週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

おっさん必見!ドラゴンゲートが女子に人気な理由とチケットの取り方

      2016/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おっさん必見!ドラゴンゲートが女子に人気な理由とチケットの取り方

プロレスの会場が男性ばかりだったのは昔のこと。

今やプロレスは、「プロレス女子」と呼ばれる女性ファンの熱烈声援が飛ぶ、エンターテイメント空間となりました。

その中でも、写真集を出すほどのイケメンレスラーを中心に、初心者でも分かりやすい展開で女性ファンの心をがっちり掴んでいる団体があります。

・・・

といった文言で注目を集めるのがドラゴンゲートです。

設立から12年が経過し、流れの速いプロレス界では既に老舗段階となり、集客力でも新日本プロレスに次ぐプロレス団体へと成長しました。

ドラゴンゲートの特徴はなんといっても女性ファンが多いこと。

今回は、なぜドラゴンゲートが女性ファンに人気があるのか、理由を探ってみます。

ドラゴンゲートが女性ファンに人気の8つの理由

おっさんがいない

おっさんがいないドラゴンゲート

ドラゴンゲートを語る上で外せないのが「女性ファンが多い」 こと。これはつまり「おっさんファンが少ない」ことを意味します。

たまに、何を間違えたのかドラゴンゲートを観に行ったおっさんは「何か物足りなかった」と言います。

でも、これって実は当たり前といえば当たり前なんですよね。

ドラゴンゲートがプロレスを何十年も見続けているようなおっさんファンを満足させるレベルに達していないのではなく、意図的におっさんを満足させるような見せ方をしていないからなのです。

女性を満足させるようなプロレスを見せているのです。

考えてもみてください。

仮におっさんがドラゴンゲートを気に入って、次も見に来たらどうなるでしょう?

おっさんはおっさんを連れてきます。最初は一人だったおっさんが、次は2人、その次は4人と増殖していきます。

毎回満員続きのドラゴンゲートの会場では、おっさんが増えればそのぶん女性ファンの数が減ってしまいます。

すぐに「女性ファンが多い」という特徴は薄れていくでしょう。

どんなに試合が優れていたとしても、おっさんファンが過半数を占めだすと女性ファンは入り込みにくなってしまいます。すぐに女性ファンはドラゴンゲートから離れていくでしょう。

そうなると「女性ファン」が多いという特色が消え、他のプロレス団体と同じになってしまいます。

ドラゴンゲートではおっさんファンは歓迎されていないのです。

メイン客層となる、女性ファンにとって居心地の良い空間の形成に全力を注ぐ。これが女性ファンが多い理由です。

もし、おっさんが「ドラゴンゲート」を観戦しするのなら、おっさん1人につき女性ファンを2人以上連れてくるようにしてください。

会場の生態系を崩さないように注意しましょう。

ファンサービスが良い

ファンサービスが良いドラゴンゲート

ドラゴンゲートはファンへのサービスが凄まじいです。試合前、試合後、休憩時間はもちろん、試合以外にもバスツアーや料理教室などファンとレスラーが触れ合う機会がいっぱいです。

ファンサービスに参加するのは99.99999%ほどが女性ファン。

女性ファンはおっさんファンよりも金を持っています。女性は食事に行っても飲みに行ってもデートに行っても財布を開くことがありません。

エヘッってぶりっ子笑いさえ浮かべておけば、どこに行っても自分の金を使わなくてすむのです。

だから、給料の全てを趣味にまわせるのです。

Tシャツにタオルに缶バッジ、選手着用のサングラスに選手プロデュースの香水などなど。売店で選手が手売りすればなんだって売れます。

サインや2ショット写真を加えるとすぐに万単位のお金が飛び交うことでしょう。

超一流ホテル目黒雅叙園では、88周年プレイベント「ドラゴンゲートディナーショースペシャルシークレットリング -男祭り&女祭り-」というイベントが行われたこともあります。

これは、タイツ姿で戦う男性レスラーを女性たちが囲み、美味しい料理とワインをいただきながら鑑賞するというイベントです。

会場の片隅で、コンビニで買った生ぬるいビールをすきっ腹に流し込みながら観戦するおっさんファンとは金の使い方自体が違うのです。

手厚いファンサービスは麻薬にも似たもの。いったん認知(顔を覚えられること)されると、「次も行かなきゃ」って気になってきます。

ファンが選手を支えている。

ファンサービスの良さは、女性ファンにこのような気持ちを抱かせるのです。

選手の見た目が良い

選手の見た目が良いドラゴンゲート

ドラゴンゲートでよく言われるのが「イケメンレスラー」が多いということ。しかし、ただのイケメンなら、ドラゴンゲート以外にもたくさんいます。

それに、人気レスラー全てがイケメンかというとそうではありません。

ドラゴンゲートでイケメンと言われる選手も、落ちついてよく見てみるとイケメン?というような選手だって少なくありません。

それでも、彼らはイケメン枠で女性ファンの支持を集めます。

これが女性だったらそうはいきません。プロレスに限らず女性の評価はその外見がかなりの比重を占めます。

性格が良くて、パフォーマンスもよくて喋りもできたて、さらに気立てがよく貯金もたんまり溜め込んでいたとしても、外見がアレだったら女性は支持を集めることが難しいですよね。

しかし男性は違います。

少しくらい外見がアレでも、体を鍛えたり、喋りを面白くしたり、言動や生き方に気を使うことでかなりの部分を補えます。

イケメンにはなれずとも、雰囲気イケメンになれるのです。

一度、ファンの心を掴んだら、外見はあまり関係ありません。ちょっとくらいアレな外見さえも魅力に変えることができます。

「見た目はよくないかもしれないけど、中身はとっても魅力的、素敵」

というように、周りから見ていると思わず「目を覚ましてください」と言ってしまいそうになりますが、本人からしたらご満悦だから手の施しようがありません。

イケメン風になることによって、女性ファンの支持を集めるのです。

プロレスっぽくない

プロレスっぽくないドラゴンゲート

特に公式に否定はしていませんが、ドラゴンゲートはあまりプロレスっぽさを前面に出していません。

公式サイトを見ても、トップページに「プロレス」という文字はほぼありませんし、メタディスクリプションにも「プロレス」とう単語は埋め込まれていません。

世界一のプロレス団体WWEでは、公式にプロレスと呼ばれることを否定しています。

出場する選手はスーパースターズですし、やっていること自体がプロレスではなくWWE。

プロレスファンがいくら「昔のプロレスと今のプロレスは違う」と訴えたところで、世間一般的にプロレスは「体のたるんだおっさん同士が、ダルく絡み合うマイナー競技」でしかありません。

このイメージは半永久的に変わることはないでしょう。

それならば、プロレスを名乗るよりも「プロレス以外の何か」を名乗ったほうが簡単です。

かつて何度か企画されたプロレスのコミッショナー制度も、ドラゴンゲートはあまり積極的ではなかったと思います。そりゃそうですよね。プロレスではないんですもん。

「プロレス」と聞くと、したり顔で語り出し、会場で周りが白けているのも構わず昭和プロレスを延々と語るようなおっさんはドラゴンゲートの会場には必要ありません。

ドラゴンゲートはドラゴンゲートであることが女性を惹きつけるのです。

レスラーが体を鍛えている

レスラーが体を鍛えているドラゴンゲート

イケメンレスラーが、シェイプされた身体から繰り出す華麗な技もドラゴンゲートの魅力のひとつです。

ドラゴンゲートの選手たちは常に万全のコンディションを誇ります。

これはもう、選手のブログやTwitterを見ると分かるように、徹底した体調管理を行っている結果で、そのプロ意識には頭が下がる思いです。

しかし、これはよく考えてみると当たり前のこと。プロレスラーとは、他の職業に比べて肌の露出が多い職業です。商売道具である体を鍛えなくて何を鍛えるというのでしょう。

女性は、自分の見た目以上に好きなタイプの男性の見た目を気にするもの。好きなタイプの男性がどのレベルかによって、お互いに見えないマウントを取り合うのです。

お気に入りのレスラーの写真を誰かに見せたとき、体がダルダルだったらどのように思われるでしょうか。

女性は、イケメンで体もバキバキのレスラーの写真を友人に見せて自分のセンスの良さを誇示するのです。

だから体を鍛えたドラゴンゲートのレスラーは支持されるのです。

ユニットの解散・結成が早い

ユニットの解散・結成が早いドラゴンゲート

ドラゴンゲートを語る上で欠かせないのがユニット抗争です。

半年も目を離すと、ほとんどのユニットが解散しているくらいリング上の抗争はめまぐるしく展開します。

こんなに速いと、「ユニットを覚えるのは大変ではないか?」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。

実際に会場に足を運べば、試合前や試合後にユニット総出の煽りマイクで丁寧に説明してもらえます。

何年も同じユニットが続いていると、カード編成もワンパターンでファンに飽きられるでしょう。

たとえ、同じ対戦カードだったとしても、ユニットが変われば見方も変わってきます。

同じユニットで名タッグを組んでいた二人がユニットが分かれて対戦することもあります。

ドラゴンゲートでは、リマッチだったとしてもシチュエーションでカードの意味が大きく変わるのです。

飽きやすい女性ファンには、手を変え品を変えいろんなものを提供しなければなりません。

ユニットの解散・結成の早いドラゴンゲートは支持されるのです。

選手同士の競争が激しい

選手同士の競争が激しいドラゴンゲート

ドラゴンゲートはユニットを基本とするチームプレイが中心ですが、実は選手個人間の競争意識がとても高いのです。

デビューしたその瞬間から競争は始まっており、新人だってキャラが立ててこそナンボ!華のない選手だとファンの印象にも残りません。

この考えは、前身の闘龍門時代から変わっておらず、某「ヤングライオン」のように数年間黒タイツのままということはけっしてありません。

デビューしたばかりの若手も三ヶ月もしないうちにキャラクターがつけられ、お客さんやTVカメラに向けて徹底的なアピールを繰り返す。

試合運びひとつとってもおっさんの大好きな『昭和プロレス』とはまったく雰囲気が違うのです。

それでは、選手間の競争に敗れた選手はどうなるのでしょうか?

答えは簡単ですね。プロレスラーの職場とも言うべきリング上から排除されるのです。

具体的には、地方巡業につれてってもらえなくなったり、大大会でカードが組まれなくなったりします。

そりゃそうです。人気のない選手に交通費や宿泊費なんて出すわけがありませんし、大大会で時間調整のようなカードを組むはずがありません。

そうやって選手は切磋琢磨されていきます。

切磋琢磨された選手が、新しい女性ファンを呼び込みます。

マイクパフォーマンスが面白い

マイクパフォーマンスが面白いドラゴンゲート

ドラゴンゲートでは、選手同士が試合だけではなく、マイクでも激しいやり取りを行います。

これは、ただ「コラコラ」とがなり立てているのではなく、さりげなくそれまでの抗争の流れや今後の展開が自然に分かるようになっています。

ドラゴンゲートでは、マイクを使って観客を惹きつける能力も重要な要素です。

時には、選手のマイクアピールしだいで、次回のチケットの売れ行きが変わることさえあります。

こうなると、喋りが下手な選手は戦々恐々。「喋らない」ということを個性にできる選手は良いのですが、そうでない選手は喋る機会さえ与えられないし、ユニット抗争にも呼ばれなくなってしまいます。

分かりやすく、人をひきつける喋りはドラゴンゲートに必須のスキルなのです。

常に満員完売状態チケット争奪戦は必至!

ドラゴンゲートの持つ魅力が十分に分かっていただけかと思います。

ここまで人気があると当然の事ながらそのチケットはときにプラチナチケットと化すことも珍しくありません。

特に、毎月定期的に開催される後楽園ホール大会は「スキャンダラスな後楽園」とも言われており、立見席でさえ手に入れるのは難しいのです。

これが、若くて綺麗な女性ですと、選手からグッズを購入したりファンミーティングに参加したりして顔を覚えてもらい、選手から直接購入という手段もあります。

若くて綺麗な女性以外でも、ファンクラブに入会してチケットを選考購入するので、一般枠で売り出されるチケットはほとんどありません。

発売日初日に発売開始と同時にチケットが売り切れるのです。

それさえも残った席しか購入できませんし、迷っている間にもどんどんなくなってしまいます。

なので、一般客が確実にチケットを買うのであれば、会場で次回の公演チケットを買ってしまうことをおすすめします。

「えっ?そんなの試合カードも決まってないのに?!」と思われるかもしれませんが、カードが出てからでは時既に遅しです。

ドラゴンゲートという名前を信用して、事前にカードを買うようにしましょう。

まぁ所管ですが、あまりに期待を外すようなカードは組まれることがありません。金にうるさい女性ファンを多く取り込んでいることから見ても、それは分かるでしょう。

たとえカードが弱かったとしても、ゲスト選手が参戦したり特色を活かしたイベントが行われたりして補っています。

安心してください。

「でも、試合も観にいってないのに、どうやって会場でチケット買うの?」ですって?

試合を観にいかなくても会場に行くことはできるでしょう。それくらいやらなくてはプラチナチケットの購入はできません。

実際、そうやっているファンがチケットを購入しているため、ボヤボヤしているような一般のファンはいつまで経ってもチケットを買えないのです。

考えてもみてください。

大好きなプロレスを、若くて綺麗な女性ファンに囲まれて観戦するなんて機会、他にありましたか?

その、夢のようなシチュエーションに、どっぷり浸かるチャンスが目の前に待っているんですよ。

そのためならば、なんだってできるはず。

見えないところで動くんや!

今から間に合うドラゴンゲートのチケットはコチラ
icon

関連記事

その他「プロレス女子」関連の記事はこちら

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド