週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

女子プロレスラーにホワイトデーのお返しをするときに知っておくこと

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子プロレスラーにホワイトデーを返すときに知っておきたいこと

今年もホワイトデーがやってきた

もうすぐ3月14日です。

3月14日といえば「ホワイトデー」ですね。

プロレスファンの中には、2月14日付近に女子プロレスラーからバレンタインのチョコレートを頂いた方も多いのではないでしょうか。

となると、困るのがホワイトデーでのお返しです。

女性からのバレンタインには、3倍返し、5倍返し、いや10倍返しなど、00年代のプロレスリング・ノアで見られた打撃技の応酬のように、貰った数倍ものお返しをしなければならない義務が生じてしまうのです。

それだけではありません。贈るものはチョコレートと相場が決まっているバレンタインデーに対し、ホワイトデーは何を返せばいいというのが明確に決まっておりません。

そのため、金額はさることながら、返すものによってセンスが問われると言う二重の苦しみに紳士諸君は悩むことになるのです。

もともと勝手に女性が渡してきたものなのにね。変な制度。

ホワイトデーはなぜ始まった?

そもそも、なぜホワイトデーは始まったのでしょうか?

これはバレンタインデーが西洋で誕生した文化のため、当然ホワイトデーも西洋から来日した余計な文化かと思いきや、実はホワイトデーの発祥は日本です。

福岡の老舗菓子屋さんと全国飴菓子工業共同組合が、「なぜ、バレンタインデーにはお返しがないのか?」に疑問を持って、バレンタインデーのちょうど一ヵ月後の3月14日にホワイトデーを提唱したのです。

紳士諸君からしたら「まったくもって余計なこと考えやがって」ですね。

このときは、お返しはマシュマロ一択でしたが、後からキャンディー業界やクッキー業界が後追いし、今の何を返していいのか考えることすら面倒なホワイトデーが広まってしまったのです。

紳士諸君からしたら「どいつもコイツも面倒なこと考えるんじゃねぇよ」ですね。

とはいえ、貰ったものは返さないと気がすまないのが日本男児の性分。

憧れの女子プロレスラーのバレンタインのチョコレートを貰ったからには返さないわけにはいきません。

ではいったい、何を返せばいいのでしょうか?

「とりあえず、ちょっと高級そうなお菓子でも買っておけばいいのでは…」

このように考えた紳士諸君、その考えは危険です。

まぁ高級そうなものさえ買っておけば女性は喜ぶというのは間違いではありませんが、実は返すお菓子にはそれぞれ意味があるのです。

このチョイスを誤ると、大変なことになるのです。

ホワイトデーは何を返せばいい?

ホワイトデーのお返しといえば定番なのが下記の3つです。

  • マシュマロ
  • クッキー
  • キャンディー

ひとつずつ見てみましょう。

マシュマロ

「あなたが嫌い」

ホワイトデーのド定番であるはずの白いマシュマロ。実は「あなたが嫌い」という意味があるそうです。

そのため、マシュマロを憧れの女子レスラーに渡してしまったらどうなることか…きっとそれまでセッセと物販に通ってようやく認知されてきた努力が全て水泡に帰すでしょう。

逆に、「悪いけど…」と言いたいときには効果的かもしれませんね。

柔らかいマシュマロだけに、「揉ませろコノヤロー」という意味が込められているのでしょう。

ただし、チョコで包んだマシュマロの場合は意味が変わります。

女性から貰った気持ち(チョコレート)を男性が、純白な気持ち(マショマロ)で包むと言う意味があるのです。うん、面倒ですね。

クッキー

「あなたは友達です」

ド定番過ぎるマシュマロに比べてバリエーションも豊富ということで人気が高いのがクッキーです。

このクッキーにももちろん意味がありまして、「あなたは友達です」という意味を持ちます。

そもそも友達でもなんでもないのに「友達でいよう」って返すこと自体意味が分からないんですが、とりあえず、本命の推し以外に返すには良いかもしれません。値段も手ごろですしね。

クッキーだけに、サクッとドライな関係を続けようという意味が込められているそうです。いわゆる割り切った関係ですね。

キャンディー

「私もあなたが好きです」

さて、前述の2品に比べればややマイナーなお返しながらも、「あなたが好きです」という意味を持つキャンディー。

どうやら、本命の推しへのお返しとしては最適のようですね。

甘く、口の中にずっと残るから。そしてペロペロと舐めまくりたいという意味が込められているのでしょう。

以上のことから、ホワイトデーのお返しとして導き出される答えは-

  • 本命=キャンディー
  • 対抗=クッキー
  • 大穴=マシュマロ

と言う順列が良いのかと思います。まぁどれもお菓子業界の陰謀なんでどうでもいいんですけどね。

でも、分別ある大人はあえて踊らされてみるのも一興でしょう。

マカロン

「特別な人」

あと、もう一つ。

最近ではマカロンがホワイトデーのお返しに撰ばれるケースも増えています。そうそう、あの一口で食えるくせに一個300円とか1000円とかする、よく分からんやつです。

これには「特別な人」という意味があるようで、比較的高級そうな御菓子メーカーが販売してるので喜ばれることが多いようです。

なんでかはよく分かりませんが、たぶん割れ目から除くクリームがヒントなのでしょう。

ホワイトデーは何を返せばいい?

で、結局何を渡せばいいのってことですが、それは私もよく分かりません。

「どうせ意味なんてよく分からんから、何でもいいかー」と思っている紳士諸君!

どうやら女性はお菓子の持つ意味とやらを意外と気にしているようです。私も以前、女性版エロ本として名高い「anan」かなんかでそんな特集を目にした気がします。

まぁ女性ってやつは占いとかファッションだとか、よく分からんものが好きな生き物なので仕方ないでしょう。

しかし、せっかくホワイトデーを返すのなら、全力で推しの女子プロレスラーの心に残りたいですよね。

ならば、いっそのこと全部まとめてプレゼントしてみてはいかが?

渡すときには、しっかりと意味を伝えてから渡しましょう。想いが込められていたとしても、伝わらなければ意味がありませんからね。

あっ、紅茶なんて贈るのもおすすめですよ。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 想うところ

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド