週刊!プロレスの感想書くブログ

世の中のどんなことでも無理やりプロレスにからめるブログです

鈴木みのるには闘いがある!メインイベンターでなければ意味がない

      2015/09/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木みのる/週刊プロレス1811号

プロレスにおいて何より重要なもの

リアルとフェイクが入り乱れる世界

改めて言う必要もありませんが、プロレスは必ずしもリアルが全てではありません。

リアルとフェイクが複雑に入り乱れる不可解な世界、それがプロレスです。

選手や団体ごとにリアルとフェイクの比率は様々で、時にはリアルさを前面に出した団体が現れることもあるし、時はフェイクを前面に出した団体が現れることもあります。

その比率は常に一定であることはなく、時には同じ選手・同じ団体でもリアルとフェイクの比率が微妙に変化することもよくある話です。

そんなプロレスというジャンルにおいても、絶対的なものがただ一つだけ存在します。

それが何かというと、「格」だと思います。

格の必要性

誤解を招く表現かもしれませんが、プロレスにおいて「格」は非常に重要で、「格」が上がればメインイベントで起用される機会が増えますし、勝利する可能性も高い。

メインイベントに登場し、勝つことで、テレビや雑誌などのメディアに露出される機会も増えていきます。

メディアに露出される機会が増えることで「格」がさらに上がり、またメインイベントに登場する機会も増えてきます。

それでは、「格」が上がらないとどうなるのでしょうか?

先ほどとは逆に、メインイベントで起用される機会が減っていき、その結果メディアで露出されることも少なくなります。

さらに、メインイベントで起用される機会が減っていくという負のスパイラルに陥ります。

格を落とし始めた2014年初頭

鈴木みのるはあきられたのか?

2014年に入って、このプロレスの「格」を落としたのが鈴木みのる選手でした。

鈴木みのる選手は、週刊プロレスのインタビューに登場し、2014年初頭を次のように振り返ります。

当時は新日本にいたじゃん。(肉体改造をしたのは)メインから外れたからだよ。

(2014年の)1月外れた、2月も外れた。アレ?と思ったときに、急に、このままいったら俺はいらなくなる…それが間違いなく1番。そして日を重ねていけばいくほど、メインを外れることが当たり前になる。

要は、俺が面白くないからあきられた。

週刊プロレス1811号「SPECIAL TALK 鈴木みのる×本誌編集長」

2011年初頭には東京ドーム・レッスルキングダム6でメインイベントを闘った鈴木みのる選手も、2013年ごろからメインイベント戦線を退くことが目立つようになりました。

徐々に、活躍の場は減っていき、2013年5月以降、IWGPヘビー級への挑戦はなし。2014年には、目に見えて休憩前の試合、いわゆる前半戦で闘うことが多くなりました。

下記に、2014年の鈴木みのる選手が出場した新日本プロレスの主要大会の結果をまとめたのでご確認ください。

新日本プロレス主要大会結果一覧

1/4東京ドーム

全10試合の休憩前の第5試合目でタッグマッチ
○矢野通&ムタvs鈴木みのる&シェルトン・X・ベンジャミン●

1/5後楽園ホール

全8試合の第2試合でシングルマッチ
○鈴木みのるvs田中翔●

2/9広島サンプラザホール

全10試合の第2試合でシングルマッチ
○鈴木みのるvsタマ・トンガ●

2/11大阪府立体育会館

全10試合の第3試合で6人タッグマッチ
○デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー&鈴木みのるvsカール・アンダーソン&ドク・ギャローズ&タマ・トンガ●

3/6東京・大田区総合体育館~旗揚げ記念日~

全8試合の第1試合でタッグマッチ
○鈴木みのる&タイチvs田中翔&小松洋平●

3/15後楽園ホール~NEW JAPAN CUP 2014 開幕戦~

全9試合の第2試合で公式戦シングルマッチ
○鈴木みのるvs矢野通

3/23兵庫・ベイコム総合体育館~NEW JAPAN CUP 2014 決勝戦~

全9試合の第5試合で公式戦シングルマッチ
○中邑真輔vs鈴木みのる●

5/3福岡・福岡国際センター~レスリングどんたく~

全10試合(第0試合含む)の第2試合でタッグマッチ
○矢野通&飯塚高史vsシェルトン・X・ベンジャミン&鈴木みのる●

5/25神奈川・横浜アリーナ

全10試合の第4試合でタッグマッチ
○鈴木みのる&シェルトン・X・ベンジャミンvs飯塚高史&矢野通●

6/8東京・国立代々木競技場 第二体育館~BEST OF THE SUPER Jr.XXI決勝~

全9試合の第6試合でタッグマッチ
○鈴木みのる&飯塚高史vs矢野通&邪道

6/21大阪府立体育会館

全9試合の第6試合でタッグマッチ
○鈴木みのる&飯塚高史vs桜庭和志&矢野通●

7/21~8/10でG1クライマックス24が開催

全12大会でセミファイナル出場0回、メインイベント出場1回

8/8神奈川・横浜文化体育館~G1クライマックス24~

全10試合で第10試合で公式戦シングルマッチ
○オカダ・カズチカvs鈴木みのる●

9/21兵庫・神戸ワールド記念ホール

全10試合の第4試合で6人タッグマッチ
○矢野通&桜庭和志vs鈴木みのる&飯塚高史●

9/23岡山・コンベックス岡山

全10試合の第3試合で6人タッグマッチ
○矢野通&桜庭和志&外道vs鈴木みのる&飯塚高史&TAKAみちのく

10/3東京・両国国技館

全10試合の第4試合でタッグマッチ
○矢野通&桜庭和志vs鈴木みのる&飯塚高史●

11/8大阪府立体育会館

全11試合(第0試合含む)の第2試合でタッグマッチ
○桜庭和志&矢野通vs飯塚高史&鈴木みのる●
※鈴木選手が桜庭選手からフォールを獲られる。試合後「これがおまえのUWFか!? 」と発言。

12/7愛知県体育館~WORLD TAG LEAGUE 2014~

全9試合の第6試合で6人タッグマッチ
○矢野通&桜庭和志&外道vs鈴木みのる&飯塚高史&TAKAみちのく●

12/20東京・後楽園ホール~2014年最終戦~

全7試合の第4試合で6人タッグマッチ
○タイチ&鈴木みのる&TAKAみちのくvs桜庭和志&YOSHI-HASHI&邪道●

2015/1/4東京ドーム~WRESTLE KINGDOM 9~

全11試合(第0試合含む)の第4試合でシングルマッチ
○鈴木みのるvs桜庭和志●

結果だけみると、2014年の鈴木選手は、矢野通選手、桜庭和志選手と抗争を繰り広げたことが分かります。

しかし、そのほとんどの試合が休憩前の前半戦ばかり。

やがて、鈴木選手は危機感を覚え、肉体改造に着手しました。

生きる場所を求めてノアへ

方舟の最終目標へ到達

肉体改造に成功した鈴木みのる選手は、新日本プロレスに見切りをつけ、鈴木軍を率いプロレスリング・ノアのリングに主戦場を移します。

その後の活躍は皆さまご存知の通りでしょう。

初挑戦で、ノアの最高峰GHCヘビー級王座を獲得、その後も防衛を続けました。

9/19(土)には、大阪府立体育館で、鈴木選手曰く「ノアでの最終目標」杉浦貴選手を挑戦者に迎え、GHCヘビー級選手権に臨みます。

9/19(土)プロレスリング・ノア(エディオンアリーナ大阪府立体育館)
icon

ノアでの最終決戦を前に、鈴木みのる選手は週刊プロレスのインタビューで、鈴木みのる選手の考えるプロレスラー像について4ページにわたり答えました。

そこには確固たる信念が貫かれており、プロレスリング・ノアから見たら、間違いなく侵略者ではありますが、客足の乏しかったノアにとって、救世主という側面も持ち合わせています。

鈴木軍がプロレスリング・ノアに参戦以降、ノアのリングに闘いが戻ってきたなど言われますが、鈴木みのる選手にとっては「どうでも良い」こと。

ただ、生きる場所を求めて、新日本プロレスのリングから、ノアのリングにやってきただけです。

今日も明日も風まかせ~

9月19日の後、最終目標に到達した鈴木みのる選手は、その後はどこへ向かうのでしょう。

  • ノアで新たな獲物を探し出す?
  • 新日本プロレスに戻り新たな獲物を探し出す?
  • また別の場所で新たな獲物を探し出す?

鈴木選手はノアのリングに上がった当初、ブログで次のように書いています。

この先なにが待っているのか?
この先どんなことが起きるのか?

それは…

ま、行ってみればわかるさ。

でもきっとこの先にある何かはさ

オレたちは自由だ。
いつ、どこで、だれと闘おうが…
全て自由だ。

あの船には…
鈴木みのるオフィシャルブログ・今日も明日も風まかせ~より

鈴木選手にとって、答えはいつでも「今日も明日も風まかせ~」なのです。

最後までお読み頂きありがとうございます!

もし宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有しておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事が楽しければ、クリックをお願いします

 - 週刊プロレス ,