週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

チケットを転売【プロレス】して儲けるのは完全に悪いことなの?

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チケットを転売【プロレス】して儲けるというのは全て悪いこと?

ここ最近のプロレス人気急上昇の影響で出てきたのが「チケットの転売問題」です。

改めて説明する必要もないとは思いますが、人気の興行の試合をあらかじめ手に入れて、それをヤフオクなんかのオークションサイトで数倍の値段で売りさばき利ざやを稼ぐってやつです。

つまりこういうのですね↓

新日本プロレスチケット転売

うぉっ、8,000円のチケットが45,000円で売れてる!差額がすげぇ・・・。

流れるツイートを観ていると、転売なんて許せないとか全部取り締まれなんて意見もありますが、全てが「転売=悪」なのでしょうか?

今日はちょっと、このあたりを考えてみたいと思います。

チケットの転売について擁護します

最初に書いておきますが、私はチケット転売については反対はしません。むしろ擁護派です。

また、規約で転売禁止って書いているから駄目という正論を振りかざすのも今回ばかりはちょっと勘弁してほしいです。正論で来られたら「はい、そのとおり」って言うしかないんですもん。

正論は人を動かさない

例えると、不倫した人に向かって「不倫はよくない」って言うのだって本人からしたら「分かってるよ」って話しですし、風俗街で「体を売るのはよくない」ってキラキラしたら瞳で叫んでいるようなものです。うん、分かったから道あけてくれって感じですよね。

仕方がないのか・・・

転売チケットを買うほうだって、そりゃ正規の値段で正規の場所から買いたいと思っているはずです。でも世の中にはいろんな事情でチケットを正規に買えない人だっているんだと思います。

観戦できるか分からない場合

社会人だったらなんとなく分かると思いますが、仕事の都合が分からないような職業なんていっぱいあるから、何週間も前からチケットを買って備えているって無理ってもんです。

じゃ、当日券を朝から並んでってもっと無理。前日の疲れが残ってたり、当日用事があったりなんかで体が空かない。

特に子供がいるなんて人はプロレス観戦する数時間を空けるのに工面しなくちゃならないのに、その数時間も前から当日券に並べって言われた日にゃ、厳しすぎますよ。

チケットを無駄にするのも申し訳ない

それでも見たい場合は、行けるかどうか分からないままチケットを購入して、後は当日の都合に任せるってパターンしかありません。

それで行けたらいいけど、行けなかったときはチケット買った金が無駄になってしまうんですよね。金だけならまだいいけど、座るはずだった席そのものまでも無駄になってしまいます。

これは、事前にチケットを買ってしまったばかりに、行きたかった誰がが行けなくなってしまうってことなんですよね。

それも申し訳ない。

チケットを誰かに譲る?

じゃ、行けないって分かって時点で誰かに正規の値段で譲ればいいじゃんって意見もあることでしょう。

でも、何度も言っているように行けるかどうかは直前まで分からないので、チケットの譲り先探してる時間はありません。

それに、正規の値段を取り戻すために、ヤフオクだったりツイッターだったりで見ず知らずの人にチケットを渡す手間考えたら、そのまま無駄にしたほうがマシなんですよ。

もちろん、譲ることによって正規の値段の何倍のお金が手に入るっていうのならやるかもしれませんけどね。

「プロレスを好きなら正規の値段で譲るのが筋・・・」なんて意見は当然なしです。そんな筋聞いたことないし、通す必要もないですもん。

人気団体の試合を観にいけない

このへんの手間考えたら、何週間も前から、行けるかどうか分からんチケット買うくらいなら、当日に倍の値段のチケット買ったほうが経済的かなって思います。

行けなくてチケットを無駄にすることもなくなりますしね。

早い話が、今のシステムって時間に余裕のある人に有利な不公平なシステムなんです。

このシステムだと、新日本プロレス・DDT・ドラゴンゲートのような人気団体だと、先の予定が立たない人って永久に観戦できないんですよね。

じゃ、どうすればいいの?

それじゃ、このチケットの値段設定をを誰するかがポイントになると思います。

現状の問題点は?

現状、新日本プロレスなり団体側は、ある程度一律的な値段設定でしかチケットを売っておりません。そこが問題。

そこを突いて、転売目的の人が早めにチケットを買って、少しくらい高いお金を出しても良いって人に売って利ざやを稼ぐんですよね。

転売屋さんが一方的に儲かるシステムです。

団体側は価格を動かしてみてはいかがでしょう?

じゃ、どうすればいいかというと、コレを団体側がやればいいんですよ。

決定カードやチケットの売れ行きによって、チケットの値段を流動的にするってやり方ですね。

たとえば新日本プロレスが満員続きだって言うんだったら、一度チケットの値段をグンっと上げちゃえばいいんですよ。

今だと特別リングサイドは1万円くらい?それなら3万円くらいならどうでしょ?

さすがに事前で売り切れることがないだろうから、当日まで予定が分からない人でも安心できますよね。

やっぱり不公平?

お金がない人は永久に見にいけない?

それはお金を工面するしかありません。少なくとも時間に余裕のある人が有利なシステムよりは民主主義的です。

チケットの値段が高くなりすぎると観にいけなくなる?

大丈夫ですよ、そのへんは需要と供給のバランスで適正価格に落ち着くようになりますよ。さすがに後楽園のチケットに何万も出す人はそんなにいないでしょうしね。

お金持っている人に有利なシステムかもしれませんが、現状だってお金持っている人はファンクラブの会費払って優先的にチケット取れるし、なにより特別リングサイドとかの見やすい席で見れますもん。

それと一緒です。

あと、毎回会場が埋まっていない団体は、価格設定が高すぎるってことが分かると思います。会場が半分しか埋まっていないんだったら、チケットの値段を半額にすれば埋まりますよ。座席を遊ばせておくよりは良いでしょ。

結論

ツイートとかを眺めていると、団体側に対策を望むみたいな声が多く観られます。

けど、抑制にはなるかもしれんけど、完全に防ぐのは無理。どうやっても抜け道はあるからです。

他の例を出すと、ももいろクローバーZは人気ライブに入場するのに顔認証を取り入れています。それでも不正はできるっちゃあできますしね。

利益をどこがとるのか

それならそれで、不正を取り締まるのに手間や費用かけるんだったら、ばっちりお金で解決するのが方法なんじゃないのかなって思います。

少なくとも転売屋さんに利ざやとられるくらいなら、団体側が利益取ったほうがプロレス界の発展に繋がるじゃないでしょうか。

一律的に、特別リングサイドだから1万円だとか、立ち見だから3,500円とかじゃなくて、もっとこう、流動的なシステムにしてみても良いと思います。

小中学生席は継続

でも、小中学生席とかは安い値段で残しておいてほしいです。未来をになうちびっ子プロレスファンはプロレス界の宝ですからね。

最後に、良いことだけ言って終わります。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 想うところ