週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

年末年始に開催されたプロレスファン必見の試合結果を一挙紹介

      2016/01/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始に開催されたプロレスファン必見の試合結果を一挙紹介

プロレスに定休日はありません。

年末年始といえども各地でプロレスは注目カードが目白押し。

・・・ではありますが、お正月の初詣に帰省に旅行にと忙しく年末年始を過ごす人にとって全部の試合はチェックできません。

そこで今回は、年末年始に開催されたプロレスファンの興味をくすぐる主要試合をまとめていました。

ゴールデンウィーク、プロレス主要試合まとめ

12/29(火)

RIZIN

スペシャルシングルマッチ

○青木真也
1R 5:56 TKO(セコンドのタオル投入)
●桜庭和志

桜庭選手が体を仕上げて総合格闘技に復帰。しかし、キックを一発放っただけでマウントを取られて防戦一方のままセコンドのタオル投入で敗退。当然といえば当然の結果。今後の桜庭選手のプロレス活動にどう影響するのか注目です。

12/30(水)

大日本プロレス

BJW認定タッグ選手権試合

【挑戦者組】○浜亮太&神谷ヒデヨシ
21分43秒 スーパーオオキドプレス→体固め
【第40代王者組】岡林裕二&●関本大介

当分無敵と思われた岡林選手&関本選手がまさかの敗退

12/31(木)

アイスリボン

インターナショナルリボンタッグ選手権試合

【王者】○藤本つかさ&中島安里紗(JWP)
vs
【挑戦者】●大畠美咲(WAVE)&水波綾(WAVE)

第37代王者ベストフレンズが防衛成功。当分の間はスキがなさそう。このまま歴史に残るタッグチームになってほしいですね。

ICEx∞選手権試合30分1本勝負

【挑戦者】○星ハム子
スモーラリアット→体固め
【王者】●希月あおい

星ハム子が王座奪取成功。希月あおい選手がアイスリボン10周年記念大会まで独走しましたが、まさかの敗退。星ハム子選手がどのような王者像を見せてくれるか期待です。

IGF

暴走王vs破壊王 破壊王没10周年特別試合 GENOMEルール

○小川直也
3分14秒(レフリーストップ)
●橋本大地

小川直也選手の順当勝ちでしかありません。橋本大地選手はそろそろプロレスとどのように付き合うかを見せてほしいです。本人が望んでいるプロレスと周りが求めているプロレスにギャップがありすぎです。

RIZIN

スペシャルワンマッチ(シュートボクシングルール)

○ボブ・サップ
2R 0:47判定(3-0)
●曙太郎

すっきりした結末とはいえませんが、曙選手が過去の負の遺産に付き合うのはこれがラスト。プロレスラー曙選手の姿を見せて欲しい。

年越しプロレス2015

年忘れ!三団体シャッフル・タッグトーナメント決勝戦

○関本大介&竹下幸之介
17分48秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
HARASHIMA&●宮本裕向

三団体合同興行は関本&竹下組が優勝しました。あまり注目していなかった試合ではありますが、DDT竹下選手の飛躍のきっかけになれば良いかと思います。

1/1(金)

ZERO1

世界ヘビー級選手権試合

【王者】○鈴木秀樹
16分41秒 ダブルアームスープレックス→片エビ固め
【挑戦者】●田中将斗

第19代王者が2度目の防衛に成功。傍若無人を貫いてきた鈴木秀樹選手が珍しく弱気なコメント。鈴木選手には2016年もいろいろなプロレス団体に出場してほしい。最終的に新日本プロレスでの鈴木秀樹選手が見たいです。

1/2(土)

全日本プロレス

三冠ヘビー級選手権試合

【挑戦者】○諏訪魔
24分19秒 バックドロップホールド
【王者】●秋山準

全日本プロレスの専務取締役を辞任した諏訪魔選手が三冠奪取。否定的な意見も目立ちますが、そんなもん気にしても仕方ありません。諏訪魔選手の王道を見せてください。

タッグマッチ

関本大介&○岡林裕二
13分13秒 ゴーレムスプラッシュ→片エビ固め
●大森隆男&ゼウス

関本選手、岡林選手はこの日2試合。大森選手からフォールを獲ったのは大きいです。

大日本プロレス

BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合 蛍光灯&ガラスボードデスマッチ

【第32代王者】○伊東竜二
vs
【挑戦者】●稲葉雅人

健闘見せるも、伊東選手が貫禄の勝利

1/4(月)

新日本プロレス

IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

【挑戦者】○KUSHIDA
VS
【第72代王者】●ケニー・オメガ

KUKSHIDA選手がドク博士(田口選手)の助けを借りて王座奪取。実際のところ獲るとは思わんかったから驚いた。今度こそジュニアのKUSHIDA政権を築いてほしいです。

スペシャルシングルマッチ

○後藤洋央紀
VS
●内藤哲也

完全に内藤選手の勝利だと思っていました。今の内藤選手は負けても傷がつかない上体とはいえ、やはり買ってベルト獲りに動いてほしかった。逆に後藤選手は勝ったからには結果を残してほしい

NEVER無差別級選手権試合

【挑戦者】○柴田勝頼
VS
【第9代王者】●石井智宏

柴田選手が勝って王座奪取。柴田選手も勝ったので同級選手は揃って勝利。タッグでありながら、それぞれが別のシングル王者を狙うというのは、今の新日本プロレスの流れからすると理想です。

IWGPインターコンチネンタル選手権試合

【第12代王者】○中邑 真輔
VS
【挑戦者】●AJスタイルズ

世界が注目する初対決は中邑選手の勝利に終わりました。インターコンチネンタルは選手権試合が終わるたび次の挑戦者が気になります。次は誰だろ?ニュージャパンランボーで優勝した邪道選手でしょうか。次の後楽園ホール大会でサプライズが起こるのでしょうか。

IWGPヘビー級選手権試合

【第63代王者】○オカダ・カズチカ
VS
【挑戦者】●棚橋弘至

ついにオカダ選手が東京ドームのメインで棚橋弘至選手から勝利です。これはいよいよ時代が動いたかもしれない。対照的に棚橋選手はいっきに苦しい立場になりました。希望としては、ノアに移動してもおもしろいと思いますが・・・ここも次の後楽園ホール大会でサプライズでしょうか。

まとめ

簡単にまとめてはみましたが、もちろんこれで全てとは限りません。観る人にとってはもっと興味をそそる試合だってあるはずです。あくまで私個人から見て興味を惹くような試合をまとめてみました。

他にも随時更新していきます。

何か抜けているような試合があればご連絡ください。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - ネットニュース , , , , ,