東京にやってきた世羅選手が王者まで上りつめたのはアイスリボンならではのこと。また早い段階で横浜文化体育館のメインに立つことを表明していた優華選手は公約を果たしたことになります。

新世代同士で闘うタイトルマッチはアイスリボンの今後を決定付ける闘いになることが予想されます。

これは希望ですが、アイスリボンの創始者・さくらえみ選手と希月あおい選手、真琴選手、藤本つかさ選手の盟友・志田光選手は何らかの形で関わってほしいと思います。

アイスリボン公式サイト

アイスリボン横浜文化体育館のチケットはコチラicon
icon

プロレスリング・ノア

グローバルリーグ戦決勝

毎年恒例のグローバルタッグリーグ戦の決勝戦が行われます。

とはいえ数々のリーグ戦が他団体でも行われている中、注目度が低いのは事実です。

タッグを復活させた潮崎豪選手とマイバッハ谷口選手は優勝が義務付けられているところではありますが、すんなり優勝したところでファンはおそらく認めないでしょう。

優勝した上でインパクトの残るサプライズが期待されます。噂によると新日本プロレスとNOAHの編成がシャッフルされるとも聞きますが…その辺りにも注目です。

同日同時刻に東京で強豪となる試合が行われていないのでチャンスです。集客した上で何かを残してほしいところです。

プロレスリング・ノア公式サイト

プロレスリング・ノア後楽園ホールのチケットはコチラ
icon

5/5(木・祝)

大日本プロレス

二大ヘビー級選手権開催

大日本プロレスが誇る二大ヘビー級選手権が行われます。

まずは岡林裕二選手の持つBJW認定世界ストロングヘビー級王座に、一騎当千を勝ち抜いた大巨人・石川修司選手が挑戦します。

石川選手は超人たちが集まった一騎当千を勝ち抜いただけに一気にベルトを奪取する可能性は十分。

しかし岡林選手だって負けず劣らずの超人です。ベルトを他団体に流出させるわけにはいきません。ストロングスタイル屈指の名勝負になることでしょう。

そしてメインイベントはBJW認定デスマッチヘビー級選手権が行われます。磐石の王者・伊藤竜二選手に新進気鋭の高橋匡哉選手が挑戦します。

脈々と大日本プロレスのリングで受け継がれてきたデスマッチも、高橋選手で第五世代になるようです。BJWデスマッチの象徴・伊藤選手を下し新たな扉を開けるのか注目です。

大日本プロレス公式サイト

大日本プロレス横浜文化体育館のチケットはコチラ
icon

ドラゴンゲート

恒例の金網マッチ

ルード軍団としてドラゴンゲートのマットで猛威を振るったベルセルクが二派に分裂。リングの上で起こった揉め事はリングの上で決着をつけるのはプロレス界の鉄則です。

ついにダブルリスク6WAYマッチで決着を迎えます。

負けた選手は覆面を脱ぐ、もしくは髪の毛を切られるというルールです。さらに八木本部長の提案で、髪の毛を切られた選手は今後1年間は伸ばすことを許されず、お洒落にカラーや髭を蓄えることも禁止という過酷な条件が付加されました。

また、土井成樹選手がリスクを全選手にまで広げたことで対象者はドラゴンゲート全体に及びます。

このあたり、ルールや条件が複雑なので詳しくは公式サイトを見てください。

試合が終わるまで誰が髪の毛を切られる(マスクを剥がれる)かはまったく分かりません。

ドラゴンゲート公式サイト

ドラゴンゲート愛知県体育館のチケットはコチラ
icon

充実したゴールデンウィークをお楽しみください。

いかがでしたでしょうか?

海外旅行やなんやらよりも、国内でプロレス観戦をしたほうがよっぽど充実したゴールデンウィークを満喫できることが分かっていただけたと思います。

ここで紹介したプロレスは全部で11大会。一回当たり5,000円で換算すると全部で55,000円です。

他の娯楽に比べると圧倒的に安い!安い!安い!

リーズナブルにゴールデンウィークを楽しむために、プロレス三昧のゴールデンウィークはいかがでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - チケット情報 , , , , , , , , ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド