週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

新日本プロレス東京ドームが大ピンチ!?16時の方向に敵機発見

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ももいろクローバーZの有安杏果さんが新日本プロレスに参戦!

いやっ、ついにやってきました。すごすぎるビッグすぎるサプライズ!ニッポン万歳です。泣いてもいいんだけど泣いちゃいそうな冬になりました。

2016年新日本プロレス東京ドーム大会、16時開始の第0試合のバトルロイヤル「ニュージャパンランボー」に「ももいろクローバーZ」の有安杏果さんの参戦が決定しました。

【WK10】1.4東京ドームの『ニュージャパンランボー』に、“ももいろクローバーZ”有安が登場!? 邪道は「杏果が来てくれたら、優勝するよ!」

ホント嬉しい、最高のお年玉です。

新日本プロレス東京ドームが大ピンチ!?16時の方向に敵機発見
しかし、これは新日本プロレスにとって大変な危機に直面したことも意味します。

「なにが危機なの?ももクロがゲストに来てくれて嬉しいじゃん」

なんてことを言っていると痛い目を見ますよ。

パフォーマーとしてのレベルの高さ

はっきり言って「ももいろクローバーZ」、そして有安杏果さんは新日本プロレスのどの選手と比べても、知名度も表現力も集客力も全て上です。

2014年の夏、新日本プロレスが、看板シリーズ「G1クライマックス」の決勝戦を持ってきても満員にできなかった西武ドームだって、ももクロにかかれば毎回ソールドアウトですからね。

2016年4月に開催される、次の西武ドームのライブだって、事前抽選で落選者続出ですよ。私もハズレましたよ二日間ともね、チクショーッ!まぁナゴヤドームに行くんでそれはいいですよ。

新日本プロレスがまだ進出していない、国立競技場や日産スタジアム、味の素スタジアムやエコパスタジアムみたいな大きな会場でもライブをしています。

ハッキリ言って場数だってももクロのほうがずっと上!

ももいろクローバーZの意識の高さ。モノノフにプロレスを観てほしい

私が観る限り、ファンの熱だってモノノフ(ももクロのファン)のほうが熱いです。

そんな「ももいろクローバーZ」が第0試合のバトルロイヤル「ニュージャパンランボー」に登場するんですからね。

つまりコレって、第1試合からメインイベントのIWGPヘビー級選手権「棚橋弘至選手vsオカダ・カズチカ選手」戦まで全ての試合が、「ももいろクローバーZ」登場のインパクトを超えることができるか試されるということなんですよ。

「たかがアイドル」

こんなことを言って舐めてちゃ全部持っていかれますよ。新日本プロレスのレスラーはしっかりと気合を入れて試合しないといけないですよ、本当に。

有安杏果は試合に出るの?

少しばかり熱くなりすぎました。落ち着くために視点を変えてみます。

はたして、有安杏果さんは試合に参戦するのでしょうか?

これはよく分かりません。でもももクロが絡むのならば単なる顔見せだけに終わるとは考えにくいです。何かしら試合に介入すると考えるのが自然です。

では、有安杏果さんの戦闘能力はどれくらいのものなのでしょうか?

探ってみます。

うん、どうやら有安杏果さんは関節技が得意のようです。しかもキーロックって…。いまどきのプロレスではまず見る事のできない古典技の使い手、これは期待できますよ。

4月にSTARDOM(スターダム)に参戦したときは、スペースローリング式のデコピンを披露したこともありやす。

2015年東スポ女子プロMVPの紫雷イオ選手の一発で吹っ飛ばしたところを見ると、かなりの威力を秘めていることが分かります。

これは戦闘能力が期待できますね。屈強な新日本プロレスのレスラーと言えど、油断することはできませんよ。

ももいろクローバーZのグッズは発売されるのか?

次に気になるのは、新日本プロレスとももいろクローバーZのコラボTシャツは発売されるのかです。

ももクロが新日本プロレスに参戦するのだったら、ぜひともコラボTシャツは発売してほしいです。

ももクロ 氣志團万博

↑氣志團とのコラボTシャツもありますし

ももクロ マキシマムザホルモン

↑マキシマム・ザ・ホルモンとのコラボTシャツだってあります。

ももクロ 全日本プロレス

↑もちろん、全日本プロレスとのコラボTシャツだってありますよ。

ももクロとコラボのライオンTシャツが是非見たい。そして購入したいのでなんとしてでもコラボTシャツはお願いしたいところです。

新日本プロレス、熱い試合を見せてください!

興奮してよく分からないような内容になりましたが、言いたいことは一つだけ。

「下手すりゃ、全試合とも『ももいろクローバーZ』に持っていかれるよ」ということです。

これまでの新日本プロレスでも、セミファイナルの試合がメインイベントよりインパクトを残したり、休憩前の試合が一番良かったりしたなんてことがありました。

でも、それはあくまでプロレスの試合同士の勝負、今回は違います。

「もっさりした試合していたら、第0試合のゲストに負けちゃいますよ!」ということです。

プロレスファンとして言わせていただきます。

「ももいろクローバーZ登場のインパクトをかき消すくらいの熱い試合!」

お願いしますよ。

2016年1月4日(月)新日本プロレス東京ドーム
icon

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - チケット情報, ネットニュース , , ,