週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

全日本プロレスを退団した潮崎豪の今後を予想する

      2015/10/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【9月30日、大幅追記】

全日本プロレスのエース・潮崎が退団!

全日本プロレスのエース・潮崎豪が退団!

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

潮﨑豪選手の契約について/全日本プロレスオフィシャルサイト

前三冠王者・潮崎豪選手が全日本プロレスを退団です。

既に発表されている10月4日の全日本プロレス羽村大会までは出場するも、今後の予定は全くの未定。おそらく既に水面下では動いており、近日中に動向が発表されることでしょう。

しかし、ここで想像力を発揮しあれやこれやと予想するのが生粋のプロレスファン。

今回は、潮崎選手の今後を予想しました。

沈没寸前の方舟ノアで救世主となる

まずは、誰もが期待する、古巣「プロレスリング・ノア」への復帰。

現在、ノアは鈴木みのる選手率いる鈴木軍の侵略を受け沈没寸前。

丸藤正道選手が沈み、マイバッハ谷口選手も高山よしひろ選手も沈み、最後の砦、杉浦貴選手も鈴木みのる選手の前に轟沈。

次期シリーズでは、ついにノアの解散を懸けてグローバルリーグ戦を闘うこととなりました。

後のないノアにとって、これ以上に心強い援軍はありません。

どのタイミングで登場するのか?

それでは、いつ登場する?

それはもう、グローバルリーグでいきなり登場しちゃえばいいんですよ。

既にグローバルリーグ戦の出場メンバーは決まってる?

そんなの開幕戦で行われる全選手参加の入場しに乱入しちゃえばいいんですよ。

華やかに行われる入場式の途中、突如現れた潮崎選手が、出場選手の一人を血祭りにあげ出場枠を強奪する。

「キン肉マン」の夢の超人タッグ編で、阿修羅マンとサンシャインのはぐれ悪魔コンビが、ビッグ・ボンバーズ相手に使ったパターンです。

優勝以外はありえない!

もちろん、強引に出場した以上、優勝は絶対条件です。

全勝優勝を決めて、GHCヘビー級のベルトを一発奪取。

そうなると年末の大田区体育館大会はリターンマッチが濃厚でしょう。もちろん返り討ちにして久しぶりのハッピーエンドです。

ついに、潮崎選手がノアのトップに君臨する日が現実に!

プロレスリング・ノアに帰ってきた潮崎豪の目的

しかし、本当の意味でのハッピーエンドではありません。

潮崎選手が必ずしも現ノア勢の味方だとは限らないからです。

グローバルリーグ戦に優勝し、GHCヘビー級のベルトを巻いた後、その真意が明らかにされます。

「沈みきったノアと、バカなノアのファンども!」

潮崎選手がノアのリングに戻ってきたのは、何も現在のノア勢に加勢するためではありません。

潮崎選手がノアを留守にしていた2年半の間に、沈みきった現在のノア勢から、本当のプロレスリング・ノアを救うため。

まずは、ノアのリングを席巻している外敵・鈴木軍を一掃するために、協力すると見せかけただけです。

GHCヘビー級のベルトを獲った以上、発言権は潮崎選手にあります。

これからのノアを、どのようにしようと潮崎選手の自由。

潮崎選手の、プロレスリング・ノアを守る闘いが始まります。

このタイミングで、宮原健斗選手やKENSO選手が出てきて潮崎選手に付いてくれたら最高ですね。

もちろん、鈴木みのる選手だって黙っていないでしょう。

2016年は、潮崎豪選手率いる新ノア勢、丸藤正道選手率いる現ノア勢、鈴木みのる選手率いる鈴木軍の三軍抗争の開始です。

メジャーのリングではできない闘い

物語的にはこれが一番おもしろい。

後がない男たちによる居場所を懸けた闘い。

間違いなくそこにはリアルが存在しています。

勢いに乗る新日本プロレスでは紡げない物語。

プロレスの持つ、陽の部分を見せるのが新日本プロレスならば、陰の部分を見せるのがプロレスリング・ノア。

熱い闘い、支持しますよ。

プロレス界メジャー完全制覇を成し遂げる

次に考えられるのが、今、最も勢いのある新日本プロレスへの参戦。

過去、潮崎選手は棚橋選手とのイケメン対決、真壁選手とのIWGPヘビー級戦。そしてG1クライマックスにも出場し、中邑真輔選手と引き分けています。

その後のアフターG1では中邑選手から勝利を奪うも、1.4東京ドームで敗北。

しかし、これらの結果は既に5年も前のこと。今の新日本プロレスとはあまりに状況が違いすぎます。

年齢的には、内藤哲也選手や飯伏幸太選手と同世代。

同世代と組んでもいいし、棚橋選手ら上の世代とぶつかるのも良し。

オカダ・カズチカ選手との闘いも見逃せません。

どのタイミングで登場するのか?

それではいつ登場する?

それはもう、IWGPヘビー級選手権試合の後でいきなり登場しちゃえばいいんですよ。

10/12(月・祝)東京・両国国技館では、オカダ選手とAJスタイルズ選手のIWGPヘビー級タイトルマッチが組まれています。

試合後、颯爽とリングに姿を現す。

早ければ11月の大阪府立体育館で試合が組まれるかもしれません。

出来すぎた話かもしれませんが、潮崎選手ならそれも可能。

内藤哲也の予告するパレハの可能性は?

現時点では、内藤哲也選手が両国で、新パートナーの投入を予告しています。

そろそろ俺からパレハ(仲間)を用意しようかなと。
(中略)
両国に、俺のパレハを連れて行くから、楽しみに待っててよ。そのパレハが誰か? 誰か? 名前言って下さいって? 誰かって? トランキーロ、焦んなよ

前々から、内藤選手はメキシコからロス・インゴベルナブレスのメンバーを呼ぶ、もしくはメキシコの言葉を話すことができるパートナーを希望しています。

そうなると、ラ・ソンブラ選手やルーシュ選手、もしくは新日本プロレスからメキシコに長期遠征している高橋広夢選手あたりが内藤選手の新しいパートナーと予想されますが、どれもインパクトが弱すぎます。

メキシコで有名だったり、活躍中だったりするかもしれませんが、知らないですもん。。。私。

突然リングに出てきて、新日本プロレスの主要選手をなぎ倒し、深めに被ったフードを脱いだら…誰アレ?

というような微妙な空気じゃ乱入する意味がありません。

素直に「こんばんは」って出てきたほうがマシですよ。

潮崎豪はメキシコの言葉を理解できるの?

その点、潮崎選手なら何も問題はありません。

両国国技館に集まったプロレスファンの大多数が分かります。

内藤選手が呼び込んで、深めに被ったフードを脱いだら潮崎選手、盛り上がりますよ。

潮崎選手からはメキシコの空気を感じない?

問題ありません。

だいたい、内藤選手からメキシコの空気を感じるかって言われればそれすらも怪しいです。

それに、かつてはメチャクチャ日本人顔だったにもかかわらず、強引にイタリアンコネクションな風を巻き起こしていた選手もいました。

そう、たまに解説席に座っている人のことですよ。

端正な顔立ちの潮崎選手ならば、ソンブレロを被ってマラカスでも持っていればメキシコっぽく見えますよ。

IWGPへの挑戦は?

そうすると、内藤選手と潮崎選手はひとまずIWGPヘビー級タッグを狙う?

それでは、何も変わりません。

今の新日本プロレスでは、タッグのベルトを獲ったところでど真ん中に立てないのは明らか。

それならばね、内藤選手はIWGPヘビー級のベルト、潮崎選手はIWGPインターコンチネンタルのベルトと二つ同時に狙っちゃえばいいんですよ。

せっかく新日本プロレスにはシングルのベルトが複数あるんだから、タッグの二人がそれぞれシングルのベルト獲っちゃえばいいんですよ。

東京ドームでは、ロス・インゴベルナブレス日本支部の二人でIWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタルのベルト独占です。

新日本プロレスの景色をひっくり返す

もし、潮崎選手がトップ戦線に一気に絡んできたら、新日本プロレスの磁場が一気にひっくり返ります。

最近では、タイトルマッチに名前を連ねる選手が固定化されてきた新日本プロレスにおいて、新しい風を吹かせることは間違いありません。

2016年の新日本プロレスが、内藤選手と潮崎選手の二人を中心に紡がれる可能性、大いにありえます。

秋のプロレス界も目が離せない

大日本プロレスへやDDTへの参戦も噂はされていますが、現実的に考えると上記のどちらかが有力ではないでしょうか。

あっ、もちろん登場の仕方は私の勝手な妄想ですのでお気になさらずに。

新日本プロレスのG1クライマックスが終わり、プロレスリング・ノアの頂上決戦も終わり、全日本プロレスの王道トーナメントが終わったこのタイミングでの潮崎選手の退団劇。

現実的に考えるのも良いですが、なにが起こるか分からないのがプロレスの魅力。

おもいっきり、妄想力を働かせてみるのも良いですよ。

秋のプロレス界は、どのように動くのでしょうか?

こちらの記事おススメです

ノアファンも鈴木軍ファンもプロレスが大好きなんだ!

ノア解散の危機が現実的に!悪いけど無理に存続する必要性は感じない

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - ネットニュース , , ,

新日本プロレスワールド 新日本プロレスワールド