最初に見てほしい10の記事

大田区総合体育館の座席・席順・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

大田区総合体育館の座席・席順・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦!

後楽園ホールや両国国技館に比べると、あまり使用頻度は高くありませんが、新日本プロレスが旗揚げ興行を行った地ということで、毎年3月6日前後に興行が行われる大田区総合体育館です。

チケットぴあ 大田区総合体育館のチケットを購入する

もちろん、新日本プロレスだけではなく、ドラゴンゲートやノアに全日本プロレスだって興行を行うことがあります。

とはいえ、都心部にありながら若干中心部から離れており、最寄り駅からの距離もそこそこあるため初めて訪れる人には優しくない会場です。

そこで、今回は大田区総合体育館の座種・座席について解説いたします。

スポンサーリンク

大田区総合体育館の最寄り駅、アクセス

大田区総合体育館は京急線の「蒲田」駅から徒歩7分、「梅屋敷」駅から徒歩5分です。(公式ページの情報ですので、実際はもう少しかかります)

駅からの時間で言うと、梅屋敷からのほうが早いですが、蒲田駅は快速特急や特急が止まるので使いやすいです。特に品川駅方面から向かうは、特急に乗りますので、蒲田駅を利用したほうが早く着きます。

どちらの駅を利用しようと、国道15号線まで出て、大通りを歩いて大田区総合体育館を目指します。

大田区総合体育館概観

10分ほど歩くと到着します。

スポンサーリンク

大田区総合体育館の座席ごとの特徴

大田区総合体育館では下記のように座席を区分けしていることが多いです。

  • アリーナS席
  • アリーナA席
  • 1Fひな壇(スタンドS席)
  • 2F指定席A(スタンドA席)
  • 2F指定席B(スタンドB席)

大田区総合体育館

団体によって多少の違いがあります。
大田区総合体育館

クリックすると拡大します

体育館なので座席はアリーナを囲むように設置されていますが、プロレスの場合は片面(南)面を花道にしてスタンド席は閉鎖していることが多いです。

次に、座席ごとの特徴を見ていきましょう。

アリーナS席

大田区総合体育館アリーナA席

いわゆる特別リングサイド席です。

大田区総合体育館ではアリーナ席を10~12列目まで設けることが多く、だいたい1~5列目くらいまでを指します。

番号の振り分けはオーソドックスに最前席から1列目とされているようです。

大田区総合体育館アリーナS席

会場のもっとも前方部分になるため、とても観戦しやすい座席。

基本的に、花道は南側に設置されます。花道近くの南側を選ぶか、正面となる北側を選ぶかで迷います。両方を楽しめる東・西側という選択肢もあります。

大田区総合体育館アリーナ席

椅子も通常のパイプ椅子ではなく、少し広めのクッションの効いた椅子が使われています。

アリーナA席

大田区総合体育館アリーナA席

アリーナ席の真ん中より後ろの席です。

だいたい6列目より後方の座席を指すことが多く、10~12列目以降まで続きます。

大田区総合体育館アリーナA席

椅子の種類はアリーナS席と変わることはありません。ドリンクホルダーは着いていないので、手で持つか床に置くしかありません。

大田区体育館は体育館という性質上、アリーナ部分が平らで広いため、広報のアリーナA席ですと、前方に背の高い人が座った場合、若干見づらく感じるかもしれません。

そのため、自分の席を離れて後方の壁にもたれて立ち見で観戦している人も多いです。

画像を見ていただければ分かるかもしれませんが、アリーナ席は南北に長細いので、西側と東側には設置されてないことも多いです。

1Fひな壇(スタンドS席)

大田区総合体育館1Fひな壇

ここからはスタンド席です。

とはいえ、厳密にいうとスタンドではなくスタンドとアリーナの中間部分。プロレスなどの興行のときだけに使われる可動式の椅子部分に座ります。

大田区総合体育館1Fひな壇

新日本プロレスでは1Fひな壇という呼び方が使われます。

「座りにくいのでは?」と思うかもしれませんが、他のスタンド席と代わりのない椅子が設置されますので、ご安心ください。

また、ここから段差がつくので非常に見やすいです。

後楽園ホールと同じように、隣席と繋がった一枚板に座るので、長時間観戦しているとお尻が痛くなりますが、全席に背もたれがついているので、若干楽に感じると思います。

大田区総合体育館スタンド席

注目してほしいのは座面部分です。一席ずつゆるやかな窪みがついているので、座り心地が良くなっています。

席と席の間の穴はドリンクホルダーです。350mlか500mlのペットボトルがちょうど収まるサイズです。

これは便利ですね。

2F指定席A(スタンドA席)

大田区総合体育館2Fスタンド席

ここからは2階席です。

可動式ではない通常の椅子席です。特に1Fひな壇(スタンドS席)と変わりはありません。

大田区総合体育館2Fスタンド席

あえて違いをあげるとすると、このあたりから会場全体を見合わせるというところくらいでしょうか。

リング反対側の場外も見渡せるようになります。

2F指定席B(スタンドB席)

大田区総合体育館2Fスタンド席

2階席の最後方席です。

椅子の形状など、他のスタンド席と変わることはありません。

大田区総合体育館2Fスタンド席

ここもアリーナA席と同じように会場の西側、東側のみにしか設置されていません。

後方席ですので、会場全体を俯瞰しながらの観戦が可能です。

大田区総合体育館は立見席という概念がなさそうなので、ここが最もリーズナブルな席でしょう。

シニア・小中高校生席という座席が販売されることもありますが、おそらくはこの部分だと思います。

スポンサーリンク

大田区総合体育館の飲み物・食べ物

大田区総合体育館内

区の所有する体育館ですので、あまり館内の飲食は充実しておりません。

いちおう、スポーツ&コミュニティーカフェというのがありますが、営業時間は平日の昼間のみで休日は不定休。メニューも少ないので期待できません。

スポーツ&コミュニティーカフェ

京急蒲田駅から

大田区総合体育館周辺で最も飲食店が充実しているのは京急蒲田駅です。

駅ビルの中には多くの飲食店が並んでいますので、お好きなものを買って観戦しながら楽しむことができます。

ウィングキッチン京急蒲田

駅周辺にも飲食店があるので、そちらで買っても良いでしょう。

駅を出ると、体育館まではローソンが一件あるだけなので、飲食物はここで買っておくと良いでしょう。

京急梅屋敷から

梅屋敷駅の反対側にサークルKサンクス大田梅屋敷駅前店、大通りに出て少し通り過ぎたところにファミリーマート大田梅屋敷店がありますが、いずれも微妙に行きにくい場所にあります。

また、大通りを大田区総合体育館方面に少し歩いたところに「まいばすけっと梅屋敷店」があるので、飲食物はここで購入可能です。

コンビニエンスストアより少し安いはずなので、梅屋敷からアクセスするときはここでよいかと思います。

スポンサーリンク

トイレ・喫煙事情

大田区総合体育館は2012年にできたばかりなので、トイレも明るく清潔です。

男性用・女性用に加え、多目的トイレも設置されているので安心して使用することができます。

また、館内は禁煙ですので、北側入り口付近から外に出て喫煙します。

スポンサーリンク

あなたに会った座席をお選びください

大田区総合体育館の座席について紹介しました。

座席数約4,000席という広さはちょっとしたビッグマッチを行うには最適の規模ですが、なにぶん、東京都のかなり南端に位置しますので、あまり多く使用されることはありません。

新日本プロレス旗揚げの地ということで、毎年3月第一週の旗揚げ記念興行に使用される以外は、ノア、ドラゴンゲートが使用する程度です。

とはいえ、要所ごとにビッグマッチが開催されているので目が離せない会場です。

スポンサーリンク

大田区総合体育館周辺ホテル情報

羽田空港から近い場所にある大田区総合体育館ではありますが、試合を観た後はゆっくり休んで帰りたいですよね。そんなときに便利なのが、京急蒲田駅前にあるホテルです。

京急蒲田駅前のホテルを紹介します。

アパホテル〈京急蒲田駅前〉

京急蒲田駅から徒歩2分の立地。もちろん大田区総合体育館からも近い場所にあるホテルです。

特別目立った設備はありませんが、そのぶんリーズナブルな値段で泊まれるのが嬉しいです。

東急ステイ蒲田

京急蒲田駅から徒歩3分。アパホテルと同じくこちらも駅からすぐの立地にあるホテルです。

ビジネスホテルなので目立った特徴はありませんが、宿泊するぶんには何も困ることはないでしょう。

プロレス観戦をした後は、駅前で食べて飲んで、駅前のホテルで宿泊する。最高ですね。

スポンサーリンク

施設情報

用途:体育館
収容人数:4,012席(固定席2,186席、車いす席10席、可動席1,816席)
所在地:東京都大田区東蒲田1-11-1
アクセス:京急蒲田駅から徒歩7分、梅屋敷駅から徒歩5分

チケットぴあ 大田区総合体育館のチケットを購入する

クリックすると、他の会場特集に移動します

↓クリックして応援↓

↑クリックして応援↑

観戦記録記録
スポンサーリンク
オレンジさんをフォローする
このブログを書いている人

プロレスを見続けて20年以上の40代。都内在住で後楽園ホール、日本武道館、新宿FACEによくいます。

オレンジさんをフォローする
プロレスの魅力