週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

ドラゴンゲート後楽園でプロレス女子に逆ナンされるのか?

      2015/12/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロレスの会場でプ男子はプ女子に逆ナンされるのか?

ここ最近、「プ女子」という言葉がメディアをにぎわせているのをご存知でしょうか?「プ女子」とは、「プロレス女子」の略、つまりプロレスファンの女性を指す言葉です。

実際、プロレスの聖地・後楽園ホールには、たくさんの女性ファンが詰めかけているのが分かります。友人同士で観戦する女性もいますが、1人で観戦する女性も少なくありません。

………

なんて話題は、いまさら紹介しなくてもプロレスファンの皆様ならとっくの昔に知っていることですよね。

ならば、我々「プロレス男子」が気にするのは唯一つだけです。

そう

プロレス会場で、逆ナンされちゃうんじゃないの!?

です。

……

とはいえ、プロレス女子に逆ナンされるプロレス男子なんてほぼ皆無でしょう。

そんなの、いつものように、「ただしイケメンに限る。」ってことは、プロレス観戦歴ウン十年のプロレス男子には分かりきったことです。

イケメンプロレスラーならまだしも、ブサメンプロレス男子が逆ナンなんてされるはずがありません。

分かってるさ…

そんなこと、分かってるさ……

……

………

ドラゴンゲート後楽園

はいっ!12月2日(木)後楽園ホール、ドラゴンゲートの会場です。

プロレス男子だって逆ナンされるの?

ドラゴンゲートというと女性ファンが多いことで有名なプロレス団体です。

会場の女性比率は80%とも90%とも言われ、男性ファンのほうが少ないことも珍しくない。

これは期待できます。

早速会場に入ってみます。

会場に入ってみると確かに女性ファンが多いことに気づきます。まだ試合開始前ですのでハッキリとは分かりませんが、おおよそ50%くらいが女性ファンでしょうか。

80%というのは言い過ぎましたが、それでも半分ほどが女性ファンというのは圧巻です。私がよく観に行くアイスリボンでは、だいたい120%くらいが男性ファンですからね。同じ後楽園ホールでも、全く違う場所のように見えてしまいます。

とまぁ、あまりボーっと突っ立っていても仕方ないので、席を探します。

言うまでもありませんが、プロレス会場の逆ナンで重要なのは座席の位置。特に両サイドにどのような女性が座るのかによってその後の運命が大きく変わっています。

できることなら、左隣に瑠川リナちゃん、右隣にきみと歩実ちゃんみたいな可愛い子が座ってて、ドキドキしながらプロレス観戦なんて状況になってほしいと願う僕を誰が止められようものか。

高鳴る胸の鼓動を抑えながら席を探します。

うん、とりあえず右隣は「プロレス男子」だったよね。

まぁコレは仕方ないでしょう。先ほど申し上げたとおり会場の女性比率は50%。つまり半分は男性ファンなのです。だから両隣の一方が男性ファンなのは確率的に考えても何らおかしいことはありません。

それにもしかしたら、彼だって僕のように逆ナン目的の同士かもしれません。

心の中で「一緒にがんばろう!」と声をかけて席に座ります。

期待するは空席の左隣です。まだ見ぬ姫君に思いを馳せながら待つことにします。

逆ナンってどうやってするの?

さて、ここで重大な事実に気づきます。

逆ナンって、どうやるんだろう??

通常のナンパであれば、可愛い子を見つけて前歯を輝かせながら声をかければ良いのでしょうが、なにぶん逆ナンとなると何をしていいのか全く分かりません。

とういうか、ナンパだってやり方分からない。

分からないものを考えていても仕方がないので、ここは聴いてみるのが一番でしょう。

幸いここは女性ファンの多い「ドラゴンゲート」の会場。逆ナンされ慣れてそうな女性ファンに質問してみましょう。

……

うん、逆ナンされ慣れてそうな女性ファンがいませんでした。

すでに後楽園ホールはぼちぼち埋まりだし、約400人ほどの女性ファンがいるはずなのに、逆ナンされ慣れてそうな女性ファンがいないってどういうことでしょう?

どうなってんだ?ドラゴンゲート!

逆ナンされるコツ

慌ててスマホで逆ナンのされ方について調べてみると、次のように書いてありました。

  1. 1人で暇そうにしている男性
  2. 若くてかわいらしい男性
  3. にこやかな雰囲気を醸し出している男性
  4. 街中で、1人でぼーっとしている男性

とりあえず、2の「若くてかわいらしい男性」は無理として、1と4の条件は満たしていると思います。街中ではないがまぁ同じようなもんでしょう。

問題は3の「にこやかな雰囲気を醸し出している男性」はちょっと難しいかもしれませんが、ここまできて挑戦しないわけには行きません。

ドラゴンゲート後楽園

リング上では、第0試合が始まっていましたが、いったん席を離れて、トイレの鏡の前で練習することにします。

3つ並んだトレイの鏡の一番端っこで笑顔の練習します。周りの視線が痛いですが、いつもより男子トイレが若干空いているのだけが救いでした。

5分ほど笑顔の練習をして席に戻ります。

まだ、左隣の愛しの姫君は到着していないようです。

いつ到着してもいいように、僕は笑顔をキープしたまま待ち続けます。

心持ち上げた口角が引きつります…逆ナンも楽ではないですね。

というか、第一試合始まっちゃったよ。

逆ナン開始のゴングが鳴る

第一試合終了後、ついにその時はやってきました。

左隣に女性がやってきました。

流行る気持ちを抑えながら、さりげなく姫君のほうを見てみます。

……

うん、可愛いいよ。

これには思わず心の中でガッツポーズ!

読者さんは、ここで「H.A.Gee.Mee!!」みたいな女性が来て、ガクーンとなる展開を期待してたかもしれませんが、プロレスの神様は僕を見捨てていませんでした。

いや、ホント可愛い!プロレスファンやってて良かった!

リング上と同じように、僕のしゃちほこBOYも躍動しそうです。

さて、いよいよ逆ナン開始です。

いよいよ逆ナンもメインイベントに突入

第四試合…第五試合が終了しました。

おかしい、いつまで経っても逆ナンされる予感がまったくしてきません。にこやかな雰囲気を醸し足し続けているのに…

ドラゴンゲート後楽園

途中、CIMA選手とKOTOKA選手がけっこう近くまで来て、激しい場外乱闘を繰り広げていましたが、それでも笑顔をキープです。

頑張ってる僕を、プロレスの神様は見てるかな?

そして、ついに今日のメインイベント、オープン・ザ・ドリームゲート選手権が始まりました。

このままだと、何も起こらずタイトルマッチが終わってしまいそうです。

むむむ、このままだと結局ただドラゴンゲート観に行っておもしろかっただけの一日で終わってしまいます。

それだけは避けなくては…。いや、それだけでも良いけど…。

でも、安心してください。僕には奥の手があるのです。

それは、「鷹木信吾選手に声援を送る」です。

見たところ、姫君はYAMATO選手のファンのよう。それであれば、ボクが同じユニットの鷹木選手を応援することで二人の距離はグッと近づくはずです。

疾(と)きこと風の如くです。

鷹木選手の掟破りのマーライオン式汚水攻撃に合わせて声援を送ります。

「しんごー」

うん、いい感じです。きっと姫君は僕のことを意識しているに違いありません。

途中、鷹木選手とGamma選手の激しい場外戦に巻き込まれそうになるアクシデントが発生!

ドラゴンゲート後楽園

なぁに、少しくらいアクシデントがあったほうが、恋は燃え上がるってもんですよ…ってアレ!両者リングアウトで試合が終わっちゃった。

あ然とする僕を尻目に、八木本部長が試合を続行させます。

いいぞ!ベーカリー!

最後の力を振り絞って、鷹木選手に声援を送ります。もはや鷹木選手に声援が届いているかは関係ありません。彼女の心に僕の声援は届いているのでしょうか…

うん、僕の声援が届くわけなんてありませんよね。

そのまま何の進展もなく試合終了。

リング上と同じく、僕の逆ナンも無効試合です。

プロレスを邪な気持ちを抱きながら観てしまったせいでしょうか、なんだか、心が痛い…

頑張ったGamma選手の姿が、なんだかまともに見れないよ…

試合終了後のインタビュー

CIMA選手が次期挑戦者に名乗りを上げるのを横目で見ながら、僕は後楽園ホールを後にすることにしました。

結果から言うと、プロレス会場でプロレス男子がプロレス女子から逆ナンされる可能性は限りなくゼロに近いといわざるを得ません。

だって、実際にされなかったんだもん。

これを見てる方の中には、「そんなの今回だけかもしれないよ。次ぎやってみなきゃ分からないでしょ」と、優しい言葉を懸けてくれる人もいるかもしれません。

でも、見てください。

ドラゴンゲート後楽園

2015年10月8日ドラゴンゲート後楽園ホール大会

ドラゴンゲート後楽園
2015年9月9日ドラゴンゲート後楽園ホール大会

何も僕が逆ナンを狙って後楽園ホールに行ったのは今回が初めてではありません。

クリスマスを控えて、事前に先手を打って否にもかかわらずこの結果。大惨敗です。

この結果を持って結論とします。

プロレス会場でプロレス男子がプロレス女子から逆ナンされることは、決してありません。

次のドラゴンゲートは12月16日(水)かー、クリスマスまでギリギリ間に合うかな…

2015/12/16(水)ドラゴンゲート後楽園ホール

そうだ!次はスーツを着ていこう。。。

オーダースーツsada

icon

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 観戦記

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド